失業保険 失業保険ノウハウ

【失業保険】契約終了で会社都合退職になるには【派遣・パートなど】

【失業保険】契約終了で会社都合退職になるには【派遣・パートなど】

 

お悩み相談
今月で派遣の契約が終わるけど、会社都合退職で失業手当もらえないのかな?

 

こんにちは、キベリンブログです。

契約の切れ目で退職する場合、会社都合と自己都合の判断は難しいですよね。

今回は、「派遣やパートなど有期雇用の契約終了で、会社都合退職になる条件」について紹介します。

 

【本記事の内容】

① 失業保険の会社都合退職のメリットと、なるための前提【更新の希望】

② 契約終了で会社都合になる条件とは【派遣・パート・アルバイトもOK】

③ まとめ:有期雇用だと会社都合になりやすいので、失業保険でメリットあり

 

失業保険は3回受給してきました。

経験から、わかりにくい有期雇用の扱いを解説していきますね。

 

① 失業保険の会社都合退職のメリットと、なるための前提【更新の希望】

① 失業保険の会社都合退職のメリットと、なるための前提【更新の希望】

① 失業保険の会社都合退職のメリットと、なるための前提【更新の希望】

 

会社都合退職になる条件の前に、まずはメリットと前提を説明しておきますね。

失業保険は、退職理由で給付の条件が変わります。

 

退職理由には大きくわけて「会社都合」と「自己都合」の2つがあります。

 

失業保険で会社都合退職になるメリット

・給付日数が増える

・2か月の給付制限期間がない(自己都合は給付制限あり)

・雇用保険の加入期間が6か月以上で受給できる(自己都合は1年以上)

 

会社都合退職は、給付の条件が上記のとおり優遇されます。

給付日数は「雇用保険の加入期間」と「年齢」で決まるのですが、自己都合よりも増える場合が多いです。

 

給付日数が多いほど、失業手当の金額も増えるということですね。

加えて給付制限がないので、申請から2か月待つことなく失業手当の支給が開始されます。

 

※会社都合と自己都合の詳しい違いは、「【失業保険】自己都合退職と会社都合退職で金額・条件はこんなに違う」で紹介しています。

 

前提として、「更新を希望したこと」が必要

有期雇用の契約満了で会社都合になるには、あなたが「更新を希望したこと」が前提です。

いくら契約期間の終了でも、更新を希望せずに辞めたら「自己都合」になります。

 

「希望しているのに、契約を更新してもらえなかった」という状況の上で、会社都合かどうか判断されます。

まずはその前提が必要なことは、押さえておいてくださいね。

 

次のパートで、会社都合になるための詳しい条件をみていきます。

 

② 契約終了で会社都合になる条件とは【派遣・パート・アルバイトもOK】

② 契約終了で会社都合になる条件とは【派遣・パート・アルバイトもOK】

② 契約終了で会社都合になる条件とは【派遣・パート・アルバイトもOK】

 

有期雇用の契約終了で会社都合退職になるには、一定の条件があります。

 

【契約終了で会社都合退職になる、3つのパターン】

❶ 契約更新で3年以上雇用されていた場合

❷ 契約更新の確約があった場合

❸ 契約更新の明示はあったが、確約はなかった場合

 

条件には3つのパターンがあり、どれかに当てはまればOKです。

雇用形態については、「派遣社員・契約社員・パート・アルバイト」などは一切関係ありません。

 

ただし、前のパートでも紹介したとおり、あなたが「契約の更新を希望したこと」が前提になります。

3つのパターンを順番に説明していきますね。

 

❶ 契約更新で3年以上雇用されていた場合

1つ目は「契約が1回以上更新されていて、すでに3年以上働いていた場合」に、次の契約更新がなく退職した場合です。

ポイントは「過去に契約の更新があったこと」と「3年以上の期間」ですね。

 

2点を満たさないと、この1つ目のパターンには当てはまりません。

他のパターンと比べると、ちょっとハードルが高いかもしれないですね。

 

❷ 契約更新の確約があった場合

2つ目は、契約更新の確約があったにもかかわらず、更新されずに退職した場合です。

確約とは、雇用契約書などに「契約を更新する旨がはっきりと明記されている場合」に当てはまります。

 

契約更新の書き方が曖昧な場合は、このパターンには該当しません。

(曖昧な場合は、次の3つ目のパターンになります)

 

❸ 契約更新の明示はあったが、確約はなかった場合

3つ目は、2つ目の内容が「曖昧な場合」のケースです。

「契約の更新や延長には触れているけど、確約はなかった場合」に、更新されず退職した場合ですね。

 

例えば、雇用契約書において「○○の場合に契約を更新する」とか「契約を更新する(orしない)場合がある」といった書き方が該当します。

これだと確約ではないことがわかりますよね。

 

ちなみに、この3つ目のパターンのみ「特定理由離職者」と呼ばれ、❶と❷のパターンとは異なります。

(❶と❷は「特定受給資格者」と呼ばれる)

 

ですが呼ばれ方が違っていても、「❸のパターンでも優遇される給付の条件は同じ」なので、安心してくださいね。

 

【※補足】他の特定理由離職者に当てはまるものとして、「正当な理由のある自己都合退職」があります。

「正当な理由のある自己都合退職」だと給付日数が増える優遇はなく、同じ特定理由離職者でも「❸のパターン」とは給付の条件に違いがあります。

詳しい内容は、「【給付制限なし】特定理由離職者になるには?【病気・結婚・介護】」をご覧ください。

 

③ まとめ:有期雇用だと会社都合になりやすいので、失業保険でメリットあり

③ まとめ:有期雇用だと会社都合になりやすいので、失業保険でメリットあり

③ まとめ:有期雇用だと会社都合になりやすいので、失業保険でメリットあり

 

本記事では、「派遣やパートなど有期雇用の契約終了で、会社都合退職になる条件」を紹介しました。

ポイントをまとめます。

 

【会社都合退職になるメリット】

・給付日数が増える

・2か月の給付制限期間がない(自己都合は給付制限あり)

・雇用保険の加入期間が6か月以上で受給できる(自己都合は1年以上)

 

【契約終了で会社都合退職になる、3つのパターン】

❶ 契約更新で3年以上雇用されていた場合

❷ 契約更新の確約があった場合

❸ 契約更新の明示はあったが、確約はなかった場合

 

失業保険は、やむを得ない事情で退職した人には、給付の条件が優遇されるしくみです。

そのため自己都合退職よりも、会社都合退職の方がメリットがあるんですよね。

 

派遣やパート・アルバイトの場合、正社員とは異なり契約期間が決まっていることが多いです。

「希望しているのに、契約を更新してもらえなかった」という状況なら、会社都合になる可能性が高いです。

 

雇用契約書などをよくチェックして、失業保険で損しないようにしてくださいね。

 

 

関連記事
【失業保険】求職活動実績を1日で2回作るには?当日の作り方を解説
【失業保険】求職活動実績を1日で2回作るには?当日の作り方を解説

  お悩み相談明日が失業認定日だったこと忘れてた! 求職活動実績が2回ないと失業保険がもらえないよ...どうしよう!?   こんにちは、キベリンブログです。 認定日を忘れていて、求 ...

続きを見る

関連記事
ワークライフバランスは、派遣が第1位の働き方【派遣経験も語る】
ワークライフバランスは、派遣が第1位の働き方【派遣経験も語る】

  お悩み相談正社員はどうしても残業あるし、やっぱり忙しいなぁ...。 転職も考えようかな。   こんにちは、キベリンブログです。 仕事ばかりの生活では充実しないし、自分の時間も持 ...

続きを見る

関連記事
セミナーも求職活動実績に!【ハローワークvs転職エージェント】
セミナーも求職活動実績に!【ハローワークvs転職エージェント】

  お悩み相談就職支援セミナーの受講も求職活動実績になるんだ! 受け方とか注意点を知っておきたいな。   こんにちは、キベリンブログです。 失業保険は求職活動実績が必要ですが、セミ ...

続きを見る

 

-失業保険, 失業保険ノウハウ
-

© 2020 Kiberin Blog