賃貸契約・退去 生活ハック

【経験談】敷金を取り返す内容証明郵便と送り方【e内容証明で簡単】

2021/01/26

【経験談】敷金を取り返す内容証明郵便と送り方【e内容証明で簡単】

 

お悩み相談
管理会社がぼったくりの退去費用を請求してきて、敷金が返ってこない...。
泣き寝入りはしたくないけど、返してもらうにはどうすればいいんだろう?

 

こんにちは、キベリンブログです。

敷金を返してもらえないトラブルは、本当に多くてシンドイですよね。

今回は、「敷金を取り返すための内容証明郵便と送り方」について、解説します。

 

【本記事の内容】

① 敷金返還請求の内容証明郵便とは?【裁判も辞さない本気度が伝わる】

② 内容証明郵便は、オンラインのe内容証明が安くて簡単【Wordで作れる】

③ e内容証明での配達までの流れ【翌日には配達された】

④ e内容証明の文書は、Microsoft Word での作成が必要【互換ソフトはエラーあり】

⑤ まとめ:内容証明郵便なら、敷金を取り戻す本気度が伝わる【証拠になる】

 

不当な退去費用を請求され敷金を返してもらえなかったので、返還を求める内容証明郵便を送りました。

経験から、本気度が伝わる内容証明郵便の送り方を、紹介していきます。

 

① 敷金返還請求の内容証明郵便とは?【裁判も辞さない本気度が伝わる】

① 敷金返還請求の内容証明郵便とは?【裁判も辞さない本気度が伝わる】

① 敷金返還請求の内容証明郵便とは?【裁判も辞さない本気度が伝わる】

 

賃貸で借りていた部屋を退去すると、普通に使っていれば返してもらえるのが「敷金」です。

ですが、クリーニング代などを不当に請求されて、敷金を満額きっちり返してもらえないことが多いですよね。

 

そんなとき、効力を発揮する手段として使えるのが「内容証明郵便」です。

内容証明郵便とは「送った内容が証拠としての証明になる」、郵便局のサービスです。

 

【内容証明郵便を送る目的】

・「いつ」「誰から誰に」「どんな内容か」が証拠に残るので、言い逃れできない

・訴訟の前段階の位置付けとされているので、相手に本気度が伝わる

・裁判の証拠書類として有効

 

「いつ」「誰から誰に」「どんな内容か」が証拠に残るので、言い逃れできない

電話だと「そんなこと言われてない」と主張されたり、メールや普通の郵便だと「そんなの見ていない」と言われたら、証明が難しいですよね。

内容証明郵便を送ると、そういった「言い逃れ」ができなくなります。

 

なぜなら、内容証明郵便は第三者である郵便局が、配達の記録と文書の内容を証拠として証明してくれるからですね。

なので、敷金の返還請求や未払い金の督促などで、よく使われています。

 

訴訟の前段階の位置付けとされているので、相手に本気度が伝わる

内容証明郵便は、一般的に訴訟の前段階の位置付けとされています。

「内容証明郵便を送って敷金を返さなければ、次は法的措置(訴訟)を取るぞ」ということを示すことになるんですよね。

 

要するに、相手に本気度が伝わります。

心理的な圧力も加わるので、有効な手段ですね。

 

裁判の証拠書類として提出できる

内容証明郵便は、証拠力の強い書類です。

もし送っても敷金をきちんと返してもらえない場合、次は法的措置を取る流れが一般的です。

 

内容証明郵便は、裁判で証拠書類として提出できます。

受け取った日付も証明できるので、期限の日付などの目安にしやすいですね。

 

※賃貸契約でぼられる要因は、【クリーニング特約】賃貸契約で退去時にぼられる理由と特約の交渉術」をご覧ください。

 

② 内容証明郵便は、オンラインのe内容証明が安くて簡単【Wordで作れる】

② 内容証明郵便は、オンラインのe内容証明が安くて簡単【Wordで作れる】

② 内容証明郵便は、オンラインのe内容証明が安くて簡単【Wordで作れる】

 

内容証明郵便は、郵便局のサービスです。

送り方として、以下の2通りがあります。

 

【内容証明郵便の送り方】

e内容証明(電子内容証明サービス)で送る

・郵便局の窓口から送る

 

どちらが良いかですが、圧倒的に「e内容証明」がおすすめです。

なぜなら、以下のメリットがあるからですね。

 

【e内容証明をおすすめする理由】

・郵便局に行く手間がかからない(オンラインで24時間受付可能)

・字数や行数の制限を気にする必要がない(ダウンロードした Word の雛形ファイルに書くだけ)

・料金が郵便局の窓口で送るより、多くのケースで安くなる(1,220円 + 配達証明 320円)

 

郵便局に行く手間がかからない(オンラインで24時間受付可能)

郵便局の窓口から送る方法だと、取り扱える郵便局も限られています。

行く手間や窓口での待ち時間も考えると、ちょっと面倒ですよね。

 

e内容証明なら、Word で作成して文書をアップロードするだけで、内容証明郵便として配達してくれます。

印刷や封筒も必要ないので、とにかくラクですね。

 

字数や行数の制限を気にする必要がない(ダウンロードした Word の雛形ファイルに書くだけ)

郵便局の窓口から送る場合、「1行26字以内」「1枚に20行以内」といった制限があります。

制限を気にしつつ書くのは、かなりうっとうしいですよね。

 

その点でe内容証明なら、こういった字数制限はありません。

ダウンロードできる雛形ファイル」があり、Word で文書を書いていくだけでOKです。

 

料金が郵便局の窓口で送るより、多くのケースで安くなる(1,220円 + 配達証明320円)

一定の文字数で比較すると、料金はe内容証明の方が安くなります。

【料金の比較】

・e内容証明(1,500字:1枚) : 1,220円

・郵便局窓口(1,500字:3枚) : 1,479円

 

郵便局の窓口から出すと、字数制限で1枚あたりの字数が「520字」となり枚数が多くなります。

2枚以下であれば、郵便局窓口からの方が安くなりますね。

 

ただ、敷金返還請求の文書では、改行とか考慮しても、だいたい3枚分の字数にはなります。

仮に数百円ほど高くなる場合でも、手間や面倒を考えれば、圧倒的にe内容証明の方がラクですね。

 

配達した事実を証明するには、「配達証明(320円)」のオプションをつける必要があります。

(受取人への配達が完了すると、いつ受け取ったかを証明する配達証明書が差出人に届く)

配達証明書も裁判で証拠として使えるので、受取人は「そんなの受け取っていない」などと言い逃れできなくなります。

同時に利用するのが一般的なので、配達証明も付けておきましょう。

 

※内容証明郵便の具体的な書き方とテンプレート・文例は、「【テンプレ】内容証明郵便(敷金返還請求)の書き方【依頼不要】」をご覧ください。

関連記事
【テンプレ】内容証明郵便(敷金返還請求)の書き方【依頼不要】
【テンプレ】内容証明郵便(敷金返還請求)の書き方【依頼不要】

  お悩み相談敷金を取り返すために内容証明郵便を送りたいけど、書き方が分からないよ...。   こんにちは、キベリンブログです。 内容証明郵便は文字数や使える文字が決まっていたりす ...

続きを見る

 

③ e内容証明での配達までの流れ【翌日には配達された】

③ e内容証明での配達までの流れ【翌日には配達された】

③ e内容証明での配達までの流れ【翌日には配達された】

 

e内容証明の利用から発送までの流れを、解説していきます。

 

【e内容証明の発送までの流れ】

1. 「e内容証明のWebサイト」で、「新規利用登録」する(メールアドレスがあればOK)

2. Word で作成した内容証明文書をアップロードし、差出人と受取人を登録する(「かんたん差出し」を利用)

3. 料金をクレジットカードで支払う(1,220円 + 配達証明 320円)

(※あなたの作業は「1~3」までで、以降の「4~6」は郵便局側の作業です)

4. 郵便局が、アップロードされた文書を封入して内容証明郵便として発送する

5. 受取人あてに一般書留で正本が、差出人あてに簡易書留で謄本が配達される

6. 差出人に配達証明書が届く

 

私が利用したときは、上記「1~3」までは「10分ほど」で完了できました。(内容証明文書の作成時間は除く)

手続きの翌日には、自分と受取人に配達されたので、かなり早かったですね。

 

料金の支払い方法は、クレジットカード以外にも料金後納が利用できます。

ただし、料金後納は承認が必要でちょっと面倒なので、クレジットカードでの支払いがおすすめですね。

 

④ e内容証明の文書は、Microsoft Word で作成が必要【互換ソフトはエラーあり】

④ e内容証明の文書は、Microsoft Word で作成が必要【互換ソフトはエラーあり】

④ e内容証明の文書は、Microsoft Word で作成が必要【互換ソフトはエラーあり】

 

ここで、e内容証明で文書を作るにあたって、注意点を書いておきます。

それは、雛形ファイル から「Microsoft Word」で作成する(拡張子は「.docx」)必要があることです。

 

Office Online や無料互換ソフトでは難しい?【エラーでアップロードできず】

e内容証明でサポートしている文書は、「Microsoft Word で作成されたファイル」と規定されています。

(Microsoft Word 2010, 2013, 2016, 2019 を規定)

 

でも、使っている PC に Word を入れていない人も多いですよね。

そこで、「Office Online(Word Online)」「無料のWord互換ソフト」でも可能なのか、いくつか試してみました。

 

ですが、そういった互換ソフトで保存したファイル(.docx)では、アップロード時にエラーとなり、手続きができませんでした。

内容証明文書は、雛形ファイル から「Microsoft Word で作成したファイル(.docx)」をアップロードしましょう。

 

※内容証明郵便を送っても誠実な対応がなければ、次は少額訴訟の段階です。

手続きなどの詳細は、「【弁護士不要】少額訴訟で敷金を取り戻す!やり方解説【1日で終了】」を参考にしてみてください。

 

⑤ まとめ:内容証明郵便なら、敷金を取り戻す本気度が伝わる【証拠になる】

⑤ まとめ:内容証明郵便なら、敷金を取り戻す本気度が伝わる【証拠になる】

⑤ まとめ:内容証明郵便なら、敷金を取り戻す本気度が伝わる【証拠になる】

 

本記事では、「敷金を取り返すための内容証明郵便と送り方」を紹介しました。

ポイントをまとめます。

 

【内容証明郵便を送る目的】

・「いつ」「誰から誰に」「どんな内容か」が証拠に残るので、言い逃れできない

・訴訟の前段階の位置付けとされているので、相手に本気度が伝わる

・裁判の証拠書類として有効

 

【e内容証明をおすすめする理由】

・郵便局に行く手間がかからない(オンラインで24時間受付可能)

・字数や行数の制限を気にする必要がない(ダウンロードした Word の雛形ファイルに書くだけ)

・料金が郵便局の窓口で送るより、多くのケースで安くなる(1,220円 + 配達証明 320円)

 

【e内容証明の発送までの流れ】

1. 「e内容証明のWebサイト」で、「新規利用登録」する(メールアドレスがあればOK)

2. Word で作成した内容証明文書をアップロードし、差出人と受取人を登録する(「かんたん差出し」を利用)

3. 料金をクレジットカードで支払う(1,220円 + 配達証明 320円)

(※あなたの作業は「1~3」までで、以降の「4~6」は郵便局側の作業です)

4. 郵便局が、アップロードされた文書を封入して内容証明郵便として発送する

5. 受取人あてに一般書留で正本が、差出人あてに簡易書留で謄本が配達される

6. 差出人に配達証明書が届く

 

繰り返しですが、内容証明郵便を送ることは「法的措置(訴訟)の前段階」の意味合いが強いです。

なので、敷金を取り返すための本気度が伝わりやすいですね。

 

ただ、内容証明郵便に法的な拘束力はなく、応じるかどうかは相手次第です。

何の対応もなく、無視されることもあります。

 

そうなったら、次は法的措置(訴訟)の段階になります。

ですが、内容証明郵便はムダではなく、裁判での証拠書類として有効に使えますよ。

 

内容証明郵便は、証拠力の強い書類です。

受取人は「そんな内容は受け取っていない!」と、言い逃れはできません。

 

e内容証明を使えば、内容証明郵便がオンラインで簡単に送れます。

泣き寝入りせず、敷金を取り戻しましょう!

 

 

関連記事
【敷金返還訴訟】裁判をひとりで起こした話【経験談】
【敷金返還訴訟】裁判をひとりで起こした話【経験談】

  お悩み相談敷金を返してもらえなくて困っているけど、裁判を起こしたらどんな感じなんだろう? 不安だから、実際の裁判の流れとか知りたいです。   こんにちは、キベリンブログです。 ...

続きを見る

関連記事
【賃貸の記事一覧】部屋探し・契約・退去の手順まとめ【対策必須】
【賃貸の記事一覧】部屋探し・契約・退去の手順まとめ【対策必須】

  お悩み相談ひとり暮らし初めてなんだけど、賃貸の契約とか難しそう...。 どんなことに注意しておけばいいのかな?   こんにちは、キベリンブログです。 契約書の内容は難しかったり ...

続きを見る

 

-賃貸契約・退去, 生活ハック
-

© 2020 Kiberin Blog