ライフスタイル 生活ハック

季節労働で稼ぐライフスタイルとは【メリットとデメリット】

季節労働で稼ぐライフスタイルとは【メリットとデメリット】

 

お悩み相談
季節労働って気候のいい場所に行けたり、田舎とかに住めるのも魅力だよね。
どんなメリット・デメリットがあるかな?

 

こんにちは、キベリンブログです。

季節労働はメリハリがあって、ライフスタイルを優先させたい人に向くイメージですよね。

今回は、「季節労働で稼ぐライフスタイルのメリット・デメリット」について、紹介します。

 

【本記事の内容】

 

ITエンジニアとして海外転職などを経た後、フリーランスでサイドFIRE生活をしています。

サイドFIREにも向いている、季節労働について紹介していきますね。

 

① 季節労働とは?どんな仕事があるのか【具体例と季節雇用の保険】

① 季節労働とは?どんな仕事があるのか【具体例と季節雇用の保険】

① 季節労働とは?どんな仕事があるのか【具体例と季節雇用の保険】

 

自然豊かで空気がきれいな山や、透き通った青い海の近くに、少しでもいいから住んでみたいと思うことはありますよね。

「季節労働」は、お金を稼ぎながら、いろんな場所に住むことが可能なライフスタイルです。

 

季節労働とは

季節労働は、夏や冬など一定の季節だけ働くことです。

例えば、夏の間だけオープンする海の家や、冬から春先までのスキー場などはイメージしやすいですよね。

 

「リゾバ(リゾートバイト)」も季節労働のひとつです。

他には農閑期のある農業もそうですね。

 

一定期間という意味では期間工なども当てはまり、意外といろいろな職種・業種があります。

 

季節労働の具体例

・北アルプスの山小屋

・長野県にあるスキー場の飲食店

・夏の間の大根やニンジンの収穫作業

・東北地方の特殊車両による除雪作業

・北海道での鮭の水産加工(シャケバイ)

・電子部品を製造する生産ラインでの期間工

 

季節労働の具体例をあげると、上記のとおりです。

簡単に思いつくものだったり、有名で聞いたことがあるものもあると思います。

 

日本は南北に長くて四季があるので、本当にいろんな季節労働があるんですよね。

観光資源も豊富だし、旅行が好きな人には向く仕事があるはずです。

 

季節労働の求人に特化したサイトもあるので、調べてみてくださいね。

 

【季節労働向けに特化した求人情報サイト】

リゾートバイト.net : 北海道から沖縄まで、温泉・海・山などのリゾートバイト求人サイト。住居つきの求人や、リゾバに対する案内や情報も豊富

入寮ドットコム : 全国の「寮付求人」を一発比較できるサイト。ドライバー職や製造系、リゾート系など、いろんな業種の求人に対応

YUIME(ゆいめ) : 農業の一次産業に特化しており、短期雇用と長期雇用の求人情報を掲載。正社員登用制度もあり

 

季節雇用は、短期雇用特例被保険者に(雇用保険)

季節的に雇用されたり、短期の雇用につくことを「季節雇用」と呼んでいます。

(季節労働者でも、季節に関係なく1年を通して雇用することは「通年雇用」といいます)

 

働く期間(雇用契約の長さ)は従事する季節労働にもよりますが、短期で1~2か月、長期だと半年以上のものもあります。

「季節雇用は保障とかなさそうだし、失業保険なんてないんじゃないの?」と思ったりしますよね。

 

でも実は、「失業手当(特例一時金)」をもらえる季節雇用もあります。

「短期雇用特例被保険者」に該当すれば、季節労働が終わった後に失業保険を受給できます。

 

※詳しい条件などは、「【失業保険】短期で特例一時金がもらえる条件とは【40日分を一括】」をご覧ください。

 

② 季節労働で働くメリットとは【3選】

② 季節労働で働くメリットとは【3選】

② 季節労働で働くメリットとは【3選】

 

一般的な働き方とは異なる季節労働ですが、もちろんメリットとデメリットがあります。

まずは、メリットを見ていきますね。

 

【季節労働のメリット】

❶ 決まった期間で、いろいろな場所に行ける

❷ まとまったお金が稼げて、支出も減りやすい

❸ 働く期間と休む期間を分けた、メリハリのあるライフスタイルが可能

 

❶ 決まった期間で、いろいろな場所に行ける

夏は北海道、冬は沖縄など、旅行感覚で快適な時期にいろんな場所へ行きます。

どのくらい住むか決まっていないと、「何年も住むのはちょっと...。」と思うこともありますよね。

 

でも季節労働なら何年も住み続けるわけではないので、気軽に行きやすくなります。

すこしずつ、いろんな場所での在住経験を積めるのは、旅行と違って良い点ですね。

 

❷ まとまったお金が稼げて、支出も減りやすい

決められた期間はきっちり働くので、短期間でまとまったお金が稼げます。

収入がどのくらいになるか見えやすいのもメリットですね。

 

また支出に目を向けると、住み込みの場合や地方であることも多いので、住居費はかなり安くなります。

お金を使う機会も多くないので、節約のストレスもなく支出は自然に減りますね。

 

❸ 働く期間と休む期間を分けた、メリハリのあるライフスタイルが可能

季節労働は、「シーズンの4か月間だけまとめて働く」といった働き方が多いです。

その分、それ以外の時期は長期でも休みが取りやすいんですよね。

 

例えば海外旅行が好きなら、1か月とか長期休暇の期間を取って、いろんな国を回ったりできます。

「働く期間」と「休む期間」を数か月単位でわけたライフスタイルも可能ですね。

 

③ 季節労働で働くデメリットとは【3選】

③ 季節労働で働くデメリットとは【3選】

③ 季節労働で働くデメリットとは【3選】

 

前のパートでは、季節労働のメリットを紹介しました。

続いて、デメリットも確認しておきましょう。

 

【季節労働のデメリット】

❶ 体力が必要になる場面が多い

❷ 年間を通して仕事が安定しない

❸ 通常の雇用と比べて、社会保険が薄くなる

 

❶ 体力が必要になる場面が多い

季節労働はアウトドア系など屋外での仕事が多くなります。

その名のとおり、季節による暑さや寒さの影響がありますね。

 

イスに座りながらのデスクワークとは違うので、体力的な面で厳しさがあります。

逆の見方をすれば、自然の中などで健康的に鍛えられるとも言えますね。

 

❷ 年間を通して仕事が安定しない

季節労働でも「通年雇用(季節労働者でも1年を通して雇用する)」の仕事もありますが、少ないのが実情です。

そのため働く期間が終わると、また新たな仕事を探す必要があります。

 

なので収入の安定性には欠ける面がありますね。

中には毎年繰り返して雇用してくれるところもあるので、そういったところを見つけておくと良いかもしれません。

 

❸ 通常の雇用と比べて、社会保障が薄くなる

短期間で仕事を変える場合、空白期間の社会保険は「国民年金」と「国民健康保険」になります。

そのため通常の雇用と比較すると、社会保障の面が薄くなってしまうんですよね。

 

ただ、雇用保険は「短期雇用特例被保険者」に当てはまれば、「特例一時金」の失業手当がもらえます。

季節雇用でも雇用保険の受給資格があったりするので、事前に知っておくと安心ですね。

 

※特例一時金に関する詳しい内容は、「【失業保険】短期で特例一時金がもらえる条件とは【40日分を一括】」で紹介しています。

 

④ まとめ:稼ぐときは稼いで、休むときは休む。メリハリのあるライフスタイルも魅力

④ まとめ:稼ぐときは稼いで、休むときは休む。メリハリのあるライフスタイルも魅力

④ まとめ:稼ぐときは稼いで、休むときは休む。メリハリのあるライフスタイルも魅力

 

本記事では、「季節労働で稼ぐライフスタイルのメリット・デメリット」を紹介しました。

ポイントをまとめます。

 

【季節労働とは】

・季節労働は、夏や冬など一定の季節だけ働くこと

・季節雇用には、「短期雇用特例被保険者」に当てはまる雇用保険もある

 

【季節労働のメリット】

❶ 決まった期間で、いろいろな場所に行ける

❷ まとまったお金が稼げて、支出も減りやすい

❸ 働く期間と休む期間を分けた、メリハリのあるライフスタイルが可能

 

【季節労働のデメリット】

❶ 体力が必要になる場面が多い

❷ 年間を通して仕事が安定しない

❸ 通常の雇用と比べて、社会保険が薄くなる

 

季節労働と聞くと、不安定なイメージが強いかもしれません。

でも決められた期間はきっちり働くので、まとまったお金を稼ぐのには向いています。

 

仕事のない期間は長期で休みも取れるので、混雑を避けてのんびり旅行を楽しんだりもできます。

「稼ぐときは稼いで、休むときは休む。」といったメリハリのあるライフスタイルが送れるんですよね。

 

興味があったら、まずは「一定期間だけ試してみて、自分に心地よければ続ける」といった感覚でいると動きやすいと思います。

働き方を変えるきっかけになれば、幸いです。

 

【季節労働向けに特化した求人情報サイト】

リゾートバイト.net : 北海道から沖縄まで、温泉・海・山などのリゾートバイト求人サイト。住居つきの求人や、リゾバに対する案内や情報も豊富

入寮ドットコム : 全国の「寮付求人」を一発比較できるサイト。ドライバー職や製造系、リゾート系など、いろんな業種の求人に対応

YUIME(ゆいめ) : 農業の一次産業に特化しており、短期雇用と長期雇用の求人情報を掲載。正社員登用制度もあり

 

 

関連記事
サイドFIREに踏み出せた理由【セミリタイア生活】
サイドFIREに踏み出せた理由【セミリタイア生活】

  お悩み相談FIRE とかセミリタイアっていうワードはよく聞くけど、やっぱり難しいよね..。 どうしたらできるんだろう??   こんにちは、キベリンブログです。 最近では「FIR ...

続きを見る

関連記事
【体験談】ミニマリストは海外移住の結果だった話【目的とメリット】
【体験談】ミニマリストは海外移住の結果だった話【目的とメリット】

  お悩み相談ミニマリストになりたいけど、物が捨てられないんだよね...。 何かいい方法はないかな?   こんにちは、キベリンブログです。 ミニマリストや断捨離など、物を持たない生 ...

続きを見る

関連記事
【失業保険】短期で特例一時金がもらえる条件とは【40日分を一括】
【失業保険】短期で特例一時金がもらえる条件とは【40日分を一括】

  お悩み相談海の家やスキー場とか短期のアルバイトだと、失業保険ってもらえないのかな?   こんにちは、キベリンブログです。 短期で働く人のために、特例一時金という雇用保険の制度が ...

続きを見る

 

-ライフスタイル, 生活ハック
-

© 2020 Kiberin Blog