※当サイトで紹介する商品・サービス等は、プロモーションが含まれています。

旅の豆知識 海外転職・移住

空港で搭乗拒否?パスポートの残存有効期間【一覧と足りない場合】

空港で搭乗拒否?パスポートの残存有効期間【一覧と足りない場合】

 

お悩み相談
パスポートの有効期限の残り少ないけど、帰国までは期限内だから海外行けるよね?

 

こんにちは、キベリンブログです。

入国に求められるパスポートの残存期間には、ちょっと注意が必要です。

今回は、「パスポートの必要な残存有効期間の国別一覧と、足りない場合の扱い」について紹介します。

 

【本記事の内容】

① パスポートの必要な残存有効期間は、国によって違う条件がある【国別一覧】

② 海外旅行でパスポートの残存期間が足りない場合、どうなるのか【3段階のチェック】

③ まとめ:海外旅行では残存有効期間は漏れやすい。残り半年でパスポート更新しておくと安心

 

海外転職を経験し、旅行も含め100か国以上に渡航してきました。

気が付きにくい残存期間と、足りない場合の扱いも語っていきます。

 

① パスポートの必要な残存有効期間は、国によって違う条件がある【国別一覧】

① パスポートの必要な残存有効期間は、国によって違う条件がある【国別一覧】

① パスポートの必要な残存有効期間は、国によって違う条件がある【国別一覧】

 

パスポートには、「有効期間満了日(有効期限)」がありますよね。

5年or10年のパスポートを取得しますが、選んだ期間で期限が切れるということです。

 

「有効期間内なら使えるんでしょ?」と思うかもしれませんが、それとは別に「残存有効期間」に注意が必要です。

なぜ注意すべきなのか、残存有効期間について見ていきましょう。

 

残存有効期間は、有効期間満了日までの日数

パスポートの残存有効期間とは、現時点から有効期間満了日までの日数です。

この「残存有効期間」が一定期間以上あることを、入国に必要な条件として設定している国が多いです。

 

もし求められている期間が足りない場合は、入国できなくなります。

なので事前に注意しておく必要があるんですよね。

 

入国に必要な残存有効期間は、国によって違う【国別一覧】

地域 必要な残存有効期間
アジア 韓国 入国時3ヶ月以上
台湾 帰国時まで有効
香港 滞在日数+入国時1ヶ月以上
中国 入国時6ヶ月以上
タイ 入国時6ヶ月以上
ベトナム 入国時6ヶ月以上
マレーシア 入国時6ヶ月以上
シンガポール 入国時6ヶ月以上
インドネシア 入国時6ヶ月以上
ヨーロッパ フランス 滞在日数+シェンゲン協定国の出国時3ヶ月以上
イタリア 滞在日数+シェンゲン協定国の出国時3ヶ月以上
スイス 滞在日数+シェンゲン協定国の出国時3ヶ月以上
イギリス 帰国時まで有効
アイルランド 滞在日数+出国時6ヶ月以上
北中米 アメリカ 帰国時まで有効
メキシコ 帰国時まで有効
キューバ 入国時3ヶ月以上
南米 ペルー 入国時6ヶ月以上
ボリビア 入国時6ヶ月以上
アルゼンチン 入国時6ヶ月以上
中近東 トルコ 入国時150日以上
UAE 入国時6ヶ月以上
イスラエル 入国時6ヶ月以上
アフリカ エジプト 入国時6ヶ月以上
モロッコ 入国時3ヶ月以上
ケニア 入国時6ヶ月以上
ナミビア 入国時6ヶ月以上
南アフリカ 滞在日数+出国時30日以上
オセアニア オーストラリア 帰国時まで有効
ニュージーランド 滞在日数+入国時3ヶ月以上

 

入国に必要な残存有効期間は、国によって異なります。

世界のおもな国々を見てみると、上記のとおりです。

 

最も条件がゆるいのは、台湾やイギリスなど、「帰国時まで有効」とされている国ですね。

有効期間さえ満たしていれば良いことになります。

 

一方で厳しいのは、アイルランドの「滞在日数+出国時6ヶ月以上」という条件です。

アイルランドはビザなしで3ヶ月まで滞在できますが、3ヶ月滞在する場合は残存有効期間が「9ヶ月以上」必要になります。

 

【ヨーロッパにおける "シェンゲン協定国" とは】

シェンゲン協定の加盟国の間で出入国する際に、出入国審査が不要になっており、何もチェックを受けることなく国境を越えることが可能です。

ヨーロッパの多くの国がシェンゲン協定に加盟していますが、イギリスやアイルランドなど一部の国は加盟していません。

シェンゲン協定内でのビザなし滞在は、「180日間内で最長90日まで」となっています。

例えば「日本 → フランス → イタリア → スイス → 日本」と旅行する場合、残存有効期間は「3か国合計の滞在日数+3ヶ月以上」が必要なので、注意してくださいね。

 

有効期限まで6か月を切ったら、パスポート更新が安心

上記の国の例からもわかるように、必要な残存有効期間は「6か月以上」とされている国が多いです。

もし海外へ行く可能性があるなら、有効期限が6か月を切りそうなタイミングでパスポートは更新しておくと安心です。

 

パスポート更新(切替申請)は、残存有効期間が1年未満になると申請できます。

早めに更新してもいいのですが、有効期間が残っていても切り捨てになるので、ちょっと勿体ないですよね。

 

なお、有効期間が切れてしまった場合は、更新ではなく「新規発給」の申請になります。

その場合は「戸籍謄本」が必要となり手間が増えるので、直近で海外に行く予定がなくても、有効期間内に更新しておくことをおすすめします。

 

※実際にパスポート更新してきたときの詳しい内容は、「【体験談】パスポート更新してきた話と混雑回避のコツ【5分で完了】」をご覧ください。

 

② 海外旅行でパスポートの残存期間が足りない場合、どうなるのか【3段階のチェック】

② 海外旅行でパスポートの残存期間が足りない場合、どうなるのか【3段階のチェック】

② 海外旅行でパスポートの残存期間が足りない場合、どうなるのか【3段階のチェック】

 

前のパートで、外国の入国にはパスポートの「残存有効期間」が必要であることを説明してきました。

「もし残存期間が足りない場合はどうなるの?」と気になったりしますよね。

 

実は現地に行ってからの入国審査で止められる以前に、チェックされることが多いです。

どの時点で止められるのか、段階を踏みながら紹介しておきますね。

 

【海外旅行でパスポートの残存期間が足りない場合】

❶ 航空券の購入時に止められる

❷ オンラインチェックイン時に止められる

❸ 空港でのチェックインで止められる

 

❶ 航空券の購入時に止められる

まず最初の段階では、航空券をネットで予約購入するときや、旅行代理店で海外ツアーなどを申し込むタイミングで止められることがあります。

なぜこのタイミングで止められるかというと、パスポートの「有効期限」を入力するケースがあるからですね。

 

この時点で残存期間が足りないことに気付けたら、まだ安心です。

パスポートを更新できる時間(約1~2週間)があれば、更新後に改めて航空券を買えば大丈夫です。

 

もしパスポートの有効期限の情報が求められなければ、このタイミングで止められることはありません。

ここで残存期間が足りないことに気付かなければ、予定通り海外旅行へ行くのは難しくなりますね。

 

❷ オンラインチェックイン時に止められる

2つ目の段階として、買った航空券の「オンラインチェックイン」で止められる可能性が高いです。

なぜなら、パスポート情報の入力が必要になるからですね。

 

パスポートの有効期間をシステムが自動的にチェックして、残存有効期間が足りず「チェックイン不可」ということになります。

オンラインチェックインは「48時間前から」などと間際でなければできないケースが多いので、残念ながらパスポート更新は間に合わず、キャンセル or 予定変更せざるを得ません。(エアアジアは2週間前から可能なので、パスポート更新が間に合う可能性もあります)

 

ただ、システム上で残存有効期間のチェックがない航空会社もあるので、その場合はここでも止められません。

オンラインチェックインしなかった場合、できない場合も、同様ですね。

 

❸ 空港でのチェックインで止められる

最後の3つ目は、空港でチェックインするときに止められます。

この場合、搭乗は拒否されて、どう頑張っても飛行機には乗れません。

 

国によって決められているルールですし、航空会社にいくら言ってもムリなので、諦めるしかないですね。

当日だとキャンセル料も返してもらえず、かなり辛い結果になります...。

 

いつまでも引きずってても仕方ないので、「行ってから入国できずトンボ返りになるよりもマシ」などと切り替えて、その場で沖縄などに飛んで国内旅行するのもいいかもしれません。

次回からは、航空券を買うときにパスポートの残存有効期間は必ずチェックするなど、今後に活かしていきましょう。

 

※お盆休みや年末年始などピーク時でも航空券を安く買う方法は、「【海外航空券】安く買う方法とは?【時期別でのタイミング解説】」で紹介しています。

 

③ まとめ:海外旅行では残存有効期間は漏れやすい。残り半年でパスポート更新しておくと安心

③ まとめ:海外旅行では残存有効期間は漏れやすい。残り半年でパスポート更新しておくと安心

③ まとめ:海外旅行では残存有効期間は漏れやすい。残り半年でパスポート更新しておくと安心

 

本記事では、「パスポートの必要な残存有効期間の国別一覧と、足りない場合の扱い」を紹介しました。

ポイントをまとめます。

 

【パスポートの残存有効期間とは】

・有効期間満了日までの日数で、一定期間以上あることが入国の条件になっている

・必要な残存有効期間は国によって違うが、「6か月以上」とされているところが多い

・有効期限まで6か月を切ったら、パスポートを更新しておくと安心(約1~2週間かかる)

 

【必要な残存有効期間の国別一覧】

地域 必要な残存有効期間
アジア 韓国 入国時3ヶ月以上
台湾 帰国時まで有効
香港 滞在日数+入国時1ヶ月以上
中国 入国時6ヶ月以上
タイ 入国時6ヶ月以上
ベトナム 入国時6ヶ月以上
マレーシア 入国時6ヶ月以上
シンガポール 入国時6ヶ月以上
インドネシア 入国時6ヶ月以上
ヨーロッパ フランス 滞在日数+シェンゲン協定国の出国時3ヶ月以上
イタリア 滞在日数+シェンゲン協定国の出国時3ヶ月以上
スイス 滞在日数+シェンゲン協定国の出国時3ヶ月以上
イギリス 帰国時まで有効
アイルランド 滞在日数+出国時6ヶ月以上
北中米 アメリカ 帰国時まで有効
メキシコ 帰国時まで有効
キューバ 入国時3ヶ月以上
南米 ペルー 入国時6ヶ月以上
ボリビア 入国時6ヶ月以上
アルゼンチン 入国時6ヶ月以上
中近東 トルコ 入国時150日以上
UAE 入国時6ヶ月以上
イスラエル 入国時6ヶ月以上
アフリカ エジプト 入国時6ヶ月以上
モロッコ 入国時3ヶ月以上
ケニア 入国時6ヶ月以上
ナミビア 入国時6ヶ月以上
南アフリカ 滞在日数+出国時30日以上
オセアニア オーストラリア 帰国時まで有効
ニュージーランド 滞在日数+入国時3ヶ月以上

 

【海外旅行でパスポートの残存期間が足りない場合】

❶ 航空券の購入時に止められる

❷ オンラインチェックイン時に止められる

❸ 空港でのチェックインで止められる

 

 

パスポートには有効期限がありますが、「有効期間内に帰ってくるから大丈夫」と思ってしまいますよね。

でも「残存有効期間」が入国の条件になっていることは、海外旅行で意外と盲点になっています。

 

航空券や海外ツアーの申し込み時に気が付けば、パスポートは1~2週間で更新できるので、まだ大丈夫な可能性が高いですね。

空港に行ってから当日に発覚すると、飛行機には乗れず、キャンセル料も返ってこない辛い結果が待っています...。

 

パスポートの残存有効期間は、「6か月以上」を条件にしている国が多いです。

有効期限が残り半年を切りそうになったら、パスポートは更新しておくと安心ですよ。

 

 

関連記事
【海外旅行】預け荷物なしでお得に!手荷物リュックだけのメリット
【海外旅行】預け荷物なしでお得に!手荷物リュックだけのメリット

  お悩み相談海外旅行は日数分の着替えとか必要だし、やっぱりスーツケースじゃないと難しいかな。 それとも、大きめのバックパックがいいかな?   こんにちは、キベリンブログです。 海 ...

続きを見る

関連記事
海外旅行保険はクレジットカード付帯保険を無料活用【裏ワザと条件】
海外旅行保険はクレジットカード付帯保険を無料活用【裏ワザと条件】

  お悩み相談海外に行くなら、海外旅行保険に入っておいた方がいいのかな。 あ、クレジットカードの付帯保険が使えるんだっけ?   こんにちは、キベリンブログです。 クレジットカードに ...

続きを見る

関連記事
【必須条件あり】海外向けに作るおすすめクレジットカード3選
【必須条件あり】海外向けに作るおすすめクレジットカード3選

  お悩み相談海外に行く前に、どんなクレジットカードを準備しておけばいいかな? 備えておく条件とか知りたいな。   こんにちは、キベリンブログです。 海外旅行や移住など、便利なクレ ...

続きを見る

 

-旅の豆知識, 海外転職・移住

© 2020 Kiberin Blog