ライフスタイル 生活ハック

【効果大】水泳を運動習慣に選ぶ3つの理由【時短・手間・不快感】

【効果大】水泳を運動習慣に選ぶ3つの理由【時短・手間・不快感】

 

お悩み相談
まったく運動してないし、ダイエットしなきゃ..。
でもどんな運動なら、ラクに続けられるかな?

 

こんにちは、キベリンブログです。

健康や美容のためにも、運動の習慣はつけておきたいですよね。

今回は、「水泳を運動習慣に選ぶ3つの理由」について、紹介します。

 

【本記事の内容】

① 水泳を運動習慣に選ぶ3つの理由とは【時短・手間・不快感】

② 水泳で必要なものは、4つだけ【1年中変わらない】

③ まとめ:1日10分でも効果が出る水泳なら、無理なく続けられる

 

水泳を運動の習慣にして、9年以上になります。

実体験から、水泳のメリットを語っていきますね。

 

① 水泳を運動習慣に選ぶ3つの理由とは【時短・手間・不快感】

① 水泳を運動習慣に選ぶ3つの理由とは【時短・手間・不快感】

① 水泳を運動習慣に選ぶ3つの理由とは【時短・手間・不快感】

 

水泳は、ダイエットや美容にも効果が大きいと言われています。

例えば女優の吉永小百合さんは70歳を超えても美しいですが、その秘訣は「水泳を毎日続けていること」にあるそうです。

 

陸上で行う運動よりも、水泳にはたくさんの効果があるんですよね。

そんな中で、私が運動に水泳を選ぶ理由を紹介していきます。

 

【運動に水泳を選ぶ、3つの理由】

・他の運動より短時間でカロリー消費でき、バランスよく筋肉がつく

・洗濯物が出ないので、運動後の手間がかからない

・気候に左右されず、水中のリラックス効果もあり不快感がない

 

他の運動より短時間でカロリー消費でき、バランスよく筋肉がつく

水泳は消費カロリーが大きいことが特徴です。

例えば、1時間のウォーキングで「約150kcal」を消費しますが、水泳はゆっくりのクロールで「約500kcal」も消費します。(体重55kgの女性の例)

 

また、バランスよく美しい筋肉がつきます。

水泳選手の身体つきを見ると、きれいな逆三角形の体型ですよね。

 

こういった特徴を含め、水泳で得られる効果は以下のとおりです。

【水泳の効果】

・カロリー消費が大きい

・全身にバランスよく筋肉がつく

・美しい体型になる

・有酸素運動と筋力トレーニングの両方を備えている

・基礎代謝が上がる

・心肺機能が向上する

・ケガしにくい

 

1回に泳ぐ時間が10分とか短時間でも、続ければたくさんの効果を実感できます。

年齢を問わずできることも、習慣化しやすいポイントですね。

 

洗濯物が出ないので、運動後の手間がかからない

ランニングや筋トレのような運動だと、どうしても汗をかきますよね。

着ている服や下着は汗とニオイが染みつくので、放置しておくわけにもいきません。

 

特に冬はTシャツと短パンというわけにもいかないので、トレーニングウェアの洗濯物が多くなります。

水泳を始める前はジョギングをしていたのですが、「毎回の運動後の洗濯」は時間もかかるし、面倒だったんですよね。

 

一方で水泳の場合は、着ている服は「水着だけ」です。

水中での運動なので、水着が汗まみれになることはなく、あまり汚れることもありません。

 

泳いだ後は、シャワーを浴びるついでに水ですすげば清潔に保てるし、たまに洗濯機で洗えば十分です。

運動後の手間が圧倒的にラクになるのは、続ける上でも大きなポイントになりますよ。

 

気候に左右されず、水中のリラックス効果もあり不快感がない

ジョギングなど外でする運動は、気候や天候が大きく影響しますよね。

夏は暑すぎて厳しいし、雨や風がひどいときは運動できないこともあります。

 

「ジムなら屋内でエアコンも効いてるから大丈夫」と思うかもしれませんが、季節によって温度や湿度が気になったりするんですよね。

スペースがあまり広くないのも、開放感に欠けます。

 

一方で温水プールで行う水泳は、気候に左右されることがありません。

夏でも冬でも、不快感がまったくないんですよね。

 

水中は陸上よりも低負荷のため、リラックスしながら運動できます。

プールは最低でも25mあるので、屋内でも空間が広いのはメリットですね。

 

※プールのあるスポーツジムを利用すると、実は節約にもつながります。

詳しくは「【節約+掃除+健康】スポーツジムの5つのメリットとは【風呂不要】」をご覧ください。

 

② 水泳で必要なものは、4つだけ【1年中変わらない】

② 水泳で必要なものは、4つだけ【1年中変わらない】

② 水泳で必要なものは、4つだけ【1年中変わらない】

 

習慣的な運動で水泳を選ぶメリットに、「必要なものが少ない」こともあります。

季節による暑さや寒さに影響されないので、ウェアが増えたりしないんですよね。

 

スポーツジムなどでのプールで必要なものは、「4つだけ」です。

これさえあれば始められるので、紹介していきますね。

 

【水泳に必要な4つの持ち物】

❶ 水着(スイムウェア)

❷ スイムキャップ

❸ ゴーグル

❹ タオル

 

順番にみていきましょう。

 

❶ 水着(スイムウェア)

・男性用:オーソドックスな「ハーフスパッツ」と、短めの「ボックスタイプ」

・女性用:上下が分かれた「セパレートタイプ」と、一体型の「ワンピースタイプ」

 

男性用・女性用ともに、大きく2種類の水着があります。

男性なら膝上まである「ハーフスパッツ」を選べばOKで、ほとんどの人はこのタイプです。

 

女性はスポーツジムだと「セパレートタイプ」を使っている人が多いですね。

「着心地や着脱しやすさを重視したい」という人向けのタイプです。

 

一方で「本格的に泳ぎたい」という人は「ワンピースタイプ」が向いています。

水の抵抗を受けにくく、泳ぎやすい特徴があるからですね。

 

 

❷ スイムキャップ

・メッシュキャップ : 安くてかぶりやすいが、水で髪が傷みやすく、耐久性がない

・シリコンキャップ : 高くてかぶりにくいが、水を通さないため髪が傷まず、耐久性がある【おすすめ】

 

スイムキャップは、大きくわけて2つの種類(メッシュとシリコン)があります。

それぞれのメリット・デメリットは上記のとおりですね。

 

両方とも使った経験がありますが、おすすめはシリコンキャップです。

最初はメッシュを使っていたのですが、すぐゴムが伸びてしまって、1年もたずダメになってしまいましたね。

 

それからシリコンに切り替えたところ、作りがタイトで最初はかぶりにくさを感じました。

でも慣れると簡単にかぶれるようになるし、塩素で髪が傷みにくいのも良いですね。

 

今でもシリコンキャップを使っており、4年は使い続けているので、耐久性は十分です。

サイズはフリーサイズになっているので、男女兼用で使えますよ。

 

 

❸ ゴーグル

・クッションなし : 水の抵抗が少ないため選手向け。圧迫が強く、装着感が良くない

・クッションあり : 水の抵抗はあるが着け心地が良いので、目の周辺が痛くならない【おすすめ】

 

水泳用のゴーグルも2つのタイプがあります。

「ゴーグルはなくても良くない?」と思うかもしれませんが、ゴーグルは使った方がいいです。

 

なぜなら、塩素で目を傷つける可能性があるし、何より痛いからですね。

水中でもよく見えるので、他の人との接触も避けられます。

 

「クッションなし」はいわゆる選手向けなので、オーソドックスな「クッションあり」がおすすめですね。

耐久性については、5年ほど使えているので問題ありません。

 

 

❹ タオル

・一般的なタオル:身体を拭きやすいが、乾きにくく耐久性がない

・セームタオル:吸水性と速乾性に優れ、繰り返し使える。乾燥させると硬くなるのが特徴【おすすめ】

 

水泳向けのタオルとして、「セームタオル」というものが売られています。

素材に特徴があり、吸水性は抜群なのですが、乾燥させるとカチカチに硬くなります。

 

あまり知られていないセームタオルですが、使い勝手の良さから日常生活で使っている人もいますね。

俳優の窪田正孝さんも、使っていると話していました。(ペット用の吸水タオルも使うようですね)

 

最初は髪とか拭きにくさを感じるのですが、使い慣れるとうまく拭き取れるようになってきます。

こすって拭くというよりも、軽くたたきながら水分を吸い取っていく感じですね。

 

サイズはコンパクトなものと大判なものがありますが、ジムで使うならコンパクトなタイプがおすすめです。

プールサイドとかでも気軽に置けて、邪魔になりませんので。

 

 

③ まとめ:1日10分で効果が出る水泳なら、無理なく続けられる

③ まとめ:1日10分で効果が出る水泳なら、無理なく続けられる

③ まとめ:1日10分で効果が出る水泳なら、無理なく続けられる

 

本記事では、「水泳を運動習慣に選ぶ3つの理由」を紹介しました。

ポイントをまとめます。

 

【運動に水泳を選ぶ、3つの理由】

・他の運動より短時間でカロリー消費でき、バランスよく筋肉がつく

・洗濯物が出ないので、運動後の手間がかからない

・気候に左右されず、水中のリラックス効果もあり不快感がない

 

【水泳に必要な4つの持ち物】

❶ 水着(スイムウェア)

❷ スイムキャップ

❸ ゴーグル

❹ タオル

 

運動を習慣化すると健康に良いことはもちろんですが、体型も維持できます。

頭もスッキリするし、仕事などの作業も捗るんですよね。

 

水泳は年齢を問わずケガもしにくいので、安心して続けられます。

最初からいきなり1時間とか泳ぐ必要はありません。

 

まずは「5分ゆっくり泳ぐ」ぐらいから始めて、ちょっとずつ時間を長くしていけばOKです。

たとえ10分でも週3回ほど続ければ、2か月くらいで身体つきもすこしずつ変わってきますよ。

 

無理することなく「健康的で美しい身体を保ちたい」と思ったら、ぜひ運動には水泳を選んでみてくださいね。

 

 

関連記事
【節約+掃除+健康】スポーツジムの5つのメリットとは【風呂不要】
【節約+掃除+健康】スポーツジムの5つのメリットとは【風呂不要】

  お悩み相談お風呂の掃除って毎日やらなきゃいけないし、とにかく面倒..。 なんとか逃げる方法はないかな?   こんにちは、キベリンブログです。 毎日の入浴後の風呂掃除は、面倒で時 ...

続きを見る

関連記事
【5分でOK】朝活が気持ち良く継続できる小さな習慣【5選】
【5分でOK】朝活が気持ち良く継続できる小さな習慣【5選】

  お悩み相談朝活を習慣化したいけど、早起きがつらくて続かないんだよね...。 なんかいい方法ってないのかな?   こんにちは、キベリンブログです。 朝活は一般的になってきましたが ...

続きを見る

関連記事
サイドFIREに踏み出せた理由【セミリタイア生活】
サイドFIREに踏み出せた理由【セミリタイア生活】

  お悩み相談FIRE とかセミリタイアっていうワードはよく聞くけど、やっぱり難しいよね..。 どうしたらできるんだろう??   こんにちは、キベリンブログです。 最近では「FIR ...

続きを見る

 

-ライフスタイル, 生活ハック

© 2020 Kiberin Blog