ライフスタイル 生活ハック

サイドFIREに踏み出せた理由【セミリタイア生活】

2021/04/07

サイドFIREに踏み出せた理由【セミリタイア生活】

 

お悩み相談
FIRE とかセミリタイアっていうワードはよく聞くけど、やっぱり難しいよね..。
どうしたらできるんだろう??

 

こんにちは、キベリンブログです。

最近では「FIRE」という言葉、メディアなどでもよく目にしますよね。

今回は、「私がサイドFIREに踏み出せた理由」について、紹介します。

 

【本記事の内容】

① サイドFIRE(セミリタイア)とは?【働かないことではない】

② 私がサイドFIREに踏み出せた理由【3つの根拠】

③ まとめ:サイドFIREなら、ハードルは低くなる【資産運用は必須ではない】

 

海外転職から派遣ITエンジニアを経て、今はフリーランスでの労働所得と資産運用の所得で生活しています。

経験から、サイドFIREに踏み出せた理由を語っていきます。

 

① サイドFIRE(セミリタイア)とは?【働かないことではない】

① サイドFIRE(セミリタイア)とは?【働かないことではない】

① サイドFIRE(セミリタイア)とは?【働かないことではない】

 

最初にすこしだけ「FIRE」と「サイドFIRE」について、説明しておきます。

不要な人は読み飛ばしてくださいね。

 

【FIREとサイドFIRE】

・FIRE : 「Financial Independence(経済的自立), Retire Early(早期退職)」の略語で、早期リタイアのこと

・サイドFIRE : 生活費の一部は、働いて稼ぐセミリタイアのこと(完全に働かないわけではない)

 

上記のとおりで、「サイドFIRE = セミリタイア」というイメージです。

 

サイドFIREは「労働所得 + 不労所得」の組合せなので、ハードルが低くなる

サイドFIREの魅力は、完全リタイアのFIREよりも「早く達成できる」ところです。

不労所得である資産の運用利回りだけでFIREするには、一般的に「5,000万以上」の金融資産が必要になってきます。

 

この資産を準備するのは、簡単ではないですよね。

一方でサイドFIREなら、労働収入も足せるので準備する資産は半分以下でも達成できます。

 

もちろん、どのくらい労働収入が必要なのかは人によって違うので、一概には言えません。

ですが、圧倒的にハードルが低くなることがわかりますよね。

 

② 私がサイドFIREに踏み出せた理由【3つの根拠】

② 私がサイドFIREに踏み出せた理由【3つの根拠】

② 私がサイドFIREに踏み出せた理由【3つの根拠】

 

では、サイドFIREの生活に踏み出せた理由を語っていきますね。

大きく3つの理由があります。

 

【サイドFIREに踏み出せた理由】

・資産の運用利回りから、一定の収入を確保できた

・海外でも、稼いで生活できた

・生活費を下げても、満足度は低下しなかった

 

それぞれ説明していきますね。

 

資産の運用利回りから、一定の収入を確保できた

大学を出てから、おもに正社員のITエンジニアとしてキャリアを積みました。

転職を繰り返すことで、キャリアと収入アップを図ってきています。

 

ただこのときにFIREやセミリタイアといった思いは、まったくありませんでした。

大企業にも転職して給料も毎年上がっていたので、自然とお金も貯まるようになります。

 

貯金が1,000万を超えたあたりから「銀行に寝かせておくのも、もったいないな」と考え始めました。

それから株式投資での運用を開始して、徐々に投資額も上げていきます。

 

時間が経つにつれてタネ銭も増えたので、定期的な配当収入を見込めるようになりました。

給料以外で別の収入が生まれたことで、労働収入だけに縛られる考え方が変わりました。

 

※転職でキャリアアップを図ったときの感想は、「転職エージェントを使って転職した感想【メリットとデメリット】」で紹介しています。

関連記事
転職エージェントを使って転職した感想【メリットデメリット】
転職エージェントを使って転職した感想【メリットとデメリット】

  お悩み相談転職エージェントを使うか悩んでいるけど、どんな感じなんだろう? 実際に利用した人の感想が聞きたいな。   こんにちは、キベリンブログです。 転職をサポートしてくれる転 ...

続きを見る

 

海外でも、稼いで生活できた

もともと海外旅行が好きで、100か国以上のいろんな国と地域を訪れてきました。

海外を身近に感じるようになり、海外で働いてみたい思いが生まれてきます。

 

「日本以外でも稼いで生活できるか?」という挑戦と経験を積むために、海外転職をしました。

海外移住して、2年ほど海外の会社で働きます。

 

その経験から、日本で働けなくなり失敗したとしても、「海外でも再スタートできるし、生活できるな」と判断できました。

海外も含めて場所を選ばず働ける選択肢を得て、仕事の幅を広げて考えられるようになりました。

 

※海外就職を実現した方法は、「海外転職を実現するには?方法・ステップを解説【経験談】」をご覧ください。

関連記事
海外転職を実現するには?方法・ステップを解説【経験談】
海外転職を実現するには?方法・ステップを解説【経験談】

  お悩み相談海外転職したいけど、具体的にどういうステップで進めていけば良いのかな?   こんにちは、キベリンブログです。 海外転職は以前よりも増えていますが、どう進めればいいのか ...

続きを見る

 

生活費を下げても、満足度は低下しなかった

以前は、支出についてあまり気にしていませんでした。

立地も良い新築物件などに住んだりしていたので、家賃もわりと高かったです。

 

その後に海外転職を経て日本に戻ってきましたが、「生活費を下げた生活に、自分はどう感じるか?」を試してみました。

前後の支出を比較すると、以下のとおりです。

 

・生活費を下げる前の毎月の支出 : 17万円ほど

・生活費を下げた後の毎月の支出 : 5~6万円ほど

 

毎月の支出「5~6万円」の生活を、2年以上は続けています。

その生活を継続しても「快適だし、以前と満足度は変わらないな」ということを実感できました。

 

生活費を下げた後の支出は少ない方だと思いますが、仙人のような生活でもなければ、無理な倹約もしていません。

家賃の安いエリアに住み、心地よいと感じる範囲の節約です。

 

・生活費を下げた生活でも、満足度は低下しないこと

・数万円稼げば、生活できること

 

こういったことが実際に継続してやってみて、明確にわかりました。

それなら「お金にとらわれず自分に合ったやり方で、やりたい仕事を選べる」と思えましたね。

 

※生活費の実績については、「【月5万】2021年8月の生活費の実績【サイドFIRE生活】」をご覧ください。

関連記事
【月5万】2021年8月の生活費の実績【サイドFIRE生活】
【月5万】2021年8月の生活費の実績【サイドFIRE生活】

  お悩み相談どういうわけか、貯金が増えないな...。 何に使ったっけ??   こんにちは、キベリンブログです。 支出の中身がわからないと、どう改善すればいいかも難しいですよね。 ...

続きを見る

③ まとめ:サイドFIREなら、ハードルは低くなる【資産運用は必須ではない】

③ まとめ:サイドFIREなら、ハードルは低くなる【資産運用は必須ではない】

③ まとめ:サイドFIREなら、ハードルは低くなる【資産運用は必須ではない】

 

本記事では、「私がサイドFIREに踏み出せた理由」を紹介しました。

ポイントをまとめます。

 

【FIREとサイドFIRE】

・FIRE : 「Financial Independence(経済的自立), Retire Early(早期退職)」の略語で、早期リタイアのこと

・サイドFIRE : 生活費の一部は、働いて稼ぐセミリタイアのこと(完全に働かないわけではない)

 

【私がサイドFIREに踏み出せた理由】

・資産の運用利回りから、一定の収入を確保できた

・海外でも、稼いで生活できた

・生活費を下げても、満足度は低下しなかった

 

サイドFIRE(セミリタイア)は、人によって目指すレベルはまったく異なるものです。

必要とするお金の額は、それぞれで違うからですね。

 

確かに資産運用で不労所得があれば、労働による収入の重要度は下がります。

ですが、生活していて最低限のお金だけで十分なら、資産運用は必須ではありません。

 

働くスタイルだって、フリーランスに限りません。

 

・苦にならない仕事を選び、派遣で適度に働く

・週1~2回アルバイトして、社会とのつながりも保つ

・1年のうち、季節労働などで3か月間だけまとめて働く

 

上記のような働き方も自由です。

自分に合うと感じたものを、幅広い中から主体的に選べますよね。

 

サイドFIREの生活をしていて、「経験は資産」ということを改めて感じます。

 

・転職でのキャリアアップ

・海外経験による強み

・支出に対する満足度

 

こういった経験を積んできて、「自分に必要なもの」「失敗しても再スタートできること」が、はっきり判断できました。

これがサイドFIREに踏み出せた理由です。

 

すこしでも参考になれば、幸いです。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

 

関連記事
エンジニアが語るIT系おすすめ派遣会社・サイト4選【未経験可】
エンジニアが語るIT系おすすめ派遣会社・サイト4選【未経験可】

  お悩み相談ITエンジニアの求人に強い派遣会社ってどこだろう? 登録におすすめの派遣会社を知りたいです。   こんにちは、キベリンブログです。 手に職がつくITエンジニアは、高単 ...

続きを見る

人気記事 転職エージェントの利用の流れとリスク回避方法を解説【実体験】

人気記事 【体験談】ミニマリストは海外移住の結果だった話【目的とメリット】

-ライフスタイル, 生活ハック

© 2020 Kiberin Blog