※当サイトで紹介する商品・サービス等は、プロモーションが含まれています。

海外転職・移住 タイ移住

【タイ移住】ノービザ長期滞在は可能?ビザランと年間日数の限界

【タイ移住】ノービザ長期滞在は可能?ビザランと年間日数の限界

 

お悩み相談
タイは居心地いいから、もっと長く過ごしたいな。
ビザ取るのは大変だし、ビザなしで年間どのくらいまで滞在できるかな?

 

こんにちは、キベリンブログです。

タイは観光や移住にも魅力的な国なので、ゆっくり滞在したいですよね。

今回は、「タイのノービザで可能な年間滞在期間の限界」について、紹介します。

 

【本記事の内容】

① タイにノービザで長期滞在するための基本ステップ【入国+滞在延長+ビザラン】

② タイの年間滞在期間は、ノービザで何日が限界か【入国拒否リスクとビザ勧告】

③ まとめ:タイのビザなし年間滞在期間は、120日間(4ヶ月)までと考えておこう

 

ビザなし入国後の滞在延長手続きで、タイでの長期滞在を繰り返してきました。

実体験を踏まえて、入国拒否のリスクも語っていきます。

 

① タイにノービザで長期滞在するための基本ステップ【入国+滞在延長+ビザラン】

① タイにノービザで長期滞在するための基本ステップ【入国+滞在延長+ビザラン】

① タイにノービザで長期滞在するための基本ステップ【入国+滞在延長+ビザラン】

 

タイにデジタルノマド生活などで長期滞在したいとき、どのくらい滞在できるかは気になりますよね。

でもビザを取得するのは、ちょっと大変です。

 

そんな状況でパスポートのみのノービザで、タイに長期滞在する方法があります。

どのくらいの期間までなら可能なのか、具体的に見ていきましょう。

 

タイにノービザで長期滞在するための基本STEP

STEP1 : タイ入国で、30日滞在可能

STEP2 : タイ国内で、1回だけ30日の滞在延長が可能(合計で60日)

STEP3 : タイ出国+再入国で、滞在可能期間はリセットされ30日滞在可能(ビザラン)

 

タイにノービザで長期滞在を考える上で最初に押さえるべき内容は、上記の3つのステップです。

観光目的のビザなし入国では、「30日間(入国日も含む)」まで滞在できます。

 

30日以上滞在したい場合は、(1回の入国に対して)1回だけタイ国内で「30日間の滞在延長手続き」が行えます。

滞在可能期間は一度タイを出国するとリセットされ、再入国するとまた30日間の滞在が可能になります。

 

1回の入国+延長手続きで、60日間(2ヶ月)滞在可能

タイの滞在予定期間が60日以内であれば、途中でタイから出国する必要はありません。

STEP2のタイ国内で行う「滞在延長手続き」は、簡単に行えます。

 

準備に手間のかかる書類もなく、現地調達で済みます。

ただし「1,900バーツ(約8,000円)」の手数料がかかるので、その点は注意しておきましょう。

 

※滞在延長手続きの申請方法は、「【チェンマイ経験談】タイのビザなし滞在延長の申請方法【画像解説】」で紹介しています。

 

60日以上滞在したい場合、ビザランで120日間(4ヶ月)滞在可能

・ビザランとは、「タイ出国 → 再入国」して滞在可能期間をリセットする行為

・ビザランでまた30日滞在でき、さらに30日の滞在延長手続きも可能(初回の入国との合計で120日)

・ビザラン規制法により、陸路でのタイ入国は暦年で2回まで

 

ビザなしで60日以上滞在したい場合は、一度タイを出国して再入国する必要があります。

この行為は "ビザラン" と呼ばれ、ビザランにより滞在可能期間がリセットされ、また新たに30日間タイに滞在できます。

 

加えて、滞在延長手続きも可能になるため、ビザラン後の入国でも60日まで滞在可能です。

つまり計算上では、初回の入国分との合計で「60日+60日 = 120日(4ヶ月)」まで滞在できるということですね。

 

ただし、近年はビザランに対する取り締まりが厳しくなってきています。

次のパートで、ビザラン規制を考慮した上でのノービザでの年間滞在期間を考えていきます。

 

② タイの年間滞在期間は、ノービザで何日が限界か【入国拒否リスクとビザ勧告】

② タイの年間滞在期間は、ノービザで何日が限界か【入国拒否リスクとビザ勧告】

② タイの年間滞在期間は、ノービザで何日が限界か【入国拒否リスクとビザ勧告】

 

前のパートで、タイにノービザで長期滞在するときの基本ステップを紹介しました。

1回の入国では、滞在延長手続きも含めて最大でも60日まで滞在可能です。

 

その後ビザランを1回すれば、計算上は120日まで滞在できます。

ここで思うのが「2回ビザランして、180日まで滞在できないの?」ということですよね。

 

タイのビザラン規制法は「暦年で2回まで」なので範囲内ですが、年間滞在日数が増えると、規制法にかかわらず入国拒否される可能性が高まります。

ノービザでの年間滞在期間別で、どのくらいの期間から入国拒否されるのかを見ていきましょう。

 

【タイのノービザでの年間滞在期間の限界と、入国拒否のリスク】

❶ 年間60日以内 : 基本的に入国拒否はないが、片道航空券の場合は注意事項あり

❷ 年間120日以内 : 2回目の入国日が1回目の出国日に近い場合、入国拒否のリスクが高まる

❸ 年間120日を超える : 3回目の入国は拒否される可能性大

 

区切りの日数としては、「60日(1回の入国で30日+滞在延長手続きで30日)」がベースです。

順番に説明していきますね。

 

❶ 年間60日以内 : 基本的に入国拒否はないが、片道航空券の場合は注意事項あり

・入国拒否は基本的にないと考えてOK

・片道航空券でタイ入国する場合は、出国チケットを確認されるケースに注意

 

年間で「60日以内」の滞在期間であれば、基本的に入国拒否されるようなことはありません。

滞在延長手続きによる60日の連続滞在でなくても、1回ビザランして「30日+30日」の滞在もOKです。

 

ただし注意点が1つあり、それは "片道航空券でタイに入国する場合" です。

なぜなら、タイのビザなし入国には「出国用のチケットを持っていること」が条件になっているからですね。

 

必ずではありませんが、タイ入国時や出発時の航空会社のチェックインカウンターで、出国チケットの提示を要求されることがあります。

その場で対処できないと、入国拒否や飛行機に乗れないことも得るので、注意しておきましょう。

 

※片道航空券でのタイ入国には、対処法があります。

詳しくは「【タイ移住】片道航空券は入国拒否される?【3つの条件と対処法】」をご覧ください。

 

❷ 年間120日以内 : 2回目の入国日が1回目の出国日に近い場合、入国拒否のリスクが高まる

・2回目の入国でビザランと判断されると、次回の入国でビザ取得を勧告される可能性あり(次回ノービザだと入国拒否)

・入国拒否のリスクを下げるなら、「1回目の出国日」と「2回目の入国日」の期間をあける

・1回目の滞在期間を「60日フル」ではなく、やや少なめの日数にしておく方法もあり

 

年間滞在期間が「60日以上 ~ 120日以内」の範囲になると、気をつけないと入国拒否のリスクが高まってきます。

最も注意すべきタイミングは、「2回目の入国」ですね。

 

例えば「1回目の入国+滞在延長で60日滞在 → 陸路でラオスに出国して同日にタイへ戻り再入国」というルートでは、"ビザラン目的なのは明らか" です。

審査官の判断によるのでグレーゾーンですが、次回の入国でビザ取得を勧告されたり、下手をすればここで入国拒否の可能性も。

 

入国拒否のリスクを下げるなら、「2回目の入国まで期間をあける」「1回目の滞在期間を40日程度にしておく」「空路で入国する」という方法を選びましょう。

バンコク(スワンナプーム空港 / ドンムアン空港)での入国は厳しめの傾向があるので、チェンマイやハートヤイなど地方の国際空港がおすすめです。

 

 

❸ 年間120日を超える : 3回目の入国は拒否される可能性大

・ビザラン規制法の暦年2回であっても、120日を超えるとノービザは入国拒否の可能性が高い

・150日以内なら、観光ビザを取得すれば可能

・150日を超えるなら、EDビザ(学生ビザ)を取得すれば可能

 

「ビザラン2回で180日滞在できない?」と思うかもしれませんが、近年はノービザ長期滞在の取り締まりが厳しく、「入国拒否される可能性が高い」です。

一度でも拒否されると記録が残り、その後の入国が難しくなるため、ノービザでの年間滞在期間は "最大でも120日" と考えておく方が安心です。

 

「120日以上 ~ 150日以内」の滞在期間なら、「観光ビザ」を取れば可能です。

「観光ビザ60日 → 滞在延長30日 → ビザラン30日 → 滞在延長30日」の合計で、"150日までOK" という感じです。

 

150日を超える場合は、「EDビザ(学生ビザ)」を検討しましょう。

タイ語学校や英語学校のコースを受講することで、学校がEDビザを取得してくれます。

 

③ まとめ:タイのビザなし年間滞在期間は、120日間(4ヶ月)までと考えておこう

③ まとめ:タイのビザなし年間滞在期間は、120日間(4ヶ月)までと考えておこう

③ まとめ:タイのビザなし年間滞在期間は、120日間(4ヶ月)までと考えておこう

 

本記事では、「タイのノービザで可能な年間滞在期間の限界」を紹介しました。

ポイントをまとめます。

 

【タイにノービザで長期滞在するための基本STEP】

STEP1 : タイ入国で、30日滞在可能

STEP2 : タイ国内で、1回だけ30日の滞在延長が可能(合計で60日)

STEP3 : タイ出国+再入国で、滞在可能期間はリセットされ30日滞在可能(ビザラン)

 

【タイのノービザでの年間滞在期間の限界と、入国拒否のリスク】

❶ 年間60日以内 : 基本的に入国拒否はないが、片道航空券の場合は注意事項あり

❷ 年間120日以内 : 2回目の入国日が1回目の出国日に近い場合、入国拒否のリスクが高まる

❸ 年間120日を超える : 3回目の入国は拒否される可能性大

 

タイにビザなしでの長期滞在は、近年は厳しくなってきています。

ビザラン規制法は「陸路でのタイ入国は暦年で2回まで」とされていますが、空路であっても今は安心できません。

 

タイのノービザでの年間滞在期間は、"120日間(4ヶ月)が限界" と考えておきましょう。

120日以内であっても、「2回目の入国(ビザラン後の入国)」は要注意ポイントです。

 

ビザ取得を勧告されたり、一度でも入国拒否されると、その後のタイ入国は難しくなります。

もし120日を超える長期滞在を望むなら、観光ビザやEDビザの取得を考えてくださいね。

 

 

 

関連記事
【タイ移住】片道航空券は入国拒否される?【3つの条件と対処法】
【タイ移住】片道航空券は入国拒否される?【3つの条件と対処法】

  お悩み相談タイはパスポートさえあれば入国できるんだよね? 何か入国条件とかあったっけ??   こんにちは、キベリンブログです。 タイはビザなし(ノービザ)で行けますが、実は入国 ...

続きを見る

関連記事
【チェンマイ経験談】タイのビザなし滞在延長の申請方法【画像解説】
【チェンマイ経験談】タイのビザなし滞在延長の申請方法【画像解説】

  お悩み相談タイに行ったら、ビザなしでも滞在延長手続きできるんだ! もう少し長く滞在したいけど、現地での申請って大変なのかな?   こんにちは、キベリンブログです。 タイは居心地 ...

続きを見る

関連記事
【海外旅行】預け荷物なしでお得に!手荷物リュックだけのメリット
【海外旅行】預け荷物なしでお得に!手荷物リュックだけのメリット

  お悩み相談海外旅行は日数分の着替えとか必要だし、やっぱりスーツケースじゃないと難しいかな。 それとも、大きめのバックパックがいいかな?   こんにちは、キベリンブログです。 海 ...

続きを見る

 

-海外転職・移住, タイ移住
-, ,

© 2020 Kiberin Blog