失業保険 求職活動実績・認定日

【失業保険】求職活動実績にならないものvsなるもの【比較一覧】

【失業保険】求職活動実績にならないものvsなるもの【比較一覧】

 

お悩み相談
失業保険をもらうには、求職活動実績が必要なんだね。
実績にならないもの・なるものを一覧で知りたいな。

 

こんにちは、キベリンブログです。

求職活動実績がないと失業保険はもらえないので、実績になる活動を知らないとダメですよね。

今回は、「求職活動実績にならないもの・なるもの」について、活動別に比較して紹介します。

 

【本記事の内容】

① 求職活動実績にならないもの・なるものとは【活動別に一覧で比較】

② 求職活動実績になる、状況別のおすすめ活動方法【3選】

③ まとめ:失業保険をもらい損ねないよう、状況に合った求職活動を選ぼう

 

失業保険を3回受給し、求職活動実績を積んできました。

経験から、状況に合わせたおすすめの活動方法も語っていきます。

 

① 求職活動実績にならないもの・なるものとは【活動別に一覧で比較】

① 求職活動実績にならないもの・なるものとは【活動別に一覧で比較】

① 求職活動実績にならないもの・なるものとは【活動別に一覧で比較】

 

求職活動実績は、認定日の前日までに「2回以上」(初回の認定日のみ1回以上)必要です。

どんな活動なら実績になるのか、比較した一覧表と活動種別の具体例をみていきましょう。

 

求職活動実績にならないもの・なるもの【比較一覧】

活動種別 求職活動実績にならない 求職活動実績になる

❶ ハローワーク

・求人検索機での閲覧
・ハローワークインターネットサービスの閲覧

・職業相談
・求人応募(職業紹介)
・セミナー参加

❷ 転職エージェント

・サイトで登録しただけ

・登録面談(電話面談もOK)
・求人応募(職業紹介)
・セミナー参加

❸ 派遣会社

・サイトで登録しただけ

・登録面談(電話面談もOK)
・派遣求人応募(職業紹介)
・セミナー参加

❹ 転職サイト

・サイトで登録しただけ

・求人応募(ネット応募でOK)

❺ 資格試験の受験

・再就職に関係ない試験
・勉強だけで受験していない

・再就職に資する(役立つ)試験
(※失業の認定期間に受験)

❻ その他

・知人に求人紹介を依頼

・合同企業説明会で個別に面談

 

活動種別の具体例

❶ ハローワーク : ワークプラザ(ハローワークの出先機関)も含む

❷ 転職エージェント : リクルートエージェントdodaエージェントサービスマイナビエージェント

❸ 派遣会社 : パーソルテクノロジースタッフリクルートスタッフィングマイナビスタッフ

❹ 転職サイト : リクナビNEXTdoda(デューダ)

❺ 資格試験の受験 : 日商簿記検定TOEIC情報処理技術者試験

❻ その他 : 合同企業説明会、知人への求人紹介

 

比較一覧と活動種別の具体例をまとめると、上記のとおりですね。

紹介した活動は、失業保険を申請するともらえる「雇用保険受給資格者のしおり」にも書かれている内容です。

 

転職エージェントや派遣会社を使った活動は、電話面談など「やりとり」があれば、実績になります。

サイトでの登録だけでは実績にならないので、注意してくださいね。

 

次のパートで、状況別におすすめの活動方法を紹介していきます。

 

② 求職活動実績になる、状況別のおすすめ活動方法【3選】

② 求職活動実績になる、状況別のおすすめ活動方法【3選】

② 求職活動実績になる、状況別のおすすめ活動方法【3選】

 

求職活動実績が必要なとき、状況に合わせて活動の方法を選ぶと効果的です。

ここで、状況別でのおすすめの方法を紹介していきますね。

 

【状況別でのおすすめの求職活動方法】

・自宅で早く実績を作りたい : 転職サイトからの求人応募

・ハローワークが近所にある : ハローワークの職業相談

・失敗しない再就職を目指す : 転職エージェントの登録面談と求人応募(職業紹介)

 

順番に見ていきましょう。

 

自宅で早く実績を作りたい : 転職サイトからの求人応募

時間と場所を選ばずに実績を作るには、転職サイトでの求人応募が最も早く作れます。

2社を選んで応募すれば、1日で2回分の実績になります。

 

転職サイトは、「リクナビNEXT」を使うと早いです。

なぜなら、求人が全国どこでもあるので選びやすく、認知度が高いのでハローワークから応募方法を聞かれても伝えやすいからですね。

 

応募した後の結果は求職活動実績には関係なく、「1社につき応募時点で1回」とカウントされます。

あなたから面接を辞退しても実績を取り消されることはないので、安心してくださいね。

 

関連記事
【失業保険】求職活動実績を1日で2回作るには?当日の作り方を解説
【失業保険】求職活動実績を1日で2回作るには?当日の作り方を解説

  お悩み相談明日が失業認定日だったこと忘れてた! 求職活動実績が2回ないと失業保険がもらえないよ...どうしよう!?   こんにちは、キベリンブログです。 認定日を忘れていて、求 ...

続きを見る

 

ハローワークが近所にある : ハローワークの職業相談

ハローワークでは、無料で職業相談を受け付けています。

混雑しているときは少し待つことになりますが、事前予約など特別な準備は必要ありません。

 

相談する内容を考えておけば気軽に利用できて、3分ほどで終えてもOKです。

ただし、職業相談員は転職エージェントと比べて知識やスキルはないので、有効なアドバイスはなかなか得られません。

 

ちなみに職業相談は1日に2回しても、実績は「1回分」しかカウントされません。

急いで2回の実績が必要な場合は、1つ目の「転職サイトからの求人応募」がおすすめですね。

 

関連記事
【職業相談】求職活動実績の簡単な作り方と質問例【失業保険】
【職業相談】求職活動実績の簡単な作り方と質問例【失業保険】

  お悩み相談失業保険をもらうには、求職活動実績が必要だよね。 簡単に作れる方法って何だろう...??   こんにちは、キベリンブログです。 失業保険をもらうための求職活動実績は、 ...

続きを見る

 

失敗しない再就職を目指す : 転職エージェントの登録面談と求人応募(職業紹介)

求職活動実績を稼ぎながら、失敗しない再就職をするなら、転職エージェントを使いましょう。

「登録面談(電話面談もOK)」や「求人応募(職業紹介)」、「セミナー参加」は実績になります。

 

転職エージェントの登録者だけが見れる「非公開求人」は、ハローワークの求人と比べて圧倒的に質が良いです。

専門的なアドバイスや応募先の企業との連絡の仲介など、サポートを受けられるのは大きいですね。

 

私も転職エージェントを使って、3回の転職に成功しています。

ハローワークで職業相談を繰り返しても、就職できる実感は湧きませんでした。

 

就職で失敗したくないなら、無料で使える転職エージェントを活用しましょう。

 

【おすすめ転職エージェント 3選】

リクルートエージェント : 業界の最大手で、多くの人が最初に利用するエージェント。案件が豊富かつ対応の素早いサポートを受けられ、登録後に使えるマイページも充実している。

dodaエージェントサービス : 非公開求人を含む約10万件の求人があり、特にITエンジニアの求人が豊富。他のエージェントにはない外資系や海外勤務案件まで、広くカバーしている。

マイナビエージェント : 20代~30代に評価されており、業界に応じた専任の担当者がつく。面談時の対応は丁寧な印象があり、案件の紹介もスムーズ。

 

関連記事
転職エージェントの利用の流れ・リスク回避方法を解説【実体験】
転職エージェントの利用の流れとリスク回避方法を解説【実体験】

  お悩み相談知り合いが転職エージェントを使って転職したって聞いたけど、どんなサービスなんだろう? 利用方法や注意点を知りたいな。   こんにちは、キベリンブログです。 転職活動で ...

続きを見る

③ まとめ:失業保険をもらい損ねないよう、状況に合った求職活動を選ぼう

③ まとめ:失業保険をもらい損ねないよう、状況に合った求職活動を選ぼう

③ まとめ:失業保険をもらい損ねないよう、状況に合った求職活動を選ぼう

 

本記事では、「求職活動実績にならないもの・なるもの」を紹介しました。

ポイントをまとめます。

 

【求職活動実績にならないもの・なるもの】

活動種別 求職活動実績にならない 求職活動実績になる

❶ ハローワーク

・求人検索機での閲覧
・ハローワークインターネットサービスの閲覧

・職業相談
・求人応募(職業紹介)
・セミナー参加

❷ 転職エージェント

・サイトで登録しただけ

・登録面談(電話面談もOK)
・求人応募(職業紹介)
・セミナー参加

❸ 派遣会社

・サイトで登録しただけ

・登録面談(電話面談もOK)
・派遣求人応募(職業紹介)
・セミナー参加

❹ 転職サイト

・サイトで登録しただけ

・求人応募(ネット応募でOK)

❺ 資格試験の受験

・再就職に関係ない試験
・勉強だけで受験していない

・再就職に資する(役立つ)試験
(※失業の認定期間に受験)

❻ その他

・知人に求人紹介を依頼

・合同企業説明会で個別に面談

 

【活動種別の具体例】

❶ ハローワーク : ワークプラザ(ハローワークの出先機関)も含む

❷ 転職エージェント : リクルートエージェントdodaエージェントサービスマイナビエージェント

❸ 派遣会社 : パーソルテクノロジースタッフリクルートスタッフィングマイナビスタッフ

❹ 転職サイト : リクナビNEXTdoda(デューダ)

❺ 資格試験の受験 : 日商簿記検定TOEIC情報処理技術者試験

❻ その他 : 合同企業説明会、知人への求人紹介

 

【状況別でのおすすめの求職活動方法】

・自宅で早く実績を作りたい : 転職サイトからの求人応募

・ハローワークが近所にある : ハローワークの職業相談

・失敗しない再就職を目指す : 転職エージェントの登録面談と求人応募(職業紹介)

 

「ハローワークで求人を調べた」「サイト上で登録した」「知人に紹介を依頼した」といった活動は、求職活動実績になりません。

失業保険は「就職する意思があること」が条件なので、客観的に判断できる活動が必要だからですね。

 

フルタイムで働いていた人なら、失業保険は1回の振込(28日分)で少なくとも「10万円以上」にはなります。

もらい損ねると厳しいですよね。

 

求職活動実績は、認定日までに「2回以上(初回の認定日のみ1回以上)」必要です。

状況に合った求職活動を選んで、実績を残すのを忘れないようにしてくださいね。

 

関連記事
【失業保険】求職活動実績を1日で2回作るには?当日の作り方を解説
【失業保険】求職活動実績を1日で2回作るには?当日の作り方を解説

  お悩み相談明日が失業認定日だったこと忘れてた! 求職活動実績が2回ないと失業保険がもらえないよ...どうしよう!?   こんにちは、キベリンブログです。 認定日を忘れていて、求 ...

続きを見る

関連記事
【職業相談】求職活動実績の簡単な作り方と質問例【失業保険】
【職業相談】求職活動実績の簡単な作り方と質問例【失業保険】

  お悩み相談失業保険をもらうには、求職活動実績が必要だよね。 簡単に作れる方法って何だろう...??   こんにちは、キベリンブログです。 失業保険をもらうための求職活動実績は、 ...

続きを見る

関連記事
転職エージェントの利用の流れ・リスク回避方法を解説【実体験】
転職エージェントの利用の流れとリスク回避方法を解説【実体験】

  お悩み相談知り合いが転職エージェントを使って転職したって聞いたけど、どんなサービスなんだろう? 利用方法や注意点を知りたいな。   こんにちは、キベリンブログです。 転職活動で ...

続きを見る

 

-失業保険, 求職活動実績・認定日
-, ,

© 2020 Kiberin Blog