海外転職・移住 ブルガリア移住

【ブルガリア移住】1ヶ月の生活費はいくら?【海外移住】

2022/10/24

【ブルガリア移住】1ヶ月の生活費はいくら?【海外移住】

 

こんにちは、キベリンブログです。

海外移住を考えるとき、生活費は気になりますよね。

今回は、「ブルガリア移住での1ヶ月の生活費」について、紹介します。

 

【本記事の内容】

① ブルガリア移住で、1ヶ月にかかった生活費【月4.5万円】

② ブルガリアでの物価高と、円安の影響について【+17%超】

③ まとめ:ヨーロッパの街並みの中で、自然も楽しみながら海外移住できる

 

2022年、ブルガリアで3か月間ほど暮らしました。

実際に生活して、かかった費用の実績を紹介していきますね。

 

① ブルガリア移住で、1ヶ月にかかった生活費【月4.5万円】

① ブルガリア移住で、1ヶ月にかかった生活費【月4.5万円】

① ブルガリア移住で、1ヶ月にかかった生活費【月4.5万円】

 

❶ 家賃 : 26,736円

❷ 電気代 : 1,344円

❸ 通信費(WiFi) : 0円(※家賃に込み)

❹ 食費 : 14,104円

❺ 日用品 : 419円

❻ 趣味・娯楽 : 2,470円

【合計 : 45,073円】

※1Lv(ブルガリアレフ) = 72円で計算

 

ブルガリア生活でかかった費用は、1ヶ月で「約4.5万円」でした。

3ヶ月住んだのですが、生活費は1ヶ月あたりの平均で計算しています。

 

結果として、思っていたよりも安く済んだ印象です。

それぞれ項目ごとにみていきますね。

 

❶ 家賃 : 26,736円

偶然に良い出会いがあり、家賃はかなり安くできました。

きれいなワンルーム(1K)のアパートメントを借りたのですが、広くてゆったり過ごせましたね。

 

家具付きなので、すぐに生活が可能です。

シャワーやトイレなどの水回りや、キッチンの設備も問題ありませんでした。

 

Airbnbで民泊の相場を見ると、やや高い相場になっています。

大家さんから直接借りられれば、安くなるケースが多いですね。

 

❷ 電気代 : 1,344円

個人的にあまり電気は使わなかったので、わりと安く済んでいます。

ただ、エネルギー料金の高騰とインフレの影響もあり、時間の経過とともに値上がりした印象ですね。

 

今回は私は使いませんでしたが、冬になり寒くなると暖房費がかさむので、寒い時期の電気代には注意が必要です。

(ちなみに、水道代など電気代以外の生活インフラの費用は、家賃に含まれています)

 

❸ 通信費(WiFi) : 0円(※家賃に込み)

アパートに備え付けのWiFiが使い放題だったので、通信費はかかりませんでした。

SIMカードも1,000円くらいで売っていましたが、なくても困らないので買わなかったですね。

 

外でWiFiが必要になった場合は、カフェに入れば使えます。

ブルガリアは日本よりもネット環境が安定していたので、つながらないストレスもなく良かったです。

 

❹ 食費 : 14,104円

食事は基本的に自炊して、外食はあまりしませんでした。

ブルガリアは食料自給率170%を超える農業国なので、新鮮な野菜や果物が安く手に入ります。

 

例えば、桃1kgが100円ちょっとで買えたりします。

自炊するのも楽しくなりましたね。

 

ビールやワインも安くて、2Lのビール(ペットボトル入り)が150円ほどでありました。

お酒好きの人なら、お得に飲めますよ。

 

※食料品やお酒など具体的な値段については、「【海外移住】ブルガリアの物価は安い?生活情報を公開【実体験】」をご覧ください。

 

 

❺ 日用品 : 419円

ティッシュやトイレットペーパーといった日用品の項目です。

日用品に関しては特に割安感はなく、やや高かった印象でしたね。

 

3か月間のため、それほど多くは必要ありません。

必要最低限の分だけ買ったので、わりと安く済んでいます。

 

❻ 趣味・娯楽 : 2,470円

いわゆる観光名所は以前に行ったことがあったし、今回は生活そのものを楽しみに行ったので、観光などはあまりしませんでした。

ヨーロッパの街並みの中をのんびり散歩したり、隣町へバスに乗って行くなど、お金をかけなくても十分楽しめます。

 

自然も豊かなので、ハイキングするのも良かったですね。

家の窓からの景色が違うだけでも新鮮に感じたし、充実して過ごせました。

 

② ブルガリアでの物価高と、円安の影響について【+17%超】

② ブルガリアでの物価高と、円安の影響について【+17%超】

② ブルガリアでの物価高と、円安の影響について【+17%超】

 

2022年以降は、世界で「インフレ(物価高)」が加速しました。

日本も海外ほどではないとはいえ、値上げラッシュが続いていますよね。

 

加えて「円安」も進行し、海外では円の価値が下がるので、割高になります。

ここで、インフレと円安の影響をどう感じたかも紹介しておきますね。

 

ブルガリアの消費者物価指数(CPI)は、+17%超

ヨーロッパの中でもブルガリアは物価の安い国ですが、かなりインフレ(物価高)が加速しています。

物の値段を示す指標である「消費者物価指数(CPI)」は、2022年7月以降は「+17%」を超えました。(CPIのデータは「ceicdata」参照)

 

2022年9月のCPIは「+18.7%」となり、かなり厳しい状況ですね。

日本は「+2~3%」ですが、比較して考えるとかなりの高さであることが分かると思います。

 

3ヶ月の生活の中でも、物価は上昇していた

ブルガリアでは家の近所のスーパーマーケットには、毎日のように行っていました。

売られていた食品の値段を見ていると、3ヶ月の間でも10円~20円とかちょっとずつ価格は上がっていましたね。

 

バスなどの公共交通機関も、値上がりしています。

治安が悪くなったといったことは感じませんでしたが、現地の人たちの生活への影響は大きいはずです。

 

円安で割高になったものの、そこまで影響は感じなかった

物価高の上に円安が重なり、日本円に直すとさらに割高になります。

USドルほどではないとはいえ、ブルガリアレフに対しても円安が進んでいます。(2022年10月現在では、1レフ=75円に下落)

 

ただ、ブルガリアは北欧や西欧など他のヨーロッパの国に比べて、もともとの物価が安い国です。

そのため「物価高+円安」の影響は、そこまで実感しなかったですね。

 

とはいえ、以前ほどの割安感がないことは、事実です。

外食すると簡単に1,000円~2,000円は超えるので、そのあたりは注意しておく必要がありますね。

 

③ まとめ:ヨーロッパの街並みの中で、自然も楽しみながら海外移住できる

③ まとめ:ヨーロッパの街並みの中で、自然も楽しみながら海外移住できる

③ まとめ:ヨーロッパの街並みの中で、自然も楽しみながら海外移住できる

 

本記事では、「ブルガリア移住での1ヶ月の生活費」を紹介しました。

ポイントをまとめます。

 

【ブルガリア移住で、1ヶ月にかかった生活費】

❶ 家賃 : 26,736円

❷ 電気代 : 1,344円

❸ 通信費(WiFi) : 0円

❹ 食費 : 14,104円

❺ 日用品 : 419円

❻ 趣味・娯楽 : 2,470円

【合計 : 45,073円】

※1Lv(ブルガリアレフ) = 72円で計算

 

【ブルガリアでの物価高と、円安の影響について】

・ブルガリアの消費者物価指数(CPI)は、「+17%」を超えている(日本は「+2~3%」)

・3ヶ月の生活の中でも、物価は上昇していた

・円安で割高になったものの、もともと物価が安い国なので、そこまで影響は感じなかった

 

私の場合は家賃を安くできたり、自炊中心の生活をしたので、思っていたよりも生活費はかかりませんでした。

外食や観光をもっと楽しむ場合は、さらに数万円は必要になると思います。

 

海外移住での生活は、家の近所をふらっと散歩するだけでも、十分楽しいんですよね。

ブルガリアはヨーロッパの街並みの中で、山など自然の風景も感じられます。

 

英語は通じにくいこともありますが、割安で充実した暮らしができました。

「ヨーロッパに移住してみたいけど、物価が高くて...」と悩んでいるなら、ブルガリアも考えてみてくださいね。

 

 

 

関連記事
【海外移住】割安に住む、家の探し方【リモートワークで中長期滞在】
【海外移住】割安に住む、家の探し方【リモートワークで中長期滞在】

  お悩み相談海外で数か月滞在するときの、割安に住める家の探し方を知りたいな。   こんにちは、キベリンブログです。 海外に中長期で滞在するなら、できるだけお得に住みたいですよね。 ...

続きを見る

関連記事
海外旅行で現金をお得に入手するには【両替方法とキャッシング】
海外旅行で現金をお得に入手するには【両替方法とキャッシング】

  お悩み相談海外でお得に両替するには、どこでするのがいいんだろう?   こんにちは、キベリンブログです。 旅行や移住で海外に行ったら、現地のお金が必要ですよね。 今回は、「海外で ...

続きを見る

関連記事
海外転職に強いおすすめ転職エージェント3選【体験談】
海外転職に強いおすすめ転職エージェント5選【経験者が語る】

  お悩み相談海外転職に挑戦したいけど、まずはエージェントに相談してみたいな。 海外転職に強い転職エージェントを知りたいです。   こんにちは、キベリンブログです。 昔と比べて一般 ...

続きを見る

 

-海外転職・移住, ブルガリア移住
-,

© 2020 Kiberin Blog