失業保険 失業保険ノウハウ

【失業保険】初回の支給はいくら?少ない理由を解説【計算方法】

【失業保険】初回の支給はいくら?少ない理由を解説【計算方法】

 

お悩み相談
失業保険って、初回の振り込みでいくらもらえるの?
2回目以降と違いがあるのかな。

 

こんにちは、キベリンブログです。

もらうまで時間のかかる失業保険は、最初の振込でいくらもらえるのか気になりますよね。

今回は、「初回の振込でもらえる失業保険の金額と、少なくなる理由」について、紹介します。

 

【本記事の内容】

① 失業保険の振込金額で、初回が少ない理由とは【待期期間と給付制限】

② 月給20万円から30万円でいくらになる?失業保険の振込金額の事例【3通り】

③ まとめ:失業保険の初回の振込は、数万円以上少なくなるので要注意

 

失業保険は3回受給してきました。

経験から、初回の振込は少なくなる理由を語っていきますね。

 

① 失業保険の振込金額で、初回が少ない理由とは【待期期間と給付制限】

① 失業保険の振込金額で、初回が少ない理由とは【待期期間と給付制限】

① 失業保険の振込金額で、初回が少ない理由とは【待期期間と給付制限】

 

失業保険は、一度にまとめてもらえるわけではありません。

4週に1回の認定日にハローワークで手続きすると、失業が認められた日数分の金額が振り込まれるしくみです。

 

1日分の金額は、基本手当日額で決まる

雇用保険受給資格者証 - 基本手当日額

雇用保険受給資格者証 - 基本手当日額

 

失業保険は、1日単位で計算されます。

その1日あたりの金額が、上記の雇用保険受給資格者証に書かれている「基本手当日額」です。(画像はハローワークのサイトから引用)

 

基本手当日額は、「退職直前の6か月間の月給」から決まります。

たくさん稼いでいた場合ほど、基本手当日額も高くなるしくみですね。

 

目安としては、月給を日割りにした「6~7割ほど」になります。

給付日数が90日であれば、失業保険の総額は「基本手当日額 × 90日」というわけです。

 

2回目以降の振込は、28日分になる

失業保険には「認定日」が設定され、「4週(28日)ごと」に手続きが必要です。

失業状態であったことが認められると、その認定日までの日数分の金額が約1週間後に振り込まれます。

 

つまり、「基本手当日額 × 28日分」になるわけですね。

(祝日と重なって認定日がずれた場合は、ずれた分だけ日数が変わります)

 

給付日数がなくなった後の認定日が最後になりますが、最後の振込は残りの給付日数分だけになります。

ただし、初回の振込だけは、ちょっと日数の計算に注意が必要です。

 

初回の振込が少ない理由は、「待期期間」と「給付制限」の影響

・会社都合退職 : 初回の振込は、約20日分の金額(※1回目の認定日の後)

・自己都合退職 : 初回の振込は、約15日分の金額(※2回目の認定日の後)

 

初回の振込は28日分にならず、金額は少なくなります。

上記のとおり、離職理由でも変わってきます。

 

なぜ初回は少ないかというと、「待期期間(7日間)」と「給付制限(自己都合退職のみ)」が影響するからですね。

認定日の「28日ごと」のカウントは、失業保険を申請したタイミングからカウントします。

 

この28日のカウントの中に、「待期期間」の7日間も含まれているんですよね。

待期期間とは受給資格を確認するための期間なので、まだ失業保険の支給対象になりません。

 

そのため自己都合でも会社都合でも、待期期間分は減ってしまうことになります。

日数が「約」になっているのは、申請のタイミングで認定日の決まり方が前後するからですね。

 

加えて、自己都合退職だと「2ヶ月間の給付制限期間」があります。

給付制限により、1回目の認定日の後は、まだ失業保険の振込はありません。

 

自己都合だと初回の振込は「2回目の認定日の後」になり、「基本手当日額 × 約15日分」と日数の都合で少なくなってしまいます。

次のパートで、わかりやすく具体例をあげて見ていきますね。

 

※認定日の決まり方については、「認定日はいつになる?曜日の決まり方を解説【失業保険】」をご覧ください。

 

② 月給20万円から30万円でいくらになる?失業保険の振込金額の事例【3通り】

② 月給20万円から30万円でいくらになる?失業保険の振込金額の事例【3通り】

② 月給20万円から30万円でいくらになる?失業保険の振込金額の事例【3通り】

 

前のパートで、失業保険の振込のしくみを紹介しました。

ここで、退職前の月給が20万円から30万円の具体例で、初回と2回目の振込金額をみていきましょう。

 

【退職前の月給別での、振込金額】

❶ 月給20万円の場合(基本手当日額:5,000円で計算)

❷ 月給25万円の場合(基本手当日額:5,500円で計算)

❸ 月給30万円の場合(基本手当日額:6,000円で計算)

 

上記の3通りで、それぞれまとめていきます。

あなたの月給に近いものを参考にしてみてくださいね。

 

❶ 月給20万円の場合(基本手当日額:5,000円で計算)

・初回の振込金額 : 会社都合退職は約100,000円、自己都合退職は約75,000円

・2回目の振込金額 : 約140,000円

 

初回の振込金額は、会社都合は「20日分」、自己都合は「15日分」で計算しています。

2回目は「28日分」で計算しており、会社都合・自己都合で差はありません。

 

初回と2回目を比べると、数万円以上は違うことがわかりますよね。

初回はどうしても少なくなるので、経済的に厳しいときは注意しておきましょう。

 

❷ 月給25万円の場合(基本手当日額:5,500円で計算)

・初回の振込金額 : 会社都合退職は約110,000円、自己都合退職は約82,500円

・2回目の振込金額 : 約154,000円

 

月給25万円になると、月給20万円と比べて基本手当日額は500円ほど上がります。

その分だけ失業保険の振込金額も増えていますね。

 

❸ 月給30万円の場合(基本手当日額:6,000円で計算)

・初回の振込金額 : 会社都合退職は約120,000円、自己都合退職は約90,000円

・2回目の振込金額 : 約168,000円

 

月給30万円の場合は、基本手当日額は6,000円くらいになります。

月給20万円・25万円と比べてみて、退職直前の6か月間で多めに稼いでおくと、失業保険の金額を増やせることがわかりますよね。

 

※失業保険の振込日は「認定日の約1週間後」と案内されますが、実際はすこし早くなることが多いです。

詳しい実績や内容は、「【失業保険】振込日は、認定日から何日後?【実際は2~3営業日】」をご覧ください。

 

③ まとめ:失業保険の初回の振込は、数万円以上少なくなるので要注意

③ まとめ:失業保険の初回の振込は、数万円以上少なくなるので要注意

③ まとめ:失業保険の初回の振込は、数万円以上少なくなるので要注意

 

本記事では、「初回の振込でもらえる失業保険の金額と、少なくなる理由」を紹介しました。

ポイントをまとめます。

 

【失業保険の初回の振込が少ない理由】

・「待期期間(7日間)」と「給付制限」が影響する

・会社都合退職 : 初回の振込は、約20日分の金額(※1回目の認定日の後)

・自己都合退職 : 初回の振込は、約15日分の金額(※2回目の認定日の後)

 

【失業保険の初回の振込金額における、月給別での具体例】

❶ 月給20万円の場合 : 会社都合退職は約100,000円、自己都合退職は約75,000円

❷ 月給25万円の場合 : 会社都合退職は約110,000円、自己都合退職は約82,500円

❸ 月給30万円の場合 : 会社都合退職は約120,000円、自己都合退職は約90,000円

 

失業保険は実際のところ複雑で、かなり分かりにくくなっています。

初回と2回目以降の振込金額が違うことなど、あまり知られていません。

 

特に初回はもらえる金額が少ないので、経済的に厳しい状況のときは注意が必要です。

数万円以上は変わってくるので、事前にチェックしておいてくださいね。

 

 

関連記事
【失業保険】求職活動実績を1日で2回作るには?当日の作り方を解説
【失業保険】求職活動実績を1日で2回作るには?当日の作り方を解説

  お悩み相談明日が失業認定日だったこと忘れてた! 2回の求職活動実績がないと、失業保険がもらえないよ...どうしよう!?   こんにちは、キベリンブログです。 認定日が迫っていて ...

続きを見る

関連記事
失業認定申告書の書き方を求職活動実績の記入例で解説【失業保険】
失業認定申告書の書き方を求職活動実績の記入例で解説【失業保険】

  お悩み相談失業認定申告書の書き方を、求職活動実績の方法別に教えて欲しいです。   こんにちは、キベリンブログです。 失業保険をもらうには、失業認定申告書を認定日にハローワークへ ...

続きを見る

関連記事
セミナーも求職活動実績に!【ハローワークvs転職エージェント】
セミナーも求職活動実績に!【ハローワークvs転職エージェント】

  お悩み相談就職支援セミナーとかの受講も、求職活動実績になるんだ! 受け方とか注意点を知っておきたいな。   こんにちは、キベリンブログです。 失業保険は求職活動実績が必要ですが ...

続きを見る

 

-失業保険, 失業保険ノウハウ

© 2020 Kiberin Blog