失業保険 求職活動実績・認定日

就職したくない時でも、失業保険はもらえる?【結論は求職活動実績】

就職したくない時でも、失業保険はもらえる?【結論は求職活動実績】

 

お悩み相談
まだ就職したくないけど、失業保険って受給できるのかな?

 

こんにちは、キベリンブログです。

今すぐは就職したくないとき、失業保険はもらえるのか気になりますよね。

今回は、「就職したくないときでも、失業保険は受給できる」件について、紹介します。

 

【本記事の内容】

① 失業保険は、就職したくない時でも受給できる【結論は求職活動実績】

② 求職活動実績を作る方法とは【3つのおすすめ】

③ まとめ:失業保険がもらえるかは、求職活動実績で決まる

 

失業保険は3回受給してきました。

経験から、受給に必要な条件を語っていきますね。

 

① 失業保険は、就職したくない時でも受給できる【結論は求職活動実績】

① 失業保険は、就職したくない時でも受給できる【結論は求職活動実績】

① 失業保険は、就職したくない時でも受給できる【結論は求職活動実績】

 

結論ですが、「求職活動実績があれば、失業保険は受給できる」ということになります。

具体的には、認定日までに2回以上(初回認定日のみ1回以上)の求職活動実績があればOKです。

 

前提として、失業保険の目的は再就職をめざす人の支援

失業保険は、再就職をめざす人を支援する制度です。

つまり、「就職しようとする意思があること」が条件なんですよね。

 

意思の確認として、「求職活動実績」が必要とされている

とはいえ、ハローワークの担当者が「意思」を確認するのは難しいのが実情です。

他人の心中をはっきり読み取るなんて、できないですよね。

 

そこで、意思を確認する代わりに「求職活動実績」が必要とされています。

具体的な実績なら証拠に残るし、ハローワークの担当者にも判断できますよね。

 

求職活動をしたふりや嘘の申告は、不正受給になる

ここで注意しておくことは、「求職活動を行ったふりや嘘の申告は、不正受給になる」ということです。

非常に厳しい罰則があり、簡単にいうと「3倍返し」をしなければなりません。

 

「わざわざ確認しないし、どうせバレないでしょ?」と思ったりもしますよね。

ところがハローワークは調査を行っていて、不正の発覚は少なくありません。

 

求職活動実績で嘘をつくことは、かなりリスクが高いので止めておきましょう。

 

※不正受給の調査と罰則の詳しい内容は、「不正受給は3倍返しの罰金が待っている【嘘はバレる】」で紹介しています。

関連記事
【失業保険】不正受給は3倍返しの罰金が待っている【嘘はバレる】
【失業保険】不正受給は3倍返しの罰金が待っている【嘘はバレる】

  お悩み相談認定日は明日だけど、求職活動してない...。 適当に求職活動実績を書いてもバレないでしょ??   こんにちは、キベリンブログです。 「失業認定申告書の内容なんて、どう ...

続きを見る

② 求職活動実績を作る方法とは【3つのおすすめ】

② 求職活動実績を作る方法とは【3つのおすすめ】

② 求職活動実績を作る方法とは【3つのおすすめ】

 

このパートでは、求職活動実績を作る方法を紹介していきます。

なお、「ハローワークやネットでの求人検索」や「転職サイトの登録だけ」では、実績になりません。

 

なので、あまりに簡単すぎる方法はないんですよね。

そこを踏まえた上で、紹介する方法を見てみてください。

 

【求職活動実績を作る、おすすめの方法】

・方法1 : ハローワークの職業相談

・方法2 : リクナビNEXT からの求人応募

・方法3 : 転職エージェント(リクルートエージェントdodaエージェントサービス など)の登録面談

 

方法1 : ハローワークの職業相談

ハローワークでは、無料で職業相談を受け付けています。

就職に関することなら何でも相談できるので、簡単に求職活動実績を作れます。

 

【ハローワークの職業相談でのポイント】

・特別な準備はいらず、相談する内容だけ考えておけばOK

・何回でも相談できるが、就職の意思を疑われないよう同じ質問は繰り返さない

・1日に複数回の職業相談を繰り返しても、求職活動実績は1回分のみ

 

※職業相談の詳細は、「【職業相談】求職活動実績の簡単な作り方と質問例【失業保険】」で紹介しています。

関連記事
【職業相談】求職活動実績の簡単な作り方と質問例【失業保険】
【職業相談】求職活動実績の簡単な作り方と質問例【失業保険】

  お悩み相談失業保険をもらうには、求職活動実績が必要だよね。 簡単に作れる方法って何だろう...??   こんにちは、キベリンブログです。 失業保険をもらうための求職活動実績は、 ...

続きを見る

 

方法2 : リクナビNEXT からの求人応募

リクナビNEXT などインターネットでの求人応募でも、実績になります。

家ですぐにでも活動できる方法なので、最も早くできますね。

 

リクナビNEXT の求人応募でのポイント】

・応募後に面接を辞退しても実績になるが、取り消されるような非常識な理由は避ける

・自宅から休日でも応募できるので、場所と時間を選ばず実績になる

・求職活動実績は「1社の応募につき、応募時点で1回」なので、1日に2社応募すれば2回になる

 

※求人応募までの手順は、「【失業保険】求職活動実績を1日で2回作るには?当日の作り方を解説」をご覧ください。

関連記事
【失業保険】求職活動実績を1日で2回作るには?当日の作り方を解説
【失業保険】求職活動実績を1日で2回作るには?当日の作り方を解説

  お悩み相談明日が失業認定日だったこと忘れてた! 求職活動実績が2回ないと失業保険がもらえないよ...どうしよう!?   こんにちは、キベリンブログです。 認定日を忘れていて、求 ...

続きを見る

 

方法3 : 転職エージェントの登録面談

転職エージェント(リクルートエージェントdodaエージェントサービス など)の登録面談は、実績になります。

本気で就職を目指すときに、効率よく求職活動実績も稼げます。

 

【転職エージェントの登録面談でのポイント】

・サイトでの登録だけでは実績にならないが、面談すれば実績になる(電話面談でもOK)

・ハローワークの職業相談員よりも知識とスキルがあり、転職市場での相場も知れる

・求人の質がハローワークよりも良く、就職に失敗したくない人に向いている

 

※転職エージェントの利用については、「転職エージェントの利用の流れとリスク回避方法を解説【実体験】」を参考にしてみてくださいね。

関連記事
転職エージェントの利用の流れ・リスク回避方法を解説【実体験】
転職エージェントの利用の流れとリスク回避方法を解説【実体験】

  お悩み相談知り合いが転職エージェントを使って転職したって聞いたけど、どんなサービスなんだろう? 利用方法や注意点を知りたいな。   こんにちは、キベリンブログです。 転職活動で ...

続きを見る

③ まとめ:失業保険がもらえるかは、求職活動実績で決まる

③ まとめ:失業保険がもらえるかは、求職活動実績で決まる

③ まとめ:失業保険がもらえるかは、求職活動実績で決まる

 

本記事では、「就職したくないときでも、失業保険は受給できる」件を紹介しました。

ポイントをまとめます。

 

【失業保険が受給できるポイント】

・失業保険は、「就職しようとする意思があること」が受給の条件

・意思を確認する代わりに、証拠が残る「求職活動実績」が必要とされている

・求職活動をしたふりや嘘の申告は、不正受給となり「3倍返し」の罰則がある

 

【求職活動実績を作る、おすすめの方法】

・方法1 : ハローワークの職業相談

・方法2 : リクナビNEXT からの求人応募

・方法3 : 転職エージェント(リクルートエージェントdodaエージェントサービス など)の登録面談

 

繰り返しですが、失業保険は「就職しようとする意思があること」が受給の条件となる制度です。

とはいえ、意思の確認は難しいので、代わりに「求職活動実績」で判断しているんですよね。

 

今は就職したくなくても、認定日までに2回以上の求職活動実績があれば、失業保険はもらえます。

紹介した求職活動のうち、あなたに合う方法を行ってみてくださいね。

 

関連記事
【失業保険】求職活動実績を1日で2回作るには?当日の作り方を解説
【失業保険】求職活動実績を1日で2回作るには?当日の作り方を解説

  お悩み相談明日が失業認定日だったこと忘れてた! 求職活動実績が2回ないと失業保険がもらえないよ...どうしよう!?   こんにちは、キベリンブログです。 認定日を忘れていて、求 ...

続きを見る

人気記事 転職エージェントの利用の流れとリスク回避方法を解説【実体験】

人気記事 失業認定申告書の書き方を求職活動実績の記入例で解説【失業保険】

-失業保険, 求職活動実績・認定日
-

© 2020 Kiberin Blog