※当サイトで紹介する商品・サービス等は、プロモーションが含まれています。

パスポート 海外転職・移住

【パスポート】新規発給のオンライン申請が可能に【2025年】

【パスポート】新規発給のオンライン申請が可能に【2025年】

 

お悩み相談
パスポート更新はオンライン申請できるけど、新規発行はまだできないよね。
新規発行もできるようになるの!?

 

こんにちは、キベリンブログです。

2025年(令和7年)3月24日から、パスポート新規発給でもオンライン申請が可能になります。

今回は、「パスポート新規発給のオンライン申請開始」について、紹介します。

 

【本記事の内容】

① パスポート新規発給のオンライン申請が、全都道府県で可能に【2025年3月24日から】

② パスポートのオンライン申請に必要なものと、手続きの流れ【スマホでOK】

③ まとめ:2025年3月、パスポート新規発給のオンライン申請開始

 

パスポートもようやくオンライン対応が進んできました。

手数料の変更や手続きの流れなど、わかりやすく紹介していきます。

 

① パスポート新規発給のオンライン申請が、全都道府県で可能に【2025年3月24日から】

① パスポート新規発給のオンライン申請が、全都道府県で可能に【2025年3月24日から】

① パスポート新規発給のオンライン申請が、全都道府県で可能に【2025年3月24日から】

 

これまでのパスポートの申請は、各都道府県にあるパスポートセンターなどに出向いての書面申請で行われてきました。

デジタル化の流れから改正旅券法が成立し、オンライン申請が少しずつ可能になってきています。

 

まずはパスポートのオンライン申請の対応状況を確認しておきますね。

 

パスポートのオンライン申請の対応状況

・更新(切替申請) : すでに可能

・新規発給 : 一部の府県はすでに可能

 

パスポートの申請は、「更新(切替申請)」「新規発給」があります。

「更新(切替申請)」のオンライン申請は、2023年3月27日からすでに対応されています。

 

一方で「新規発給」については、一部の府県しかオンライン申請は対応していません。

なぜ更新と新規発給で違いがあるかというと、新規発給は "戸籍謄本" が必要だからですね。

 

戸籍謄本を郵送で受け付けることができる一部の府県だけが、新規発給でもオンライン申請が可能になっています。

マイナンバーカードとマイナポータルで申請できる仕組みです。

 

【新規発給でオンライン申請が可能な一部の府県(戸籍謄本の郵送 [簡易書留] での受け付けが可能)】

青森、宮城、茨城、埼玉、千葉、新潟、富山、大阪、京都、和歌山、鳥取、徳島、香川、高知、熊本、大分、沖縄

 

関連記事
パスポートがオンライン申請可能に【5つの対応】
パスポートがオンライン申請可能に【5つの対応】

  お悩み相談パスポートの申請って場所も遠いし、待ち時間も長くて面倒...。 ネットでできないのかな?   こんにちは、キベリンブログです。 パスポートの更新は、オンラインで手続き ...

続きを見る

 

2025年3月24日から、全都道府県で新規発給のオンライン申請が可能に

・更新(切替申請) : すでに可能

・新規発給 : 一部の府県はすでに可能

2025年3月24日以降、すべての都道府県で新規発給のオンライン申請が可能に

 

一部の府県でしかできなかったパスポート新規発給のオンライン申請が、2025年3月24日から全都道府県で可能になります。

パスポートは申請と受取で2回窓口に行かなければならず、場所が遠方だったりするとかなり不便でした。

 

オンラインで申請すれば、窓口へ行くのは受取の1回だけで済みます。

交通費の負担が減るのもメリットですね。

 

申請手数料(10年用パスポート)

・現状の書面申請 : 16,000円

・オンライン申請 : 15,900円(100円値下げ)

・今後の書面申請 : 16,300円(300円値上げ)

 

2025年3月24日からは、申請の手数料も変更されます。

オンライン申請は「100円値下げ」の一方で、窓口での書面申請は「300円値上げ」となります。

 

政府はオンラインでの申請をすすめたい思惑が見えますが、申請料は「受取時」に支払います。

以前は現金でしか払えませんでしたが、クレジットカード払いでの対応も進んでいます。

 

関連記事
【必須条件あり】海外向けに作るおすすめクレジットカード3選
【必須条件あり】海外向けに作るおすすめクレジットカード3選

  お悩み相談海外に行く前に、どんなクレジットカードを準備しておけばいいかな? 備えておく条件とか知りたいな。   こんにちは、キベリンブログです。 海外旅行や移住など、便利なクレ ...

続きを見る

 

オンライン申請対応に合わせて、新パスポート発給へ【セキュリティ対策】

・ICチップ内蔵の厚いプラスチック製のページと、顔写真ページを一体化(偽造防止)

・デザインや表紙の色などは変更なし

 

2025年3月24日からのオンライン申請対応にともない、新しいパスポートに変わります。

従来とは異なるセキュリティ対策が施された新パスポートということですね。

 

ICチップの入った厚いページと、顔写真ページが一体化されます。

最初のページが分厚くなるので、ちょっと開きにくくなるかもしれません。

 

② パスポートのオンライン申請に必要なものと、手続きの流れ【スマホでOK】

② パスポートのオンライン申請に必要なものと、手続きの流れ【スマホでOK】

② パスポートのオンライン申請に必要なものと、手続きの流れ【スマホでOK】

 

前のパートで、2025年3月24日から全都道府県でパスポート新規発給のオンライン申請が可能になることを紹介しました。

繰り返しですが、パスポート更新(切替申請)と一部の府県での新規発給については、すでにオンライン申請が可能です。

 

ここでオンライン申請における必要なものと、申請手続きの流れも紹介しておきますね。

 

パスポートのオンライン申請に必要なもの

・マイナンバーカード

・マイナポータルアプリ対応のスマートフォン(申請手続きはPCでも可能)

・マイナポータルアプリのインストール

・有効期間内のパスポート(※更新 [切替申請] の場合に必要)

・戸籍謄本(※新規発給の場合に必要で、郵送で受け付ける一部の府県のみ)

 

申請の手続きは、PC(パソコン)でも可能です。

ただしマイナンバーカードの読み取りはスマホで行うので、PCを使う場合でもスマホは必要になります。

 

読み取り時に「利用者証明書用電子証明書パスワード(数字4桁)」と「署名用電子証明書暗証番号(半角の6文字から16文字英数字が混在)」を使うので、事前に確認しておきましょう。

なお、更新(切替申請)の場合は、戸籍謄本は必要ありません。

 

パスポートのオンライン申請手続きの流れ

ステップ1 : マイナポータルアプリにログイン(パスポート受取窓口の選択)

ステップ2 : 画面の案内に従う(顔写真・署名の撮影と、申請者情報の入力)

ステップ3 : 申請データの提出(マイナンバーカードなどの読取)

ステップ4 : 交付予定日以降に窓口での受け取りと手数料の支払い(約1週間後)

 

オンライン申請手続きは、4つのステップで進んでいきます。

マイナポータル」から手続きしていく流れですね。

 

顔写真や署名(サイン)は、スマホによる自撮りでOKになっています。

証明写真が不要になるので、準備する手間もかかりません。

 

マイナンバーカードとパスポートの読取は、スマホで行います。

紙の申請書を使って窓口で申請するよりも、ラクに申請できるはずです。

 

③ まとめ:2025年3月、パスポート新規発給のオンライン申請開始

③ まとめ:2025年3月、パスポート新規発給のオンライン申請開始

③ まとめ:2025年3月、パスポート新規発給のオンライン申請開始

 

本記事では、「パスポート新規発給のオンライン申請開始」を紹介しました。

ポイントをまとめます。

 

【パスポートのオンライン申請の対応状況】

・更新(切替申請) : すでに可能

・新規発給 : 一部の府県はすでに可能

 2025年3月24日以降、すべての都道府県で新規発給のオンライン申請が可能に

 

【申請手数料(10年用パスポート)】

・現状の書面申請 : 16,000円

・オンライン申請 : 15,900円(100円値下げ)

・今後の書面申請 : 16,300円(300円値上げ)

 

【パスポートのオンライン申請手続きの流れ】

ステップ1 : マイナポータルアプリにログイン(パスポート受取窓口の選択)

ステップ2 : 画面の案内に従う(顔写真・署名の撮影と、申請者情報の入力)

ステップ3 : 申請データの提出(マイナンバーカードなどの読取)

ステップ4 : 交付予定日以降に窓口での受け取りと手数料の支払い(約1週間後)

 

パスポート申請もオンライン化が進められ、すでに更新はオンライン申請が可能になっています。

新規発給も戸籍謄本を郵送で受け付ける一部の府県に限っては、オンラインでも行えます。

 

2025年3月24日からは、新規発給が一部の府県だけでなく、すべての都道府県でオンライン申請できるようになります。

そのタイミングに合わせて申請手数料も変わり、セキュリティ対策が施された新パスポートに変更されます。

 

オンライン申請すれば、パスポートセンターの窓口へ行くのは受取の1回だけで済みます。

申請料も安くなるので、オンライン申請を活用してみてくださいね。

 

 

関連記事
【経験談】パスポート受取まで何日かかる?【当日の待ち時間も紹介】
【経験談】パスポート受取まで何日かかる?【当日の待ち時間も紹介】

  お悩み相談パスポートを申請しても、すぐ受け取れないんだね。 何日かかるのかな?   こんにちは、キベリンブログです。 パスポート受取までの日数は申請場所で変わりますが、早くても ...

続きを見る

関連記事
【海外旅行】飛行機に持ち込めないものリスト【持ち込み+預け荷物】
【海外旅行】飛行機に持ち込めないものリスト【持ち込み+預け荷物】

  お悩み相談飛行機に持ち込めないものって、どんなモノがあるの? モバイルバッテリーとか海外旅行に持っていけないのかな?   こんにちは、キベリンブログです。 海外へ行くときは空港 ...

続きを見る

関連記事
海外旅行保険はクレジットカード付帯保険を無料活用【裏ワザと条件】
海外旅行保険はクレジットカード付帯保険を無料活用【裏ワザと条件】

  お悩み相談海外に行くなら、海外旅行保険に入っておいた方がいいのかな。 あ、クレジットカードの付帯保険が使えるんだっけ?   こんにちは、キベリンブログです。 クレジットカードに ...

続きを見る

 

-パスポート, 海外転職・移住

© 2020 Kiberin Blog