※当サイトで紹介する商品・サービス等は、プロモーションが含まれています。

海外転職・移住 ベトナム移住

【ベトナム】変換プラグと変圧器は必要?【コンセント形状:A+C】

【ベトナム】変換プラグと変圧器は必要?【コンセント形状:A+C】

 

お悩み相談
ベトナムのコンセントって、プラグはそのまま使えるのかな?
変換プラグや変圧器が必要なのかも知りたいな。

 

こんにちは、キベリンブログです。

海外旅行などで海外に行くときは、コンセントの形状には要注意です。

今回は、「ベトナムのコンセントの形状と、変換プラグ・変圧器の必要性」について紹介します。

 

【本記事の内容】

① ベトナムのコンセントの形状は、A+C複合型が多い【Cタイプの変換プラグがあると安心】

② ベトナムに行く場合、変換プラグだけでなく変圧器も必要か【短期の旅行では不要】

③ まとめ:ベトナム旅行では、C型の変換プラグを用意しておくと安心

 

ベトナムには海外旅行やノマド生活などで、中長期の滞在を繰り返してきました。

日本の電化製品を使うときの、変換プラグと変圧器の必要性を語っていきます。

 

① ベトナムのコンセントの形状は、A+C複合型が多い【Cタイプの変換プラグがあると安心】

① ベトナムのコンセントの形状は、A+C複合型が多い【Cタイプの変換プラグがあると安心】

① ベトナムのコンセントの形状は、A+C複合型が多い【Cタイプの変換プラグがあると安心】

 

海外でも、日本から持っていくスマホやパソコンを使いますよね。

当然ながら、充電が必要になってきます。

 

でも行く国のコンセントの形状が日本と違う場合、電源プラグが合わないため、「変換プラグ」がないと使えません。

そこでベトナムのコンセントはどんな形状なのか、具体的に見ていきましょう。

 

ベトナムのコンセントの形状【A+C複合型が多い】

ベトナムのコンセントの形状【A+C複合型】

ベトナムのコンセントの形状【A+C複合型】

・ベトナム : AタイプとCタイプの複合型が多い【まれにCタイプのみの場合あり】

・日本 : Aタイプ

 

ベトナムで使われているコンセントは、「A+Cタイプの複合型」が多く使われています。

AタイプとCタイプの製品なら、変換プラグなしで使えるコンセントです。

 

日本はAタイプなので、上の画像のような「A+Cタイプの複合型」のコンセントなら、ベトナムでもそのままコンセントにさして使えます。

Cタイプは少し幅が広めの丸いタイプで、ヨーロッパで多く使われている形状です。

 

念のため、Cタイプの変換プラグを持っていくと安心

ただし、ベトナムではまれに「Cタイプのみ」のコンセントしかない場合があります。

もし滞在先の部屋がCタイプのみのコンセントに当たってしまうと、変換プラグがなければスマホやパソコンの充電もできなくなってしまいます。

 

ベトナムに行くなら、念のため「Cタイプの変換プラグ」を持っていくと安心です。

変換プラグは安くて数百円で買えるし、小さくて軽いので、荷物にもなりません。

 

 

② ベトナムに行く場合、変換プラグだけでなく変圧器も必要か【短期の旅行では不要】

② ベトナムに行く場合、変換プラグだけでなく変圧器も必要か【短期の旅行では不要】

② ベトナムに行く場合、変換プラグだけでなく変圧器も必要か【短期の旅行では不要】

 

前のパートで、ベトナムのコンセントの形状について紹介してきました。

ベトナムは「A+Cタイプの複合型」が多く、まれに「Cタイプのみ」の場合があるため、"Cタイプの変換プラグ" は用意しておくと安心です。

 

「でも海外だと、変圧器も必要なんじゃないの?」と疑問に思うこともあるはず。

そこでベトナムでの電圧の違いと、変圧器の必要性にも触れておきますね。

 

ベトナムと日本の電圧の違い

・ベトナム : 220V

・日本 : 100V

 

ベトナムのコンセントは、「220V」の電圧です。

日本は「100V」なので、電圧に違いがあります。

 

日本の電化製品は、基本的に100Vの電圧で使う目的で作られています。

220Vの電圧に対応していない日本の製品をベトナムで使うと、故障して使えなくなります。

 

変圧器は、短期のベトナム旅行では不要

海外でも使える家電の表記【100V-240V】

海外でも使える家電の表記【100V-240V】

・変圧器なしでOK : スマホやパソコン、カメラのバッテリーの充電など

・変圧器が必要 : ドライヤーやアイロンなど、消費電力が大きい家電

 

短期のベトナム旅行なら、基本的に変圧器を持っていく必要はありません。

なぜなら、スマホやパソコンなど持ち運んで使うような小物家電は、海外のどこでも使えるように作られているからですね。

 

上の画像のように、製品や充電器などに「100V-240V」と書いてあれば、ベトナムでも問題なく使えます。

最近の製品なら海外対応されているので、表記が見つからなくても過剰な心配はいりません。

 

ただし、注意が必要なのは、ドライヤーアイロンなどの製品です。

消費電力が大きいものは変圧器なしで使うと故障の懸念があるので、滞在先のホテルなどの備え付けか、現地で買った製品を使う方がおすすめですね。

 

ベトナム移住で日本の家電を持ち込むなら、変圧器があると安心

繰り返しですが、短期の旅行では変圧器は不要です。

ベトナムのコンセントは「AタイプとCタイプの複合型」が多いですが、まれにCタイプのみの場合もあるので、「Cタイプの変換プラグ」は持っていくと安心です。

 

でも海外移住などでベトナムに長期滞在する場合は、炊飯器など日本の家電を持ち込みたいケースもあると思います。

そういった場合は、変圧器も持っていきましょう。

 

「変圧器+変換プラグ」の組合せで、使い慣れた日本の家電をベトナムでも使えます。

日本国内用とされている家電でも、変圧器があれば海外で利用できますよ。

 

 

③ まとめ:ベトナム旅行では、C型の変換プラグを用意しておくと安心

③ まとめ:ベトナム旅行では、C型の変換プラグを用意しておくと安心

③ まとめ:ベトナム旅行では、C型の変換プラグを用意しておくと安心

 

本記事では、「ベトナムのコンセントの形状と、変換プラグ・変圧器の必要性」を紹介しました。

ポイントをまとめます。

 

【ベトナムのコンセントの形状】

・ベトナム : AタイプとCタイプの複合型が多い【まれにCタイプのみの場合あり】

・日本 : Aタイプ

 

【ベトナム旅行での変換プラグ・変圧器の必要性】

・変換プラグ : Cタイプのみのコンセントに備えて、Cタイプの変換プラグがあると安心

・変圧器 : 短期旅行なら不要だが、ドライヤーなど消費電力の大きい製品を使うなら必要

 

ベトナムのコンセントは、「A+Cタイプの複合型」が一般的です。

そのまま日本の製品の電源プラグをコンセントにさして使えるので、スマホやパソコンの充電も問題ありません。

 

ただし、まれにベトナムでは「Cタイプのみ」のコンセントがあります。

この場合は "Cタイプの変換プラグ" がないと使えないので、念のため持っていくと安心です。

 

変圧器は短期旅行では不要ですが、もしドライヤーやアイロンなど消費電力の大きい家電を持っていくなら、変圧器が必要です。

100Vの日本国内用の家電を、ベトナムで変圧器なしで使うと故障してしまうので、気をつけてくださいね。

 

 

 

 

関連記事
海外旅行保険はクレジットカード付帯保険を無料活用【裏ワザと条件】
海外旅行保険はクレジットカード付帯保険を無料活用【裏ワザと条件】

  お悩み相談海外に行くなら、海外旅行保険に入っておいた方がいいのかな。 あ、クレジットカードの付帯保険が使えるんだっけ?   こんにちは、キベリンブログです。 クレジットカードに ...

続きを見る

関連記事
【海外旅行】預け荷物なしでお得に!手荷物リュックだけのメリット
【海外旅行】預け荷物なしでお得に!手荷物リュックだけのメリット

  お悩み相談海外旅行は日数分の着替えとか必要だし、やっぱりスーツケースじゃないと難しいかな。 それとも、大きめのバックパックがいいかな?   こんにちは、キベリンブログです。 海 ...

続きを見る

関連記事
【必須条件あり】海外向けに作るおすすめクレジットカード3選
【必須条件あり】海外向けに作るおすすめクレジットカード3選

  お悩み相談海外に行く前に、どんなクレジットカードを準備しておけばいいかな? 備えるべき条件とか知りたいな。   こんにちは、キベリンブログです。 海外旅行や移住など、便利なクレ ...

続きを見る

 

-海外転職・移住, ベトナム移住
-

© 2020 Kiberin Blog