失業保険 失業保険ノウハウ

【失業保険】ハローワークの紹介状と、もらい方【急ぐ時の対処法】

【失業保険】ハローワークの紹介状と、もらい方【急ぐ時の対処法】

 

お悩み相談
ハローワークの紹介状って、どんなものなの?
もらい方も知りたいな。

 

こんにちは、キベリンブログです。

ハローワークの求人に応募するには、「紹介状」が必要です。

今回は、「ハローワークの紹介状の目的と、もらい方」について紹介します。

 

【本記事の内容】

① ハローワークの紹介状とは【求人応募に必要だけど、有利にはならない】

② ハローワークの紹介状のもらい方【職業相談からの職業紹介】

③ まとめ:紹介状はハロワからの応募で必要。同じ求人は転職サイトでも調べてみよう

 

失業保険は3回受給する中で、継続してハローワークを利用してきました。

経験から、紹介状のポイントを語っていきますね。

 

① ハローワークの紹介状とは【求人応募に必要だけど、有利にはならない】

① ハローワークの紹介状とは【求人応募に必要だけど、有利にはならない】

① ハローワークの紹介状とは【求人応募に必要だけど、有利にはならない】

 

ハローワークの紹介状は、ハローワークの求人に応募する場合に必要となる書類です。

実際には、「どの求職者が、どこの会社に応募して、選考結果はどうだったのか?」をハローワークが把握するために使われます。

 

紹介状は応募先の会社に、応募書類と一緒に提出します。

 

紹介状の具体的な内容とは

・「提出用(表裏あり)」と「本人控え」で2部にわかれている

・表面がいわゆる「紹介状」で、あなたを応募先に紹介する文が書かれている

・裏面は「選考結果通知用」で、応募先がハローワークに選考結果を通知する目的で使う

・紹介状には何も記入する必要はなく、そのまま応募先に提出すればOK

 

紹介状の構成は、上記のとおりです。

応募先には「提出用」を渡し、「本人控え」は選考結果が出るまで保管しておきます。

 

書類選考がある場合は、応募書類に同封して送る必要があります。

事前の選考などがなければ、面接時に渡せばOKです。

 

紹介状があっても、就職に有利になることはない

ハローワークの求人は、ハローワークだけで掲載されているとは限りません。

同じ求人が、「転職サイト(リクナビNEXTなど)」でも載っていることもあります。

 

例えば、リクナビNEXT から応募するときは、たとえ同じ求人でも紹介状は不要です。

「紹介状があると、選考で有利になるのかな??」と思ったりもしますよね。

 

でも、特別に有利になることはありません。

そもそもハローワークの紹介状は、利用登録さえしていれば、誰でも簡単にもらえるものです。

 

紹介状は、ハローワークが管理の意味合いで発行している目的が強いですね。

 

給付制限の最初の1か月間のみ、再就職手当の受給に影響する

ハローワークから紹介状をもらうメリットとしては、失業保険の「再就職手当」の受給ですね。

再就職手当の条件の1つに、「自己都合退職による給付制限の最初の1か月間は、ハローワーク or 職業紹介事業者の紹介で就職していること」という内容があります。

 

ただ、あくまで「給付制限の最初の1か月だけ」です。

その1か月間に就職が決まった場合、ハローワークから紹介状をもらって応募すれば、再就職手当の対象になります。

 

もう一方の「職業紹介事業者」とは「転職エージェント」のことで、転職エージェントで紹介状は不要ですが、この場合も再就職手当がもらえます。

ハローワークより転職エージェントでの求人の方が質が良いので、再就職手当も受給できておすすめですね。

 

【おすすめ転職エージェント 3選】

リクルートエージェント : 業界の最大手で、多くの人が最初に利用するエージェント。案件が豊富かつ対応の素早いサポートを受けられ、登録後に使えるマイページも充実している。

dodaエージェントサービス : 非公開求人を含む約10万件の求人があり、特にITエンジニアの求人が豊富。他のエージェントにはない外資系や海外勤務案件まで、広くカバーしている。

マイナビエージェント : 20代~30代に評価されており、業界に応じた専任の担当者がつく。面談時の対応は丁寧な印象があり、案件の紹介もスムーズ。

 

関連記事
転職エージェントの利用の流れ・リスク回避方法を解説【実体験】
転職エージェントの利用の流れとリスク回避方法を解説【実体験】

  お悩み相談知り合いが転職エージェントを使って転職したって聞いたけど、どんなサービスなんだろう? 利用方法や注意点を知りたいな。   こんにちは、キベリンブログです。 転職活動で ...

続きを見る

 

② ハローワークの紹介状のもらい方【職業相談からの職業紹介】

② ハローワークの紹介状のもらい方【職業相談からの職業紹介】

② ハローワークの紹介状のもらい方【職業相談からの職業紹介】

 

前のパートでは、ハローワークの紹介状の内容を紹介しました。

ここで、「紹介状のもらい方」を説明していきますね。

 

職業相談の中で「職業紹介」を受けると、紹介状がもらえる

ハローワークの求人から応募したい求人が見つかったら、ハローワークで職業相談を受けます。

事前に求人票を印刷しておくとスムーズですね。(ハローワークの求人検索機で印刷できます)

 

応募先に連絡を取り、詳しい条件や面接の予約、応募書類の送付方法を案内してくれます。

これが「職業紹介サービス」ですね。

 

応募先に確認後、紹介状が発行されます。

 

ただ注意点として、ハローワークで職業相談するのに待つことがあります。

混雑するほど待ち時間も長くなるので、時間には注意してくださいね。

 

※職業相談の利用方法は、「【職業相談】求職活動実績の簡単な作り方と質問例【失業保険】」をご覧ください。

 

職業紹介は、一部のハロワで「平日夜間 or 土曜」も電話でOK(紹介状は郵送)

紹介状は、職業紹介を受けるともらえます。

職業紹介は、一部のハローワークで「平日夜間(17時15分~19時)」「土曜(10時~17時)」もやっているんですよね。

 

ただし、平日夜間と土曜の受付は「電話だけ」なので、ハローワークへ行っても入れません。

電話で紹介状の発行を依頼すると、紹介状は翌営業日以降に自宅へ郵送してくれます。

 

東京都内のハローワークの例だと、以下の輪番制のような予定で職業紹介サービスを受けています。(画像は東京労働局のHPから引用)

予定は月末に更新されるので、利用するときは事前に確認してくださいね。

 

都内ハローワークの平日夜間と土曜の職業紹介サービスの予定表(一例)

都内ハローワークの平日夜間と土曜の職業紹介サービスの予定表(一例)

 

紹介状をもらう時間がなければ、転職サイトで同じ求人を探してみる

せっかく希望の求人が見つかっても、「紹介状の発行まで待つ時間がない!」「紹介状をもらうのが面倒...。」ということもありますよね。

そういったときは、「リクナビNEXT」などの転職サイトで検索してみましょう。

 

前のパートでも紹介しましたが、求人の掲載はハローワークだけではありません。

同じ求人が、転職サイトにも載っていたりします。

 

紹介状が必要なのは、「ハローワークから応募するときだけ」です。

「早め + 簡単」に応募したい場合は、まず転職サイトをチェックしてみてくださいね。

 

※失業手当の受給で効率よく求職活動実績を作る方法は、「【失業保険】求職活動実績を1日で2回作るには?当日の作り方を解説」で紹介しています。

 

③ まとめ:紹介状はハロワからの応募で必要。同じ求人は転職サイトでも調べてみよう

③ まとめ:紹介状はハロワからの応募で必要。同じ求人は転職サイトでも調べてみよう

③ まとめ:紹介状はハロワからの応募で必要。同じ求人は転職サイトでも調べてみよう

 

本記事では、「ハローワークの紹介状の目的と、もらい方」を紹介しました。

ポイントをまとめます。

 

【紹介状の具体的な内容とは】

・「提出用(表裏あり)」と「本人控え」で2部にわかれている

・表面がいわゆる「紹介状」で、あなたを応募先に紹介する文が書かれている

・裏面は「選考結果通知用」で、応募先がハローワークに選考結果を通知する目的で使う

・紹介状には何も記入する必要はなく、そのまま応募先に提出すればOK

 

【紹介状のもらい方】

・職業相談の中で「職業紹介」を受けると、紹介状がもらえる

・職業紹介は、一部のハロワで「平日夜間 or 土曜」も電話でOK(紹介状は郵送)

・紹介状をもらう時間がなければ、転職サイトで同じ求人を探してみる

 

紹介状は、ハローワークから求人に応募するときに必要です。

意味合いとしては、ハローワークが情報を把握するために使われる目的が強いですね。

 

紹介状があっても、特に選考で有利にはなりません。

応募したい求人がハローワークにしかなければ、紹介状をもらう必要があります。

 

でも同じ求人が「リクナビNEXT」にも掲載されているなら、紹介状なしでも応募が可能です。

早めかつ簡単に応募したいときは、転職サイトも調べてみてくださいね。

 

 

関連記事
【失業保険】求職活動実績を1日で2回作るには?当日の作り方を解説
【失業保険】求職活動実績を1日で2回作るには?当日の作り方を解説

  お悩み相談明日が失業認定日だったこと忘れてた! 求職活動実績が2回ないと失業保険がもらえないよ...どうしよう!?   こんにちは、キベリンブログです。 認定日を忘れていて、求 ...

続きを見る

関連記事
失業認定申告書の書き方を求職活動実績の記入例で解説【失業保険】
失業認定申告書の書き方を求職活動実績の記入例で解説【失業保険】

  お悩み相談失業認定申告書の書き方を、求職活動実績の方法別に教えて欲しいです。   こんにちは、キベリンブログです。 失業保険をもらうには、認定日にハローワークへ出す「失業認定申 ...

続きを見る

関連記事
セミナーも求職活動実績に!【ハローワークvs転職エージェント】
セミナーも求職活動実績に!【ハローワークvs転職エージェント】

  お悩み相談就職支援セミナーの受講も求職活動実績になるんだ! 受け方とか注意点を知っておきたいな。   こんにちは、キベリンブログです。 失業保険は求職活動実績が必要ですが、セミ ...

続きを見る

 

-失業保険, 失業保険ノウハウ
-, ,

© 2020 Kiberin Blog