失業保険 求職活動実績

セミナーも求職活動実績に!【ハローワークvs転職エージェント】

2021/10/20

セミナーも求職活動実績に!【ハローワークvs転職エージェント】

 

お悩み相談
就職支援セミナーの受講も求職活動実績になるんだ!
受け方とか注意点を知っておきたいな。

 

こんにちは、キベリンブログです。

失業保険は求職活動実績が必要ですが、セミナー受講も活用できます。

今回は、「求職活動実績になるハローワークと転職エージェントのセミナーの受け方」について、紹介します。

 

【本記事の内容】

 

失業保険は3回受給してきました。

経験から、セミナーの注意点とうまく求職活動実績を作る方法も紹介していきますね。

 

① 求職活動実績になるセミナーとは【ハローワークと転職エージェント】

① 求職活動実績になるセミナーとは【ハローワークと転職エージェント】

① 求職活動実績になるセミナーとは【ハローワークと転職エージェント】

 

ハローワークや民間のエージェントが主催するセミナーは、求職活動実績として認められています。

まずは、簡単にポイントを紹介していきますね。

 

おもなセミナーの種類(無料)

・ハローワークのセミナー:応募書類の書き方やビジネスマナーなど(座学形式のみ)

・転職エージェントのセミナー:効率的な活動の進め方やキャリアデザインなど(オンラインが多い)

 

セミナーは、「ハローワーク」「転職エージェント」が数多く主催しています。

ともに「無料」で参加できますが、転職エージェントのセミナー参加は登録が必要です。

 

それぞれの特徴として、ハローワークは「座学形式(オンライン非対応)」で行っています。

一方で転職エージェントは「オンライン形式」にも対応しており、選択の幅が広いですね。

 

ハローワークよりも、転職エージェントのセミナーの方が申し込みやすい

ハローワークと転職エージェントのセミナーを比べると、「転職エージェントのセミナーの方が申し込みやすい」です。

なぜなら、以下の理由があるからですね。

 

【転職エージェントのセミナーの方が受けやすい理由】

・オンラインでの申込や受講に対応している

・定員や申し込みの期限に余裕がある

 

ハローワークは「座学形式」だけなので、定員がかなり限られているんですよね。

受講日まで余裕がないときは、転職エージェントのセミナーを選んだ方が受けられる確率は高いです。

 

求職活動実績になるタイミングは、セミナー受講日

セミナーは求職活動実績になりますが、実績になるタイミングは「セミナー受講日」です。

つまり、「認定日の前日まで」にセミナーを受講する必要があるということですね。

 

「申し込みの時点では実績にならない」ので、注意しておきましょう。

次のパートから、それぞれのセミナーの受け方を見ていきます。

 

② ハローワークのセミナーの受け方【座学形式(オンライン非対応)】

② ハローワークのセミナーの受け方【座学形式(オンライン非対応)】

② ハローワークのセミナーの受け方【座学形式(オンライン非対応)】

 

まずは、「ハローワークのセミナー」の受け方を説明していきます。

申し込みの手順は以下のとおりです。

 

【ハローワークのセミナーを受ける手順】

❶ セミナー日程と情報を確認する(HP or リーフレット)

❷ セミナーに申し込む(窓口 or 電話)

❸ セミナーを受講する(座学形式)

 

❶ セミナー日程と情報を確認する(HP or リーフレット)

ハローワークのセミナー日程表(一例)

ハローワークのセミナー日程表(一例)

ハローワークのセミナー情報(一例)

ハローワークのセミナー情報(一例)

 

上の画像(ハローワークのHPから引用)は一例で、東京エリアの「新宿わかものハローワーク」で開催するセミナー日程表と情報です。

セミナー情報は「各地のハローワークのHP」「ハローワークに置いてあるリーフレット」で確認できます。

 

あなたの地域のハローワークのHPやリーフレットをチェックして、セミナー情報を調べてみましょう。

申し込みの受付開始日なども、合わせて見ておくといいですね。

 

❷ セミナーに申し込む(窓口 or 電話)

受けたいセミナーがあったら、ハローワークの「窓口」または「電話」で申し込みを行います。

ハローワークは「オンラインでは対応していない」ので、ちょっと面倒ですね。

 

申し込みの期間や定員には締切があるので、注意しておきましょう。

 

【新宿わかものハローワークでのセミナー申込期間と定員の例】

・申込期間 : 2~3週間前から前日まで

・定員 : 座学形式で9名(新型コロナウイルス感染防止のため、収容5割以下)

 

上記は「新宿わかものハローワーク」の例ですが、セミナー開催日の2~3週間前から受付を開始します。

定員になると締め切られてしまうので、早めに申し込みましょう。

 

❸ セミナーを受講する(座学形式)

セミナー開催日になったら、開催場所でセミナーを受講します。

新宿わかものハローワーク」の例だと、時間は「2時間ほど」が多いですが、もう少し短めのセミナーもありますね。

 

受講すると、「雇用保険受給資格者証」にハンコを押してもらえます。

これで1回分の求職活動実績になります。

 

③ 転職エージェントのセミナーの受け方【オンライン対応OK】

③ 転職エージェントのセミナーの受け方【オンライン対応OK】

③ 転職エージェントのセミナーの受け方【オンライン対応OK】

 

続いて、「転職エージェントのセミナー」の受け方を見ていきましょう。

実例で見た方がわかりやすいので、大手の「リクルートエージェント」での受け方を解説していきますね。

 

私も転職活動するときは毎回登録していましたが、サポートやマイページなども充実しています。

登録者だけが見れる「非公開求人」も質が高く、失敗しない就職をするなら、転職エージェントをメインに活動を進めましょう。

 

【リクルートエージェントのセミナーを受ける手順】

リクルートエージェントに登録する(オンライン)

❷ セミナー日程と情報を確認する(HP or マイページ)

❸ セミナーに申し込む(オンライン or 担当アドバイザー)

❹ セミナーを受講する(オンライン or 座学)

 

❶ リクルートエージェントに登録する(オンライン)

セミナー受講には転職支援サービスへの登録が必要なので、「リクルートエージェント」に登録します。

セミナー申込と同時に登録もできるのですが、登録前だとホームページのセミナー情報は一部しか公開されていません。

 

なので先に登録してから、セミナー情報を確認しましょう。

登録すると、数日以内にメールなどで「登録面談」についての連絡が来ます。

 

面談の方法は、「対面」or「電話」を選べます。

簡単かつ早めに受けたいときは、「電話面談」がおすすめですね。

 

この「電話面談」も、1回の求職活動実績になります。

認定日までにセミナーを1つ受ければ、失業保険の受給に必要な2回分の実績を満たせますよ。

 

※登録から面談までの流れやエージェント活用方法は、「転職エージェントの利用の流れとリスク回避方法を解説【実体験】」で解説しています。

 

❷ セミナー日程と情報を確認する(HP or マイページ)

リクルートエージェントのセミナー(一例)

リクルートエージェントのセミナー(一例)

 

上の画像は、リクルートエージェントのセミナー情報の一例です。

それぞれのセミナーを選択すると、詳細を確認できます。

 

「ホームページ」や「登録後に使えるマイページ」から、セミナー情報を確認しましょう。

オンライン形式なら、場所に縛られることなく受講できます。

 

❸ セミナーに申し込む(オンライン or 担当アドバイザー)

受けたいセミナーが見つかったら、「オンライン」または「担当アドバイザー(登録後に担当が決まる)」に連絡して、申し込みを行います。

申し込みの終了は、受講日の「2日前まで」とされていることが多いですね。

 

申し込み後にメールや電話で受付確認の連絡が来るので、対応しましょう。

 

❹ セミナーを受講する(オンライン or 座学)

セミナーの開催日が来たら、セミナーを受講します。

オンライン形式なら、自宅で受講できるのでラクですね。

 

セミナーの長さは「1時間30分ほど」が多いです。

これで1回分の求職活動実績になります。

 

※失業認定申告書への書き方は、「失業認定申告書の書き方を求職活動実績の記入例で解説【失業保険】」をご覧ください。

 

④ セミナー受講の注意点と、申し込めなかった場合の方法【効率的な実績の作り方】

④ セミナー受講の注意点と、申し込めなかった場合の方法【効率的な実績の作り方】

④ セミナー受講の注意点と、申し込めなかった場合の方法【効率的な実績の作り方】

 

前のパートまでで、ハローワークと転職エージェントのセミナーの概要と受け方を説明してきました。

ここで、「セミナー受講の注意点」「申し込めなかった時の代替案」を紹介しておきますね。

 

セミナー受講の注意点

・申し込み期間や定員に締切があるため、受講日まで余裕と計画性が必要

・「座学形式(オンライン非対応)」の場合、開催場所へ行く「交通費」と「時間」がかかる

・セミナーは「2時間ほど」のものが多いので、求職活動実績が目的だとやや大変

 

注意点を簡単にまとめると、上記のとおりです。

事前の準備が必要なので、「思いつき」だと申し込みが難しくなりますね。

 

オンラインで受講できないセミナーは、少額だったとしても交通費がかかったりします。

こういった点から、セミナー受講は以下の人に向いています。

 

【セミナー受講が向いている人】

・求職活動実績の目的だけでなく、セミナーで知識を身に付けたい

・時間や労力が必要でも、経験として受講しておきたい

 

要するに、「セミナーそのもの」に興味がある人に向いています。

もし求職活動実績だけが目的なら、次の効率的な作り方がおすすめですね。

 

セミナーに申し込めなかった場合の、効率的な求職活動実績の作り方

セミナーの申し込みが難しかった場合や、受講が認定日に間に合わないときは、効率的に実績を作れる方法を選びましょう。

リクナビNEXT(転職サイト)から求人に応募する方法」だと、簡単に求職活動実績が作れます。

 

リクナビNEXT での求人応募が効率的な理由】

・登録が簡単で、データを複数の求人に使い回せるので効率的

・他の転職サイトよりも認知度が高く、全国に求人があり選びやすい

・時間と場所を選ばず、休日でも自宅で実績作りが可能

・2社に応募すれば、1日でも2回分の求職活動実績になる

 

効率的な理由は上記のとおりで、セミナーと比べて時間や労力はかからないですよね。

応募した後の結果は実績には関係なく、「1社ごとに応募時点で1回」の実績としてカウントされます。

 

あなたから面接を辞退しても実績は取り消されたりしないので、安心してくださいね。

 

※具体的な詳しい手順は、「【失業保険】求職活動実績を1日で2回作るには?当日の作り方を解説」をご覧ください。

 

⑤ まとめ:セミナーは求職活動実績になるけど、実績だけが目的なら要注意

⑤ まとめ:セミナーは求職活動実績になるけど、実績だけが目的なら要注意

⑤ まとめ:セミナーは求職活動実績になるけど、実績だけが目的なら要注意

 

本記事では、「求職活動実績になるハローワークと転職エージェントのセミナーの受け方」を紹介しました。

ポイントをまとめます。

 

【求職活動実績になるセミナーの概要】

・おもに「ハローワーク」と「転職エージェント」で、数多くのセミナーを主催している

・求職活動実績になるタイミングは、セミナーの受講日

・ハローワーク:座学形式、転職エージェント:オンライン形式が多く、転職エージェントの方が申し込みやすい

 

【セミナー受講の注意点】

・申し込み期間や定員の締切があるため、受講日まで余裕と計画性が必要

・「座学形式(オンライン非対応)」の場合、開催場所へ行く「交通費」と「時間」がかかる

・セミナーは「2時間ほど」のものが多く、求職活動実績だけが目的だとすこし大変

 

【セミナーに申し込めなかった場合の、効率的な求職活動実績の作り方】

・「リクナビNEXT(転職サイト)から求人に応募する方法」だと、簡単に実績が作れる

・時間と場所を選ばず、休日でも自宅で実績作りが可能

・2社に応募すれば、1日で2回分の求職活動実績になる

 

繰り返しですが、ハローワークや転職エージェントが主催するセミナーも、求職活動実績になります。

セミナーを受けてみたいと考えている人にとっては、失業保険の受給にもうまく活用できます。

 

セミナー受講のおもな注意点は、「申し込みは計画性が必要」「実績が目的だと時間と労力がかかる」ということですね。

申し込みが難しいときは、リクナビNEXT からの求人応募」だと効率的に実績が作れます。

 

あなたの状況に合わせて、ハローワークと転職エージェントのセミナーを活用してみてくださいね。

 

 

関連記事
【失業保険】求職活動実績を1日で2回作るには?当日の作り方を解説
【失業保険】求職活動実績を1日で2回作るには?当日の作り方を解説

  お悩み相談明日が失業認定日だったこと忘れてた! 求職活動実績が2回ないと失業保険がもらえないよ...どうしよう!?   こんにちは、キベリンブログです。 認定日が近いのを忘れて ...

続きを見る

関連記事
失業認定申告書の書き方を求職活動実績の記入例で解説【失業保険】
失業認定申告書の書き方を求職活動実績の記入例で解説【失業保険】

  お悩み相談失業認定申告書の書き方を、求職活動実績の方法別に教えて欲しいです。   こんにちは、キベリンブログです。 失業保険をもらうには、4週間ごとの認定日にハローワークで「失 ...

続きを見る

関連記事
転職エージェントの利用の流れ・リスク回避方法を解説【実体験】
転職エージェントの利用の流れとリスク回避方法を解説【実体験】

  お悩み相談知り合いが転職エージェントを使って転職したって聞いたけど、どんなサービスなんだろう? 利用方法や注意点を知りたいな。   こんにちは、キベリンブログです。 転職活動で ...

続きを見る

 

-失業保険, 求職活動実績
-

© 2020 Kiberin Blog