節約術 生活ハック

【無料で作れる】2枚目の楽天カードの注意点とメリット【特典あり】

2022/02/04

【無料で作れる】2枚目の楽天カードの注意点とメリット【特典あり】

 

お悩み相談
楽天カードって2枚目も作れるんだね。
どんなメリットがあるのかな?

 

こんにちは、キベリンブログです。

2,100万人以上が使っている「楽天カード」は、2枚目も無料で作れます。

今回は、「2枚目の楽天カードを作る注意点とメリット」について、紹介します。

 

【本記事の内容】

 

2枚目の楽天カードの発行は、100万枚を超えています。

知っておくと実用的に役立つ情報を、語っていきますね。

 

① 2枚目の楽天カードを作るときの、3つの注意点【デメリットではない】

① 2枚目の楽天カードを作るときの、3つの注意点【デメリットではない】

① 2枚目の楽天カードを作るときの、3つの注意点【デメリットではない】

 

楽天カード」では、2枚目のカードを作れるようになっています。

2種類の国際ブランドで作れたり、ポイントを貯めやすいメリットがあります。(詳しいメリットは次のパートで解説しますね)

 

ただ、2枚目を作るときの注意点がいくつかあります。

デメリットというほどではありませんが、申し込み前の注意として見ていきますね。

 

【2枚目の楽天カードを作るときの、3つの注意点】

❶ カード情報は1枚目と異なるため、別に管理が必要

❷ 利用可能枠は合算されない(1枚目と2枚目で共通の利用枠)

❸ 持てないカードの組合せがある

 

順番に説明していきます。

 

❶ カード情報は1枚目と異なるため、別に管理が必要

・2枚目のカード番号や有効期限は、1枚目と異なる

・1枚目と2枚目の暗証番号を管理する必要がある

・ただし楽天ポイント口座は同一で、1枚目と2枚目ともに同じポイント口座に付与される

 

2枚目のカード情報は、1枚目とは異なります。

カード番号や有効期限、暗証番号などは別々に管理が必要ですね。

 

ただし、「楽天ポイント口座」は同一で、2枚目のカードで得たポイントは1枚目と同じ口座に貯まります。

ポイントは合算されて貯めやすいので、その点は安心ですよ。

 

❷ 利用限度額は合算されない(1枚目と2枚目で共通の利用枠)

・1枚目と2枚目で、共通の利用枠となる

・2枚のカードのうち利用枠の大きい方が、総利用可能枠になる

・利用枠を1枚目と2枚目で分け合うことになる

 

カードの利用限度額は、1枚目と2枚目で合算されません。

共通の利用枠となり、2枚のうち大きい方が「総利用可能枠」になります。

 

例えば「1枚目:50万円、2枚目:100万円」の利用可能枠なら、2枚の合計で使える総利用可能枠は「100万円まで」ということですね。

もし利用可能枠を増やしたければ、「楽天e-NAVI」「ご利用可能額の照会」で確認してみましょう。

 

「楽天e-NAVI」とは、楽天カード会員専用のオンラインサービスです。

利用明細や利用可能額の確認や登録情報の変更などが、オンラインで簡単にできますよ。

 

❸ 持てないカードの組合せがある

・楽天PINKカード2枚

・年会費有料のカード2枚(※有料なのはゴールドカード、ブラックカード、プレミアムカード)

・楽天銀行カード、楽天ANAマイレージクラブカード、楽天カードアカデミーを持っている場合

 

2枚目のカードを作れない組合せがあり、上記のカード条件では2枚目は作れません。

特に「楽天銀行カード・楽天ANAマイレージクラブカード・楽天カードアカデミー」を持っていたら、2枚目の申し込みはできないし、2枚目として追加することもできません。

 

申し込みを行う前に、作れない組合せは押さえておいてくださいね。

 

② 楽天カード2枚持ちの、5つのメリット【2枚目も無料で作れる】

② 楽天カード2枚持ちの、5つのメリット【2枚目も無料で作れる】

② 楽天カード2枚持ちの、5つのメリット【2枚目も無料で作れる】

 

前のパートでは、楽天カードの2枚目を作る注意点を紹介しました。

続いて2枚持ちのメリットを見ていきましょう。

 

【2枚目の楽天カードを作る、5つのメリット】

❶ 2枚目のカードを作るための費用はかからず、無料で作れる

❷ 別の国際ブランドで作れるので、使える場所が増える

❸ カードの紛失・破損・盗難など、トラブル時の予備に使える

❹ 引き落とし口座を別々に設定できて、用途により使い分けが可能

❺ 楽天ポイントが貯まりやすく、2枚目の作成時にポイント特典がある

 

こちらも順番にみていきますね。

 

❶ 2枚目のカードを作るための費用はかからず、無料で作れる

2枚目のカードを作るのに、別途費用はかかりません。

年会費永年無料の「楽天カード」を選べば、2枚目も永年無料で使えます。

 

もし有料のカードを選んだ場合は、必要になるのは有料カードの年会費だけです。

作成のための費用はかからないので、安心ですね。

 

❷ 別の国際ブランドで作れるので、使える場所が増える

クレジットカードを作るとき、「VISA」「Mastercard」といった国際ブランドを選びますよね。

でも1枚だけだと、2つのブランドが欲しいときは選ぶのに悩んだりします。

 

2枚目を作れるなら、ブランド選びの悩みも減りますよね。

「VISA」と「Mastercard」を持っておけば、日本だけでなく海外でも使える場所はグンと広がりますよ。

 

「このブランドのカードは使えないのか...。」といった状況も、かなり減るはずです。

 

※海外で持っておくカードの条件は、「【必須条件あり】海外移住前に作るおすすめクレジットカード3選」で紹介しています。

関連記事
【必須条件あり】海外移住前に作るおすすめクレジットカード3選
【必須条件あり】海外移住前に作るおすすめクレジットカード3選

  お悩み相談海外移住前にはどんなクレジットカードを準備しておけばいいかな? ポイントとか注意点があれば知りたいな。   こんにちは、キベリンブログです。 海外移住するなら、便利な ...

続きを見る

 

❸ カードの紛失・破損・盗難など、トラブル時の予備に使える

カードを持ち歩いていると、失くしたりするトラブルもありますよね。

例えば、「ICチップが読み取れない」といった問題も起こったりします。

 

そういった緊急時でも、2枚目のカードがあれば安心ですよね。

特に海外へ行くときなどは、トラブルに備えて複数のカードを持っておくのは必須です。

 

※トラブルの詳しい内容は、「海外旅行でよくあるクレジットカードの3つのトラブル【原因と対策】」をご覧ください。

 

❹ 引き落とし口座を別々に設定できて、用途により使い分けが可能

1つのカードだけで支払いを続けると、件数が多すぎてわかりにくかったりしますよね。

2枚目のカードの引き落としの口座は、別に設定できます。

 

例えば「日常の生活費」と「趣味の娯楽費」などで口座とカードを使い分けると、管理しやすいですよね。

でも「それぞれのカードでポイントが分散されて、貯めにくくならないの?」と思うかもしれませんが、そこは心配無用です。

 

1枚目と2枚目どちらを使っても同じポイント口座に付与されるので、貯めやすいですよ。

 

2枚目の申し込み時は、1枚目の口座設定を引き継いでいます。

変更する場合は、「楽天e-NAVI」から手続きしましょう。

 

❺ 楽天ポイントが貯まりやすく、2枚目の作成時にポイント特典がある

例えば、ブランドが「JCB」の楽天カードしか持っていなければ、使える場所が限られてきます。

カードを使いたくても使えない状況が増えると、ポイントは貯めにくいですよね。

 

そこで2枚目を「VISA」で作っておけば、使える場所が増えてポイントも貯めやすくなります。

繰り返しですが、1枚目と2枚目どちらを使ってもポイントは同じ口座に貯まるので、分散されることはありません。

 

また、2枚目を作って利用すると「2,000円分」のポイント特典があるので、お得ですね。

「2022年5月27日(金) 10:00 まで」の期間限定で、2枚目にVisaブランドを選ぶと「4,000円分」のポイント特典に増額中!

 

>> 楽天カードの申し込みはこちら

 

③ まとめ:2枚目を作るための費用はかからないので、損することなく使える

③ まとめ:2枚目を作るための費用はかからないので、損することなく使える

③ まとめ:2枚目を作るための費用はかからないので、損することなく使える

 

本記事では、「2枚目の楽天カードを作る注意点とメリット」を紹介しました。

ポイントをまとめます。

 

【2枚目の楽天カードを作るときの、3つの注意点】

❶ カード情報は1枚目と異なるため、別に管理が必要

❷ 利用可能枠は合算されない(1枚目と2枚目で共通の利用枠)

❸ 持てないカードの組合せがある

 

【2枚目の楽天カードを作る、5つのメリット】

❶ 2枚目のカードを作るための費用はかからず、無料で作れる

❷ 別の国際ブランドで作れるので、使える場所が増える

❸ カードの紛失・破損・盗難など、トラブル時の予備に使える

❹ 引き落とし口座を別々に設定できて、用途により使い分けが可能

❺ 楽天ポイントが貯まりやすく、2枚目の作成時にポイント特典がある

 

繰り返しですが、2枚目を作るための別途費用はかかりません。

1枚目・2枚目ともに年会費永年無料の「楽天カード」を選べば、ずっと無料で使い続けられます。

 

少なくとも、損することはないですよね。

カードを使っていると、失くしたり読み取れなかったりするトラブルもあります。

 

そんなときに2枚目が使えれば安心だし、ポイントも貯めやすくなります。

ぜひ2枚目のメリットを活かして、便利に使い回してくださいね。

 

>> 楽天カードの申し込みはこちら

「2022年5月27日(金) 10:00 まで」の期間限定で、2枚目にVisaブランドを選ぶと「4,000円分」のポイント特典に増額中!

 

 

関連記事
【必須条件あり】海外移住前に作るおすすめクレジットカード3選
【必須条件あり】海外移住前に作るおすすめクレジットカード3選

  お悩み相談海外移住前にはどんなクレジットカードを準備しておけばいいかな? ポイントとか注意点があれば知りたいな。   こんにちは、キベリンブログです。 海外移住するなら、便利な ...

続きを見る

関連記事
節約効果を手軽に上げる、おすすめ節約術5選【支出は月5万円】
節約効果を手軽に上げる、おすすめ節約術5選【支出は月5万円】

  お悩み相談手軽にできる節約術って何だろう??   こんにちは、キベリンブログです。 支出は減らしたいけど、ストレスになる節約は避けたいですよね。 今回は、「節約効果を手軽に上げ ...

続きを見る

関連記事
海外移住するとクレジットカードは解約?取扱いを解説【海外転職】
海外移住するとクレジットカードは解約?取扱いを解説【海外転職】

  お悩み相談海外に移住すると、クレジットカードは解約しなきゃいけないのかな? クレカがないと不便だから、持っておきたいな。   こんにちは、キベリンブログです。 海外移住してクレ ...

続きを見る

 

-節約術, 生活ハック

© 2020 Kiberin Blog