海外移住・手続き 海外転職・移住

海外移住でマイナンバー失効!カード返納手続きとは【帰国時も解説】

2021/05/27

海外移住でマイナンバー失効!カード返納手続きとは【帰国時も解説】

 

お悩み相談
海外移住すると、マイナンバーはどうなるんだろう?
何か手続きも必要なのかな??

 

こんにちは、キベリンブログです。

海外移住のときに海外転出届を出すと、マイナンバーは失効となります。

今回は、「海外移住でのマイナンバーの取扱い」について、紹介します。

 

【本記事の内容】

 

海外転職して海外移住したとき、マイナンバーの失効を経験しました。

経験から、取扱いのポイントを語っていきます。

 

① 海外転出届を出す(住民票を抜く)と、マイナンバーは失効する【カード返納手続きあり】

① 海外転出届を出す(住民票を抜く)と、マイナンバーは失効する【カード返納手続きあり】

① 海外転出届を出す(住民票を抜く)と、マイナンバーは失効する【カード返納手続きあり】

 

「マイナンバー(個人番号)」は、住民票がある人に与えられる制度です。

海外移住するときに「海外転出届」を出すと、住民登録が抹消されるので、マイナンバーは失効します。

 

海外転出届を出したら、マイナンバーカード(通知カード)の返納手続きが必要

マイナンバーカードを持っている場合は、役所で返納手続きが必要です。

海外転出届の手続きのときに、マイナンバーカードも持っていきましょう。

 

カードに返納の内容を記載した上で、返してもらえます。

返納手続きをしたカードは、帰国して転入届の手続きのときに必要になるので、捨てずに取っておきましょう。

 

「マイナンバー通知カード(紙のカード)」は、2020年5月25日で廃止されています。

マイナンバーカードを持っていなくても、通知カードを持っていたら、返納しておきましょう。

ちなみに、私は通知カードの返納を忘れてしまいました。。(忘れても特に問題はなかったですが)

 

マイナンバーは一旦失効するが、「抹消」はされない

ちょっとややこしいのですが、海外転出している間は、マイナンバーは一旦失効します。

ですが、番号が「抹消」されるわけではありません。

 

なぜなら、マイナンバーは原則として「生涯で同じ番号を使用する」からですね。

他の人があなたの番号を使うこともなければ、自由に変更することもできません。

 

※海外転出届は、「海外に1年以上滞在する予定の場合」に提出が求められています。

詳細は「海外転出届は出さなくてもいい?メリットとデメリット」をご覧ください。

 

② 帰国して転入届を出すと、同じ番号でマイナンバーが有効になる【カードは再交付】

② 帰国して転入届を出すと、同じ番号でマイナンバーが有効になる【カードは再交付】

② 帰国して転入届を出すと、同じ番号でマイナンバーが有効になる【カードは再交付】

 

海外移住から帰国して「転入届」を出すと、住民登録されて住民票が作成されます。

このタイミングで、またマイナンバーが復活します。

 

転入後のマイナンバーは、海外転出前と同じ番号になる

海外から転入後に与えられるマイナンバーは、「転出前と同じ番号」が有効になります。

ただ、「2015年10月5日以前」から海外転出していた人はマイナンバーがないので、その場合は新たに番号が付番されます。

 

以前のマイナンバーカードは使えないので、交付申請が必要

マイナンバーの番号は同じですが、以前の「マイナンバーカード」は失効しているので使えません。

カードが必要なら、転入届の手続きと一緒に、マイナンバーカードの交付申請もしてしまいましょう。

 

※海外からの転入届の手続きは、「海外転職から帰国時の転入届手続きを解説」をご覧ください。

 

③ 海外転出でマイナンバーが失効すると、できなくなること【デメリット解説】

③ 海外転出でマイナンバーが失効すると、できなくなること【デメリット解説】

③ 海外転出でマイナンバーが失効すると、できなくなること【デメリット解説】

 

マイナンバーが失効すると、できなくなることを紹介しておきますね。

 

マイナンバー失効で、できなくなること

・銀行口座の開設

・証券口座の開設

 

日本で口座を開設するとき、マイナンバーの届出を求められます。

海外転出中はマイナンバーが失効しているので、以前の番号で届け出ても難しいでしょう。

 

なお、海外転出するときは、多くの銀行は口座を解約するよう規約を定めています。

証券口座も取引が制限されたりするので、注意しておいてくださいね。

 

※海外移住による銀行口座の取扱いは、「海外移住で銀行口座は解約手続きが必要?銀行別に解説【海外転職】」で紹介しています。

 

2021年12月末に、法令上の経過措置期間が終了

マイナンバーは、2016年から導入されています。

2021年12月末までの6年間は、「経過措置期間」という位置付けでした。

 

マイナンバーを届け出ていない場合、銀行はこの期間内にマイナンバーを届け出るよう求めています。

2022年1月以降は、法令上でマイナンバーの届出が必須になっています。

 

海外移住すると、クレジットカードの新規作成も難しくなる

マイナンバーとは直接的には関係ありませんが、海外移住するとクレジットカードの新規作成も難しくなります。

移住前に作成・解約するなど、整理しておくと安心ですね。

 

※海外移住でのクレカの取扱いは、「海外移住するとクレジットカードは解約?取扱いを解説」をご覧ください。

関連記事
海外移住するとクレジットカードは解約?取扱いを解説【海外転職】
海外移住するとクレジットカードは解約?取扱いを解説【海外転職】

  お悩み相談海外に移住すると、クレジットカードは解約しなきゃいけないのかな? クレカがないと不便だから、持っておきたいな。   こんにちは、キベリンブログです。 海外移住してクレ ...

続きを見る

 

④ まとめ:海外移住でのマイナンバーは、今後の動向に注意【変わる可能性あり】

④ まとめ:海外移住でのマイナンバーは、今後の動向に注意【変わる可能性あり】

④ まとめ:海外移住でのマイナンバーは、今後の動向に注意【変わる可能性あり】

 

本記事では、「海外移住でのマイナンバーの取扱い」を紹介しました。

ポイントをまとめます。

 

【海外移住とマイナンバーの取扱いのポイント】

・海外転出届を出すと、マイナンバーは失効する

・マイナンバーカード(通知カード)は、返納手続きが必要

・マイナンバーは一旦失効するが「抹消」はされず、帰国して転入すると同じ番号で有効になる

 

【マイナンバー失効により、できなくなること】

・銀行口座の開設

・証券口座の開設

 

マイナンバーおよびマイナンバーカードの活用は、政府のデジタル化の推進で広がっていく流れですよね。

今後は、以下のような拡大案が出てきています。

 

【マイナンバー制度の今後の拡大案】

・健康保険証としての運用

・カード機能(電子証明書)のスマートフォン搭載

・戸籍情報の連携開始

・運転免許証との一体化

・海外継続利用開始

(※デジタル庁のホームページ参照)

 

今のところ海外転出でマイナンバーは失効しますが、継続して利用できるようにする案もあるようです。

見通しは不安定ですが、海外移住者のマイナンバーの取扱いも変わってきそうですね。

 

今後のマイナンバーの動向に、注目しておきましょう!

 

 

関連記事
【必須条件あり】海外移住前に作るおすすめクレジットカード3選
【必須条件あり】海外移住前に作るおすすめクレジットカード3選

  お悩み相談海外移住前にはどんなクレジットカードを準備しておけばいいかな? ポイントとか注意点があれば知りたいな。   こんにちは、キベリンブログです。 海外移住するなら、便利な ...

続きを見る

関連記事
【海外移住】証券口座はそのまま使える?【ばれるので取扱い注意】
【海外移住】証券口座はそのまま使える?【ばれるので取扱い注意】

  お悩み相談海外移住する予定なんだけど、証券口座は解約しないとダメなのかな? できればそのままにして、取引もしたいんだけど...。   こんにちは、キベリンブログです。 海外転職 ...

続きを見る

 

-海外移住・手続き, 海外転職・移住
-,

© 2020 Kiberin Blog