失業保険 失業保険ノウハウ

【1年働いて半年休む】失業保険でメリハリのある働き方をする方法

2021/10/15

【1年働いて半年休む】失業保険でメリハリのある働き方をする方法

 

お悩み相談
海外旅行にも行きたいし、まとまった長期休暇が欲しいな。
メリハリのある働き方ってできないのかな?

 

こんにちは、キベリンブログです。

「1年働いたら半年休む」とか、ライフスタイルに合わせた働き方ができたら良いですよね。

今回は、「失業保険を活用したメリハリのある働き方をする方法」について、紹介します。

 

【本記事の内容】

① 失業保険は、1年働けば何度でも受給できる【雇用形態は関係なし】

② 長期ブランク後の再就職の不安を消す方法【正社員にこだわらず、派遣のメリットを活かす】

③ まとめ:「1年働いて半年休む」メリハリのある働き方で、失業保険を活用できる

 

失業保険はこれまで3回受給してきました。

経験から、失業保険をうまく活用する方法を語っていきます。

 

① 失業保険は、1年働けば何度でも受給できる【雇用形態は関係なし】

① 失業保険は、1年働けば何度でも受給できる【雇用形態は関係なし】

① 失業保険は、1年働けば何度でも受給できる【雇用形態は関係なし】

 

「1年働いたら半年休む」といった、メリハリのある働き方をしたいと思ったことはありませんか?

まとまった長期休暇があると、海外旅行や自己啓発など、自由にやりたいことができますよね。

 

とはいえ、お金をそれほど求めていなくても、休んでいる間に「収入ゼロ」になるのは不安もあるはず。

そこで、失業保険をうまく活用すると収入の不安を軽減できます。

 

失業保険がもらえる条件【自己都合退職:1年、会社都合退職:6か月】

・自己都合退職 : 12か月以上雇用保険に入っていること

・会社都合退職 : 6か月以上雇用保険に入っていること

 

失業保険の受給資格は、上記のとおりです。

自己都合で会社を辞めても、1年働けば何度でも失業保険をもらえるんですよね。

 

つまり、「1年働く → 半年休んで失業保険をもらう → 1年働く → 半年休んで失業保険をもらう」といった繰り返しのサイクルが可能です。

会社都合で辞めた場合は、6か月働くだけで失業保険がもらえて、給付制限もないため早くもらえます。

 

また、失業保険の受給に「雇用形態」は関係ありません。

正社員に限らず派遣社員やアルバイトでも、雇用保険の加入期間さえ満たせば受給できますよ。

 

1年働いて自己都合退職した場合、失業保険は「3か月分の給料の約60%」ほど

・失業保険の受給額 : 「基本手当日額」×「給付日数」

・基本手当日額 : 「退職直前の半年間の1日あたりの給料」の「50% ~ 80%」

・1年働いて自己都合退職したときの給付日数 : 90日

 

失業保険の受給額は、「基本手当日額」と「給付日数」で決まります。

基本手当日額の割合は「50% ~ 80%」と幅がありますが、この割合が決まる計算がちょっと複雑なんですよね。

 

ざっくりの目安としては、「3か月分の給料の約60%」と考えればOKです。

 

1年働いた後に失業保険を全額もらうには、退職から約半年かかる

・失業保険は、全額をまとめてもらえるわけではない

・4週間ごとの認定日に、失業の認定を受けた日数分(原則28日分)がもらえる

・自己都合退職には2か月の給付制限があるため、全額もらうまで約半年かかる
 (退職から申請まで約2週間 + 待機期間7日 + 給付制限2か月 + 給付日数 90日)

 

失業保険は、一度にまとめて全額をもらえるわけではありません。

4週間ごとの認定日に失業の認定を受けると、原則として「28日分ずつ」失業保険が口座に振り込まれ、給付日数がなくなるまで続きます。

 

また、自己都合退職だと「2か月の給付制限」があり、この期間が過ぎないと失業保険は支給されません。

こういった失業保険の仕組みをまとめると、全額もらい終えるには「約半年」かかります。

 

なので「1年働く → 半年休む」というサイクルは、ちょうど良い長さでもあるんですよね。

早めに仕事を再開したくなった場合は、就職が決まったときにもらえる「再就職手当」を受給する方法もおすすめです。

 

※再就職手当の詳しい内容は、「【失業保険】再就職手当の受給条件と申請方法【派遣・バイトも可能】」で紹介しています。

 

② 長期ブランク後の再就職の不安を消す方法【正社員にこだわらず、派遣のメリットを活かす】

② 長期ブランク後の再就職の不安を消す方法【正社員にこだわらず、派遣のメリットを活かす】

② 長期ブランク後の再就職の不安を消す方法【正社員にこだわらず、派遣のメリットを活かす】

 

「1年働いて、半年休む」というメリハリのある働き方をしたとき、「半年休んだ後に再就職できるか?」が気になりますよね。

そこで、そんな不安を解消できる方法を紹介していきます。

 

働き方を求めるなら、正社員にこだわらなくていい

「再就職するなら、やっぱり安定した正社員」と考えたりしますよね。

でも、正社員にこだわる必要はあるのでしょうか?

 

メリハリのある働き方を求めるなら、正社員は足かせになるデメリットが多いです。

 

【正社員が足かせになるデメリット】

・業務の切れ目や引き継ぎ要員がいない場合の問題など、希望のタイミングで辞めにくい

・やりたい仕事以外の雑用的な業務も多く、専門的なスキルを伸ばしにくい

・長期休暇のブランクがあり正社員で再就職する場合、一定の経験やスキルがないと難しい

 

上記のような問題があるので、正社員にこだわらない方が働きやすいはずです。

私も働き方を変えたかったので、正社員から派遣社員にシフトしていきました。

 

派遣社員なら再就職のハードルは低く、雇用保険の加入条件も満たせる

1年働いて失業保険をもらうことを考えるなら、派遣社員は条件に合っています。

半年ほどのブランクがあっても再就職のハードルは低く、「雇用保険の加入条件」も満たしやすいからですね。

 

【雇用保険の加入条件】

・労働時間が週20時間以上

・31日以上の雇用見込みがある

 

雇用保険の加入条件は上記の2つで、これを満たした上で1年働けば、雇用形態にかかわらず失業保険がもらえます。

週5日のフルタイムでなくてもOKですが、派遣はフルタイムの案件が多いし、給料も悪くないですよね。

 

派遣の契約は「3か月間」が一般的で、「契約の更新」または「新たな仕事の契約」で1年継続して働けばOKです。

辞めたいときは契約を更新しなければいいだけなので、正社員と違って「辞めにくい」デメリットがないんですよね。

 

契約の更新がなく、派遣会社から新たな仕事の紹介がなかった場合は、「会社都合退職」になります。

その場合は6か月以上働いていれば、失業保険を受給できますよ。

 

特に派遣ITエンジニアは、「需要×スキル」で高単価の再就職に困らない

派遣の職種の中で、特に「ITエンジニア」は再就職しやすいのでおすすめです。

なぜなら、エンジニアは需要に対して常に供給不足なので、企業から求められているからですね。

 

未経験で担当できる案件もあるし、スキルがあれば「時給 2,500円以上」の高単価の案件も選べます。

月給で換算すると「40万円以上」なら大きいですよね。

 

正社員と違って雑用的な業務も少なく、現場の仕事に集中できます。

いろんな環境を渡り歩いて経験を積めば、正社員よりも短期間でのスキルアップ可能なのでおすすめですね。

 

【IT系 おすすめ派遣会社 4選】

1. パーソルテクノロジースタッフ:ITエンジニア派遣の大手で、オンラインで登録が完結して仕事の紹介までとにかく早い。未経験でも対応可能な案件がある

2. リクルートスタッフィング(ITスタッフィング):リクルートグループ運営で、案件数が豊富かつ高単価の案件まで対応している

3. ソフトウェアジョブズ:ソフトウェアテストなどの品質の分野に特化し、未経験でも入れる。時給2,500円以上の高単価の案件も見つかりやすい

4. テクノウェイブ :規模は小さいが創業が古く歴史があるため、大企業の長期案件がある

 

関連記事
エンジニアが語るIT系おすすめ派遣会社・サイト4選【未経験可】
エンジニアが語るIT系おすすめ派遣会社・サイト4選【未経験可】

  お悩み相談ITエンジニアの求人に強い派遣会社ってどこだろう? 登録におすすめの派遣会社を知りたいです。   こんにちは、キベリンブログです。 手に職がつくITエンジニアは、高単 ...

続きを見る

 

③ まとめ:「1年働いて半年休む」メリハリのある働き方で、失業保険を活用できる

③ まとめ:「1年働いて半年休む」メリハリのある働き方で、失業保険を活用できる

③ まとめ:「1年働いて半年休む」メリハリのある働き方で、失業保険を活用できる

 

本記事では、「失業保険を活用したメリハリのある働き方をする方法」を紹介しました。

ポイントをまとめます。

 

【失業保険を活用するポイント】

・1年働けば何度でも失業保険をもらえるので、「1年働く ⇔ 半年休む」の繰り返しが可能

・1年働いた場合の失業保険の受給額の目安は、「3か月分の給料の約60%」

・自己都合退職では失業保険を全額もらうまで「約半年」かかるので、半年休むのはちょうど良い期間

 

【長期ブランク後の再就職の不安を消す方法】

・働き方を求めるなら、正社員にこだわらなくていい

・派遣社員なら再就職のハードルは低く、雇用保険の加入条件も満たせる

・特に派遣ITエンジニアは、「需要×スキル」で高単価の再就職に困らない

 

会社に就職すると、長くても休暇は「1週間程度」の場合がほとんどですよね。

日本で普通に働いていたら、1か月以上の長期休暇を取ったりするのは難しいのが実情です。

 

でも「1年働いて、半年休む」といったメリハリのある働き方も、やり方次第で可能になります。

休んでいる間のお金の不安も、失業保険をうまく活用すれば軽減できるんですよね。

 

正社員にこだわらず派遣のメリットを活かせば、ぐっとハードルは低くなります。

特にITエンジニアは供給不足なので、案件には困りません。

 

働き方を変えたいと思っていても、多くの人は行動しないまま過ごしていきます。

動くかどうかは、あなた次第です。

 

望むライフスタイルに合わせた働き方を、ぜひ考えてみてください。

 

【IT系 おすすめ派遣会社 4選】

1. パーソルテクノロジースタッフ:ITエンジニア派遣の大手で、オンラインで登録が完結して仕事の紹介までとにかく早い。未経験でも対応可能な案件がある

2. リクルートスタッフィング(ITスタッフィング):リクルートグループ運営で、案件数が豊富かつ高単価の案件まで対応している

3. ソフトウェアジョブズ:ソフトウェアテストなどの品質の分野に特化し、未経験でも入れる。時給2,500円以上の高単価の案件も見つかりやすい

4. テクノウェイブ :規模は小さいが創業が古く歴史があるため、大企業の長期案件がある

 

 

関連記事
エンジニアが語るIT系おすすめ派遣会社・サイト4選【未経験可】
エンジニアが語るIT系おすすめ派遣会社・サイト4選【未経験可】

  お悩み相談ITエンジニアの求人に強い派遣会社ってどこだろう? 登録におすすめの派遣会社を知りたいです。   こんにちは、キベリンブログです。 手に職がつくITエンジニアは、高単 ...

続きを見る

関連記事
ワークライフバランスは、派遣が第1位の働き方【派遣経験も語る】
ワークライフバランスは、派遣が第1位の働き方【派遣経験も語る】

  お悩み相談正社員はどうしても残業あるし、やっぱり忙しいなぁ...。 転職も考えようかな。   こんにちは、キベリンブログです。 仕事ばかりの生活では充実しないし、自分の時間も持 ...

続きを見る

関連記事
失業保険の受給の流れとスケジュール【自己都合退職は給付制限あり】
失業保険の受給の流れとスケジュール【自己都合退職は給付制限あり】

  お悩み相談失業保険をもらうまで、どのくらいかかるのかな? 全体の流れを知りたいです。   こんにちは、キベリンブログです。 会社を辞めたらもらえる失業保険、流れが複雑でわかりに ...

続きを見る

 

-失業保険, 失業保険ノウハウ
-,

© 2020 Kiberin Blog