賃貸契約・退去 生活ハック

【賃貸】仲介手数料の原則は、法律あり【半額にする3つの方法】

【賃貸】仲介手数料の原則は、法律あり【半額にする3つの方法】

 

お悩み相談
賃貸で部屋を借りるとき、仲介手数料だけで家賃1ヶ月分も払うのは高いよね...。

 

こんにちは、キベリンブログです。

賃貸の仲介手数料については、実は法律で決められています。

今回は、「仲介手数料の原則と、半額にする3つの方法」について紹介します。

 

【本記事の内容】

① 「仲介手数料は家賃1ヶ月分が相場」は、実は罠だった【原則は半額(0.5ヶ月分)】

② 仲介手数料を半額にする、3つの方法【交渉術】

③ まとめ:仲介手数料の原則と上限は、法律で決まっている。騙されないよう注意しよう

 

以前は不動産屋の言われるがまま、当たり前のように1ヶ月分を払っていました。

裁判などで知識をつけた経験から、損しないための方法を語っていきますね。

 

① 「仲介手数料は家賃1ヶ月分が相場」は、実は罠だった【原則は半額(0.5ヶ月分)】

① 「仲介手数料は家賃1ヶ月分が相場」は、実は罠だった【原則は半額(0.5ヶ月分)】

① 「仲介手数料は家賃1ヶ月分が相場」は、実は罠だった【原則は半額(0.5ヶ月分)】

 

部屋を借りるときに「不動産屋(仲介業者)」で契約すると、仲介手数料として「家賃の1ヶ月分」を請求されることがほとんどですよね。

でもこの1ヶ月分の金額は、実は「例外」です。

 

不動産屋が請求する仲介手数料には法律があり、「宅地建物取引業法(宅建業法)」で定められています。

まずは法律の内容について、紹介していきますね。

 

法律(宅建業法)で決められている、仲介手数料の規定

・原則は、「貸主から賃料の0.5ヶ月分、借主から賃料の0.5ヶ月分」

・「貸主 or 借主の承諾がある場合」のみ、どちらか一方から賃料の1ヶ月分を上限として受け取れる

 

法律で定められている内容は、上記のとおりです。

仲介手数料は半額でも、決して安いわけではありません。

 

「賃料の半額(税込で0.55ヶ月分)が、当たり前」なんですよね。

一般的な相場と言われる1ヶ月分というのは、承諾した場合のみ適用される「例外」だったということです。

 

知らないことにつけこんで、1ヶ月分を請求されている

仲介手数料は「家賃の半額が原則」という法律の内容は、ほとんど知られていないですよね。

私も以前は知りませんでした。

 

当たり前のように、「倍の金額(家賃の1ヶ月分)」を払っていました。

知らないことをいいことに、1ヶ月分が相場として請求されています。

 

業者側のサイトでは儲けが減ることになるので、わざわざ「半額が原則」とは説明しません。

世間に広く1ヶ月分が相場と紹介されていたら、疑いなく払ってしまいますよね...。

 

一部の不動産屋には、仲介手数料「半額」もある

ただ最近では、仲介手数料を半額としている業者も出てきています。

例えば、「mini mini(ミニミニ)」や「エイブル」といった不動産屋ですね。

 

最初から半額の提示なので、値引き交渉する必要がありません。

(ただ別の費用に上乗せされている罠もあるので、そこは注意が必要です)

 

とはいえ、最初から半額にする業者は、まだまだ一部です。

よく知られた大手の不動産屋など、ほとんどが1ヶ月分の罠をしかけているのが実情ですね。

 

※仲介手数料だけでなく、初期費用全般を安くする部屋の探し方については、「【10万円以下】賃貸の初期費用を安くする部屋探し方法【実績公開】」をご覧ください。

 

② 仲介手数料を半額にする、3つの方法【交渉術】

② 仲介手数料を半額にする、3つの方法【交渉術】

② 仲介手数料を半額にする、3つの方法【交渉術】

 

前のパートで、仲介手数料の原則は「家賃の半額(0.5ヶ月分)」であることを説明しました。

最初から原則に沿った金額であれば、納得できますよね。

 

でも実際は、家賃の1ヶ月分を請求してくる不動産屋がほとんどです。

つまり「交渉」しないと、法律の原則である半額にはなりません。

 

「実際に交渉したら、半額にできるの?」と気になりますよね。

そこで、仲介手数料を半額にするための方法を紹介していきます。

 

【仲介手数料を半額にする方法】

❶ 法律の知識を使って、「賃料1ヶ月分の仲介手数料は承諾しない」ことを伝える

❷ 不動産屋(仲介業者)は3つ以上使って、初期費用の見積もりを取る

❸ 「他の業者は仲介手数料が半額or無料」という情報を伝えて、交渉する

 

順番に見ていきましょう。

 

❶ 法律の知識を使って、「賃料1ヶ月分の仲介手数料は承諾しない」ことを伝える

最初の方法としては、「法律(宅建業法)」を活用する交渉術ですね。

「借主への仲介手数料は0.5ヶ月分が原則ですよね?1ヶ月分は承諾できません。」と伝えましょう。

 

これで実際に半額にできました。

ただ、この方法で成功しない可能性もあります。

 

なぜなら、黙って1ヶ月分を払ってくれる別の借り手を見つけた方が、不動産屋の利益になるからですね。

「繁忙期(1月~3月)」や「人気物件」だった場合、成功率は低くなるので注意しておきましょう。

 

❷ 不動産屋(仲介業者)は3つ以上使って、初期費用の見積もりを取る

利用する不動産屋は、賃貸検索サイトから返信のあった業者や、たまたま近所の業者を利用したりしますよね。

でも、1つの業者しか使わない理由は、どこにもありません。

 

必ず「複数(3つ以上)」の業者を使って、初期費用の見積もりを取りましょう。

なぜなら、仲介手数料や火災保険などを含めた初期費用の金額は、業者によって違うからですね。

 

見積もりの中で仲介手数料の安い業者を選んで、交渉を進めましょう。

仮に最初から仲介手数料が半額でも、他の費用が上乗せになっている(消毒料などオプションの名目で)こともあるので、注意してくださいね。

 

❸ 「他の業者は仲介手数料が半額or無料」の情報を伝えて、交渉する

複数の業者に見積もりを取ったり(上記❷の方法)、ネットで希望の物件の情報を調べると、仲介手数料が「半額」とか「無料」という情報が出てくることが多いです。

その情報を確認したら、「〇〇社は仲介手数料を半額にしているのですが、同じく半額になりませんか?」と交渉しましょう。

 

「安くならないなら、他の業者で契約する」ということを匂わせれば、交渉が成功する確率は高くなります。

それでも成功しなければ、安い情報を確認した業者で契約すればOKです。

 

③ まとめ:仲介手数料の原則と上限は、法律で決まっている。騙されないよう注意しよう

③ まとめ:仲介手数料の原則と上限は、法律で決まっている。騙されないよう注意しよう

③ まとめ:仲介手数料の原則と上限は、法律で決まっている。騙されないよう注意しよう

 

本記事では、「仲介手数料の原則と、半額にする3つの方法」を紹介しました。

ポイントをまとめます。

 

【法律(宅建業法)で決められている、仲介手数料の規定】

・原則は、「貸主から賃料の0.5ヶ月分、借主から賃料の0.5ヶ月分」

・「貸主 or 借主の承諾がある場合」のみ、どちらか一方から賃料の1ヶ月分を上限として受け取れる

 

【仲介手数料を半額にする方法】

❶ 法律の知識を使って、「賃料1ヶ月分の仲介手数料は承諾しない」ことを伝える

❷ 不動産屋(仲介業者)は3つ以上使って、初期費用の見積もりを取る

❸ 「他の業者は仲介手数料が半額or無料」という情報を伝えて、交渉する

 

仲介手数料の原則と上限は、法律で決められています。

繰り返しですが、原則は「賃料の0.5ヶ月分」、上限は「あなたが承諾した場合のみ賃料の1ヶ月分まで」です。

 

承諾していないのに1ヶ月分払わされたり、上限を超えて請求された場合、それは「違法」になるんですよね。

実際の裁判でも、違法とする判例があります。

 

原則と上限を知っておけば、あなたが損をすることは防げます。

賃貸の契約では知らないとぼったくられることが多いので、騙されないよう気をつけてくださいね。

 

 

関連記事
【10万円以下】賃貸の初期費用を安くする部屋探し方法【実績公開】
【10万円以下】賃貸の初期費用を安くする部屋探し方法【実績公開】

  お悩み相談消毒料やら仲介手数料やらで、どうして賃貸の初期費用ってこんなに高いんだろう...。 なんとか安く部屋を探す方法ってないのかな??   こんにちは、キベリンブログです。 ...

続きを見る

関連記事
【敷金返還訴訟】裁判をひとりで起こした話【経験談】
【敷金返還訴訟】裁判をひとりで起こした話【経験談】

  お悩み相談敷金を返してもらえなくて困っているけど、裁判を起こしたらどんな感じなんだろう? 不安だから、実際の裁判の流れとか知りたいです。   こんにちは、キベリンブログです。 ...

続きを見る

関連記事
【引越し準備】やることリスト9選!【手続き・荷作り・退去対策】
【引越し準備】やることリスト9選!【手続き・荷作り・退去対策】

  お悩み相談引越し前って、やること多くて大変...。 やるべきリストとかないかな??   こんにちは、キベリンブログです。 引越しは手続きとかたくさんあって、漏れを防ぐリストは必 ...

続きを見る

 

 

-賃貸契約・退去, 生活ハック
-

© 2020 Kiberin Blog