失業保険 認定日

【失業保険】振込日は、認定日から何日後?【実際は2~3営業日】

【失業保険】振込日は、認定日から何日後?【実際は2~3営業日】

 

お悩み相談
認定日にハローワークで手続きしたけど、まだ振り込まれてないや...。
いつ振り込まれるんだろう??

 

こんにちは、キベリンブログです。

経済的に余裕のないときなど、失業保険の振込がいつになるのか気になりますよね。

今回は、「認定日の後に振り込まれる失業保険の振込日」について、紹介します。

 

【本記事の内容】

① 失業保険(基本手当)の振込日は、公式には認定日から1週間後【実際は2~3営業日後】

② 失業保険が振り込まれていない場合の、3つの対処法【要チェック】

③ まとめ:実際は「2~3営業日」で振り込まれることが多いけど、振込は確実に確認しよう

 

失業保険は3回受給してきました。

経験から、いつ振り込まれたのか実績も語っていきます。

 

① 失業保険(基本手当)の振込日は、公式には認定日から1週間後【実際は2~3営業日後】

① 失業保険(基本手当)の振込日は、公式には認定日から1週間後【実際は2~3営業日後】

① 失業保険(基本手当)の振込日は、公式には認定日から1週間後【実際は2~3営業日後】

 

失業保険(基本手当)をもらうには、4週間に1回の「認定日」にハローワークへ行く必要があります。

そこで求職活動実績を書いた失業認定申告書を提出すると、認定日までの日数分の失業保険が振り込まれる仕組みです。

 

ハローワークでは、振込日は認定日から「約1週間」と案内される

ハローワークで認定日の手続きをすると、「1週間ほどで振り込まれます」と案内されます。

失業保険を申請するときにもらえる「雇用保険受給資格者のしおり」にも、「約1週間」と書かれています。

 

実際には、認定日から「2営業日後」に振り込まれていた

ただ実際のところ、私の場合は「2営業日後」には振り込まれていました。

実際は「2~3営業日(土日は除く)」で振り込まれることが多いようですね。

 

祝日や年末年始を挟むと長くなりますが、それ以外ならわりと早く振り込まれていますね。

ただ振込までにかかる日数は、「銀行」や「ハローワーク」などで異なるとのことです。

 

振込人の名義は、"ショクギョウアンテイキョク"

失業保険の振り込みの際の名義は、「ショクギョウアンテイキョク(職業安定局)」から振り込まれます。

認定日に「雇用保険受給資格者証」に書かれた失業保険の金額が確実に振り込まれているか、確認してみてくださいね。

 

初回の振込日が、今後の目安になる

初めて失業保険が振り込まれた「振込日」を確認しておけば、どのくらいで振り込まれるのか目安にできます。

私のケースでも、初回と2回目以降の振込日は、同じペースで続きました。

 

指定する銀行口座を途中で変えたりしなければ、振込日のタイミングはそれほど変わらないはずです。

なので、初回の振込日はチェックしておきましょう。

 

初回の振込は、会社都合退職なら「初回の認定日の後」です。

一方で自己都合退職だと給付制限があるので、「2回目の認定日後」が最初の振込になります。

 

② 失業保険が振り込まれていない場合の、3つの対処法【要チェック】

② 失業保険が振り込まれていない場合の、3つの対処法【要チェック】

② 失業保険が振り込まれていない場合の、3つの対処法【要チェック】

 

失業保険は、公式には「認定日から約1週間を目安に振り込まれる」と案内されます。

ここで、失業保険が振り込まれていない場合の対処について確認しておきましょう。

 

【失業保険が振り込まれていない場合の対処法】

❶ 認定日から「5営業日」を過ぎているかチェックする

❷ 指定している銀行口座の情報に変更がないか調べる

❸ 認定日にハローワークで「不認定」になっていないか確認する

 

❶ 認定日から「5営業日」を過ぎているかチェックする

実際には2~3営業日で振り込まれることが多いのですが、ハローワークからは振込まで「約1週間」と案内されます。

ここでポイントになるのは「営業日」です。

 

まずは、認定日から「5営業日」を過ぎているかチェックしましょう。

土日・祝日や年末年始は、営業日から外れます。

 

1週間よりも長くなることがあるので、注意してくださいね。

もし「6営業日目以降」も振り込まれていなければ、ハローワークに問合せをしてみましょう。

 

❷ 指定している銀行口座の情報に変更がないか調べる

あなたが指定した入金用の銀行口座の情報が、変更されている可能性もあります。

例えば、口座登録のある店舗が閉店されたり、銀行の合併などですね。

 

こういった場合、自動的にハローワーク側で変更処理が行われるわけではありません。

もし口座の情報が変わったら、情報更新の手続きなどハローワークに確認しておきましょう。

 

なお、別の銀行口座に変えることもできますよ。

 

❸ 認定日にハローワークで「不認定」になっていないか確認する

認定日までに2回以上の求職活動実績(初回認定日のみ1回以上)が不足していた場合、「不認定」として扱われます。

不認定になった場合は、今回分の失業保険は「支給なし」となります。

 

このケースでは受け取れない決まりなので、受け入れるしかありません。

支給は後回しになり、認定日が増えて受給までの期間が延びることになりますね。

 

次回の認定日の後にはきちんと受給できるよう、求職活動実績を忘れないようにしましょう。

 

※求職活動実績を簡単に作れる方法は、「【失業保険】求職活動実績を1日で2回作るには?当日の作り方を解説」をご覧ください。

関連記事
【失業保険】求職活動実績を1日で2回作るには?当日の作り方を解説
【失業保険】求職活動実績を1日で2回作るには?当日の作り方を解説

  お悩み相談明日が失業認定日だったこと忘れてた! 求職活動実績が2回ないと失業保険がもらえないよ...どうしよう!?   こんにちは、キベリンブログです。 認定日を忘れていて、求 ...

続きを見る

 

③ まとめ:実際は「2~3営業日」で振り込まれることが多いけど、振込は確実に確認しよう

③ まとめ:実際は「2~3営業日」で振り込まれることが多いけど、振込は確実に確認しよう

③ まとめ:実際は「2~3営業日」で振り込まれることが多いけど、振込は確実に確認しよう

 

本記事では、「認定日の後に振り込まれる失業保険の振込日」について、紹介しました。

ポイントをまとめます。

 

【失業保険(基本手当)の振込日】

・ハローワークでは、振込日は認定日から「約1週間」と案内される

・実際のところは、「2~3営業日(土日は除く)」で振り込まれることが多い

・失業保険の振込人の名義は、"ショクギョウアンテイキョク"

・初回の振込日が、今後の目安になる

 

【失業保険が振り込まれていない場合の対処法】

❶ 認定日から「5営業日」を過ぎているかチェックする

❷ 指定している銀行口座の情報に変更がないか調べる

❸ 認定日にハローワークで「不認定」になっていないか確認する

 

繰り返しですが、実際のところ失業保険は認定日から「2~3営業日」で振り込まれることが多いです。

思ったよりも、わりと早いですよね。

 

とはいえ金融機関などでも日数には差があるので、1週間と考えておく方が安心ですね。

「まだ振り込まれてないな..。」といったときは、まずは認定日から5営業日は待ってみましょう。

 

紹介した3つの対処法を確認してみてください。

不認定にならないよう、認定日までの求職活動実績は作っておいてくださいね。

 

 

関連記事
【失業保険】求職活動実績を1日で2回作るには?当日の作り方を解説
【失業保険】求職活動実績を1日で2回作るには?当日の作り方を解説

  お悩み相談明日が失業認定日だったこと忘れてた! 求職活動実績が2回ないと失業保険がもらえないよ...どうしよう!?   こんにちは、キベリンブログです。 認定日を忘れていて、求 ...

続きを見る

関連記事
失業認定申告書の書き方を求職活動実績の記入例で解説【失業保険】
失業認定申告書の書き方を求職活動実績の記入例で解説【失業保険】

  お悩み相談失業認定申告書の書き方を、求職活動実績の方法別に教えて欲しいです。   こんにちは、キベリンブログです。 失業保険をもらうには、4週間ごとの認定日にハローワークで「失 ...

続きを見る

関連記事
【失業保険】いくらもらえる?金額と時期の目安【自己or会社都合】
【失業保険】いくらもらえる?金額と時期の目安【自己or会社都合】

  お悩み相談失業保険って、どのくらいもらえるんだろう? いつ支給されるのかも知りたいな。   こんにちは、キベリンブログです。 失業保険はしくみが複雑で、もらえる金額もわかりにく ...

続きを見る

 

-失業保険, 認定日

© 2020 Kiberin Blog