海外転職・移住 マレーシア移住

【マレーシア】ビザキャンセル直後の再入国は可能?【退職後の注意】

【マレーシア】ビザキャンセル直後の再入国は可能?【退職後の注意】

 

お悩み相談
マレーシアで会社を退職するとビザもキャンセルされるよね。
その後って、すぐ再入国できるのかな?

 

こんにちは、キベリンブログです。

海外で会社を退職するとビザもキャンセルされるので、その後に再入国できるか気になりますよね。

今回は、「マレーシアで就労ビザのキャンセル後の再入国と注意点」について、紹介します。

 

【本記事の内容】

① マレーシアで就労ビザキャンセル後の再入国は可能【3つの注意点】

② マレーシアと東南アジアのビザラン規制とは【就労ビザからビザなし入国時】

③ まとめ:ビザキャンセル後の再入国は問題ないけど、注意点だけは押さえよう

 

マレーシアへ海外転職し、退職によるビザキャンセル後にビザなしで再入国しました。

経験から、再入国の注意点を語っていきますね。

 

① マレーシアで就労ビザキャンセル後の再入国は可能【3つの注意点】

① マレーシアで就労ビザキャンセル後の再入国は可能【3つの注意点】

① マレーシアで就労ビザキャンセル後の再入国は可能【3つの注意点】

 

マレーシアで会社を退職すると、就労ビザはキャンセルが必要なので出国しなければなりません。

でも「家の契約が残ってるから戻りたい」「マレーシア国内をすこし旅行したい」といった理由で、退職後に「ビザなし(観光ビザ)」で再入国したいこともありますよね。

 

先に結論ですが、「就労ビザ(Employment Pass)キャンセル直後の再入国は可能」です。

ただし、再入国にはいくつか注意点があります。

 

【ビザキャンセル後の再入国の注意点】

❶ 出国から再入国までの時間を「72時間(3日間)」は空ける

❷ 再入国後の出国用航空券を準備しておく

❸ 入国の目的をはっきり答えられるようにしておく

 

それぞれ解説していきますね。

 

❶ 出国から再入国までの時間を「72時間(3日間)」は空ける

ビザキャンセル後の再入国は、「72時間(3日間)」は空けるように言われました。

私はインドネシアへ行って1週間ほど過ごしてから、マレーシアに再入国しましたね。

 

ビザのキャンセル時に確認の上で、なるべく時間を空けてから再入国しましょう。

通常は90日滞在できますが、許可される滞在日数が短くなってしまう可能性もありますので。

 

❷ 再入国後の出国用航空券を準備しておく

マレーシアにビザなしで入国する場合、「出国用の航空券を持っていること」が条件です。

ただ、通常はほとんどチェックしないので、持ってなくても入国できているのが実情なんですよね。

 

普通ならあまり聞かれませんが、ビザをキャンセルしてから間もない入国だと、いくつか質問されます。

出国用の航空券を持っているかも、聞かれる可能性が高くなるんですよね。

 

入国条件とされている以上、航空券がなければ入国を拒否されても文句は言えません。

入国できなくて家の荷物が置き去りになったりしたら、大問題ですよね。

 

リスクを考えたら、「捨てチケット」でも準備しておく方がずっと安心です。

予定が未定の場合は、日本に限らず第三国への出国でもOKですよ。

 

タイやシンガポールなど近くの国なら数千円で買えます。

事前に不安を解消するためにも、90日以内に出国する航空券を準備しておきましょう。

 

❸ 入国の目的をはっきり答えられるようにしておく

繰り返しですが、ビザキャンセル後の入国だと、審査官からいくつか質問をされることが多いです。

私の場合は「働くつもりはないか?」「出国用の航空券はあるか?」といったことを聞かれました。

 

入国の目的は予定の見通しと合わせて、はっきりと答えられるようにしておきましょう。

ただ家で過ごすつもりでも、観光などと説明しておけば大丈夫です。

 

答えを用意しておかないと曖昧な答え方になるし、変に疑われたりします。

事前に準備しておけば、焦らなくて済みますので。

 

② マレーシアと東南アジアのビザラン規制とは【就労ビザからビザなし入国時】

② マレーシアと東南アジアのビザラン規制とは【就労ビザからビザなし入国時】

② マレーシアと東南アジアのビザラン規制とは【就労ビザからビザなし入国時】

 

ところで「ビザラン」という方法を知っていますか?

ここで、マレーシアでのビザランについて触れておきますね。

 

ビザランとは、ビザなし滞在を繰り返す行為

マレーシアは、「ビザなし」で90日滞在できます。

90日が迫ってきたら近くの国へ出国して、再度マレーシアに入国すると、また90日の滞在が認められます。

 

これを繰り返してビザなしで長期滞在することを、「ビザラン」と呼んでいます。

外国人のバックパッカーなどによく使われていた手法でした。

 

東南アジアは、ビザラン規制が厳しくなってきている

ところが、タイで外国人による違法な就労や長期滞在が増えて、社会問題となったんですよね。

2014年に「ビザラン規制法」が制定され、ビザランによる滞在が規制されました。

 

この流れは東南アジアに広がり、マレーシアでもビザラン規制が始まっています。

 

マレーシアのビザラン規制

・短期間で再入国すると、滞在を許可される日数が少なくなる

・ビザラン規制を受けないためには、出国してしばらくは日本に滞在することが望ましい

※通常でも1年間に180日間までしか滞在できない

 

マレーシアはビザなしでも90日まで滞在できるので、わりと長期滞在できます。

でも、短期間のうちに出入国を繰り返すと、2回目以降の入国では許可される滞在日数が短くなったりします。

 

短くなる日数は審査官の判断で変わりますが、2週間や1か月くらいに減らされます。

なお、通常でもマレーシアは「1年間に180日間まで」しか滞在できません。

 

それ以上の滞在を望むならビザを取るしかないので、注意してくださいね。

 

「就労ビザキャンセル」から「ビザなし」での再入国は、ビザラン規制なし

私は就労ビザで長期滞在していましたが、会社を退職したのでビザはキャンセルとなりました。

そのときに「就労ビザキャンセル」から出国直後に「ビザなし」で再入国しましたが、ビザラン規制などはなかったですね。

 

前のパートでも説明したとおり、いくつか質問されただけで、90日の滞在許可をもらえました。

ちなみに、就労ビザが有効な間は、規制なく何度でも繰り返し出入国ができますよ。

 

※会社の退職から出国までの流れは、「【マレーシア移住】退職決意から帰国までの手続きの流れ【要準備】」をご覧ください。

関連記事
【マレーシア】退職決意から帰国までの手続きの流れ【準備必須】
【マレーシア移住】退職決意から帰国までの手続きの流れ【要準備】

  お悩み相談マレーシアの会社を辞めようと考えているけど、どんな手続きが必要なんだろう??   こんにちは、キベリンブログです。 海外の会社を辞めるときはビザの問題もあるので、手続 ...

続きを見る

③ まとめ:ビザキャンセル後の再入国は問題ないけど、注意点だけは押さえよう

③ まとめ:ビザキャンセル後の再入国は問題ないけど、注意点だけは押さえよう

 

本記事では、「マレーシアで就労ビザのキャンセル後の再入国と注意点」について、紹介しました。

ポイントをまとめます。

 

【ビザキャンセル後の再入国の注意点】

❶ 出国から再入国までの時間を「72時間(3日間)」は空ける

❷ 再入国後の出国用航空券を準備しておく

❸ 入国の目的をはっきり答えられるようにしておく

 

【マレーシアのビザラン規制】

・短期間で再入国すると、滞在を許可される日数が少なくなる

・ビザラン規制を受けないためには、出国してしばらくは日本に滞在することが望ましい

※通常でも1年間に180日間までしか滞在できない

 

海外で会社を辞めると、ビザのキャンセルで間もなく出国しなければなりません。

でも、家の契約が残っていたりすると、もう少しのんびり過ごしたいといったこともありますよね。

 

「ビザキャンセル」からの「ビザなし」での再入国では、ビザラン規制など受けることなく入国できました。

ただし、紹介した注意点の内容は押さえておいてくださいね。

 

関連記事
海外転職に強いおすすめ転職エージェント3選【体験談】
海外転職に強いおすすめ転職エージェント5選【経験者が語る】

  お悩み相談海外転職に挑戦したいけど、まずはエージェントに相談してみたいな。 海外転職に強い転職エージェントを知りたいです。   こんにちは、キベリンブログです。 昔と比べて一般 ...

続きを見る

人気記事 マレーシアで転職or退職時の税金手続き【タックスクリアランス】

人気記事 【体験談】マレーシア移住は失敗?やめた理由とは【海外移住】

-海外転職・移住, マレーシア移住
-,

© 2020 Kiberin Blog