失業保険 失業保険ノウハウ

ハローワークインターネットサービスは使える?【2022年の新機能】

2022/03/16

ハローワークインターネットサービスは使える?【2022年の新機能】

 

お悩み相談
失業保険でハローワークを利用するけど、インターネットサービスって使えるの??

 

こんにちは、キベリンブログです。

ハローワークにもネットでのサービスがあり、窓口に行かなくてもできることが増えています。

今回は、「ハローワークインターネットサービスと、2022年3月からの新機能」について紹介します。

 

【本記事の内容】

① ハローワークインターネットサービスとは【求人検索とマイページ】

② 2022年3月からの新機能とは【スカウト】

③ まとめ:ハローワークへ行かずに求人検索・応募できるけど、他の方法と併用が安心

 

失業保険は3回受給してきました。

経験からハローワークのネットサービスは転職活動に有効なのか、語っていきますね。

 

① ハローワークインターネットサービスとは【求人検索とマイページ】

① ハローワークインターネットサービスとは【求人検索とマイページ】

① ハローワークインターネットサービスとは【求人検索とマイページ】

 

ハローワークというと、窓口で担当者と直接やり取りする古いイメージが強いですよね。

でも、「ハローワークインターネットサービス」というオンラインでのサービスも展開しています。

 

【ハローワークインターネットサービスの概要】

・全国のハローワークで受け付けた求人の検索

・求職者マイページの開設

・職業訓練(ハロートレーニング)のコース検索

 

おもなサービスの概要は上記のとおりで、無料で利用できます。

それぞれ簡単に説明していきますね。

 

全国のハローワークで受け付けた求人の検索

ハローワークには「求人検索機」があり、求人の情報を見ることができます。

ハローワークインターネットサービスを使えば、わざわざハローワークに行かなくても、オンラインで同じ情報が確認できるんですよね。

 

地元の中小企業などの求人を調べたいときは、使ってみると良いと思います。

ただし求人の掲載は無料なので、内容はよくチェックするようにしましょう。

 

求職者マイページの開設

リクナビNEXT」などの転職サイトと同じく、マイページを開設できます。

例えば、以下のような活動が可能になります。

 

【求職者マイページでできること】

・求人の応募

・求人検索条件や気になる求人の保存

・ハローワークから紹介された求人内容や応募履歴の確認

・登録した情報の確認や変更

・応募した求人の担当者とのメッセージ機能

・ハローワークからのおすすめ求人情報の受信

 

窓口で紹介を受けなくても、「オンライン自主応募」ができたりするので、便利に使えますね。

 

職業訓練(ハロートレーニング)のコース検索

ハローワークがあっせんする「職業訓練(ハロートレーニング)」の情報が検索できます。

全国のエリアにおいて、分野や訓練期間など希望の条件で調べられるんですよね。

 

職業訓練には、大きくわけて2つあります。

 

【職業訓練(ハロートレーニング)のコース種別】

・公共職業訓練 : 失業保険を受給している求職者を対象

・求職者支援訓練 : 失業保険を受給できない or 受給が終わった求職者を対象

 

職業訓練のコースを調べるときは、対象に合った訓練を検索してくださいね。

条件を満たせば、失業保険をもらいながら職業訓練を受けることも可能です。

 

※条件など詳しい内容は、「失業保険をもらい続けながら職業訓練を受ける方法とは【条件あり】」をご覧ください。

 

② 2022年3月からの新機能とは【スカウト】

② 2022年3月からの新機能とは【スカウト】

② 2022年3月からの新機能とは【スカウト】

 

2022年3月22日から、ハローワークインターネットサービス に新機能が使えるようになります。

新機能を簡単に言うと、「スカウトサービス」ですね。

 

リクナビNEXT にもありますが、ハローワークでも始まります。

新機能の内容を具体的に説明していきますね。

 

【2022年3月22日からの新機能】

❶ 求職者マイページに登録した情報を、企業に公開できる(求職公開)

❷ 企業が公開された情報を見て、自社への応募を依頼する(リクエスト)

❸ リクエストを受けたら、ハローワークを介さず応募できる(オンライン自主応募)

 

❶ 求職者マイページに登録した情報を、企業に公開できる(求職公開)

マイページには、希望条件やスキルなどの求職情報を登録します。

求職情報の項目に合わせて、公開の可否を選択できます。

 

企業から見える状態になるので、個人を特定できる情報の公開には注意が必要ですね。

 

❷ 企業が公開された情報を見て、自社への応募を依頼する(リクエスト)

公開された求職者の情報を、企業側が検索します。

求める人材が見つかると、企業は求職者に応募のリクエストを出します。

 

企業と求職者は、マイページ上でメッセージなどの直接やり取りが可能です。

 

❸ リクエストを受けたら、ハローワークを介さず応募できる(オンライン自主応募)

リクエストを受けると、マイページに求人情報とメッセージが表示されます。

応募したい場合は、ハローワークを介さず直接応募が可能です。

 

希望に合わず辞退したければ、ボタンひとつで辞退できます。

また、リクエストに対してやり取りを避けたいときは、「ブロック機能」も利用できますよ。

 

③ まとめ:ハローワークへ行かずに求人検索・応募できるけど、他の方法と併用が安心

③ まとめ:ハローワークへ行かずに求人検索・応募できるけど、他の方法と併用が安心

③ まとめ:ハローワークへ行かずに求人検索・応募できるけど、他の方法と併用が安心

 

本記事では、「ハローワークインターネットサービスと、2022年3月からの新機能」を紹介しました。

ポイントをまとめます。

 

【ハローワークインターネットサービスの概要】

・全国のハローワークで受け付けた求人の検索

・求職者マイページの開設

・職業訓練(ハロートレーニング)のコース検索

 

【2022年3月22日からの新機能】

❶ 求職者マイページに登録した情報を、企業に公開できる(求職公開)

❷ 企業が公開された情報を見て、自社への応募を依頼する(リクエスト)

❸ リクエストを受けたら、ハローワークを介さず応募できる(オンライン自主応募)

 

ハローワークインターネットサービス を使えば、窓口へ行かずに求人が調べられます。

新たな機能として、「スカウトサービス」も使えるようになります。

 

ですが、リクナビNEXT などの転職サイトと違って、求人の掲載は無料です。

あなた自身でも、内容をよくチェックすることが重要になってくるんですよね。

 

もし転職活動に使うなら、転職サイトや転職エージェントと比べながら使うようにしましょう。

ハローワークインターネットサービスだけでの活動はリスクが大きくなるので、他の活動と併用して比較すると安心ですよ。

 

 

関連記事
転職エージェントを使って転職した感想【メリットデメリット】
転職エージェントを使って転職した感想【メリットとデメリット】

  お悩み相談転職エージェントを使うか悩んでいるけど、どんな感じなんだろう? 実際に利用した人の感想が聞きたいな。   こんにちは、キベリンブログです。 転職をサポートしてくれる転 ...

続きを見る

関連記事
セミナーも求職活動実績に!【ハローワークvs転職エージェント】
セミナーも求職活動実績に!【ハローワークvs転職エージェント】

  お悩み相談就職セミナーの受講も、求職活動実績になるんだ! 受け方とか注意点を知っておきたいな。   こんにちは、キベリンブログです。 失業保険は求職活動実績が必要ですが、セミナ ...

続きを見る

関連記事
【失業保険】求職活動実績を1日で2回作るには?当日の作り方を解説
【失業保険】求職活動実績を1日で2回作るには?当日の作り方を解説

  お悩み相談明日が失業認定日だったこと忘れてた! 2回の求職活動実績がないと、失業保険がもらえない...どうしよう!?   こんにちは、キベリンブログです。 認定日が迫っていて、 ...

続きを見る

 

-失業保険, 失業保険ノウハウ

© 2020 Kiberin Blog