海外転職・移住 マレーシア移住

【マレーシア移住】注目のS-MM2Hビザとは?【条件を比較】

2021/08/28

【マレーシア移住】注目のS-MM2Hビザとは?【条件を比較】

 

お悩み相談
MM2Hビザの条件が厳しくなったから、マレーシア移住は諦めるしかないかな...。

 

こんにちは、キベリンブログです。

マレーシアの長期滞在ビザには「MM2H」の他に、「S-MM2H」というビザがあります。

今回は、「マレーシア(サラワク州)のS-MM2Hビザと、MM2Hとの比較」について、紹介します。

 

【本記事の内容】

① マレーシアのS-MM2Hビザとは、サラワク州の長期滞在ビザ【国内全土に滞在OK】

② S-MM2Hビザ要件と、MM2Hとの比較【メリットとデメリット】

③ まとめ:S-MM2Hビザは50歳以上なら条件がゆるいので、取得する価値あり

 

マレーシアへ海外転職して、マレーシアに移住していました。

経験から、S-MM2Hビザについて語っていきますね。

 

※MM2Hビザの改正については、「【マレーシア移住】MM2Hビザ要件が改正!【2021年10月開始】」をご覧ください。

関連記事
【マレーシア移住】MM2Hビザ要件が改正!【2021年10月開始】
【マレーシア移住】MM2Hビザ要件が改正!【2021年10月開始】

  お悩み相談マレーシアに移住したいけど、長く滞在するにはビザが必要だよね。 MM2Hビザって取れるのかな?   こんにちは、キベリンブログです。 海外移住にはビザが必要なので、取 ...

続きを見る

① マレーシアのS-MM2Hビザとは、サラワク州の長期滞在ビザ【国内全土に滞在OK】

① マレーシアのS-MM2Hビザとは、サラワク州の長期滞在ビザ【国内全土に滞在OK】

① マレーシアのS-MM2Hビザとは、サラワク州の長期滞在ビザ【国内全土に滞在OK】

 

2021年10月から、マレーシアの長期滞在ビザ「MM2H」の条件が改正され、かなり厳しくなります。

そこで注目されているのが、「S-MM2H」というビザです。

 

S-MM2Hは、サラワク州政府が実施するプログラム

「S-MM2H(Sarawak-Malaysia My 2nd Home)」の "S" は、「サラワク州」のことです。

同州の政府が独自に行っている、長期滞在のビザ取得プログラムなんですよね。

 

ビザ要件は「MM2H」とは異なります。

サラワク州とサバ州は出入国管理も別で行っていて、マレーシア国内でもクアラルンプールなどマレー半島と行き来するときは、パスポートが必要だったりします。

 

S-MM2Hビザでも、マレーシア全土に滞在可能

ただ独自といっても、サラワク州にしか滞在できないわけではありません。

クアラルンプールのあるマレー半島を含め、問題なくマレーシア全土に滞在できるビザなんですよね。

 

サラワク州は、ボルネオ島の北西部の海岸沿い

マレーシア - サラワク州

マレーシア - サラワク州

 

ところで、「サラワク州ってどこ??」という人もいますよね。

サラワク州は、マレー半島から海を挟んで東にある「ボルネオ島の北西部」の海岸沿いエリアです。(北東部はコタキナバルがあるサバ州、南側はインドネシア領)

 

州都の「クチン(Kuching)」はサラワク川沿いにあり、「猫の町」としても有名ですね。

私も行ったことがありますが、ウォーターフロントの遊歩道はのんびり散歩できて、夕景や夜景もきれいでした。

 

なお、日本からクチンなどサラワク州への直行便はありません。

クアラルンプールやコタキナバル、東南アジアの都市などから乗り継ぐ必要があります。

 

クアラルンプールからクチンまでは、飛行機で1時間50分ですね。

航空券は数千円で買えて便数も多いので、わりと簡単に行けますよ。

 

② S-MM2Hビザ要件と、MM2Hとの比較【メリットとデメリット】

② S-MM2Hビザ要件と、MM2Hとの比較【メリットとデメリット】

② S-MM2Hビザ要件と、MM2Hとの比較【メリットとデメリット】

 

S-MM2Hビザの申請条件は、MM2Hとは異なります。

それぞれの条件を比較して、メリットとデメリットを見ていきましょう。

 

MM2H(新条件)とS-MM2Hの要件の比較

 

MM2H
(2021年10月から)

S-MM2H

❶ 収入条件
(マレーシア国外)

月40,000RM以上
(約100万円)

月7,000RM以上
(約18万円)

❷ 資産証明

1,500,000RM
(約4,000万円)

150,000RM
(約400万円)

❸ 定期預金額
(マレーシア国内)

1,000,000RM
(約2,600万円)

150,000RM
(約400万円)

❹ ビザ手続き費用

5,000RM
(約13万円)

なし

❺ 年間パス料金

500RM
(約13,000円)

90RM
(約2,300円)

❻ 申請可能年齢

35歳以上

30歳以上

❼ 有効期間

5年

5年
(更新で最長10年)

❽ 滞在義務

90日以上
(35歳~49歳のみ)

年15日以上
(サラワク州に滞在)

❾ その他条件

なし

30~39歳:子供が州内の学校に通う or 州内で治療を受ける

40~49歳:上記30~39歳の条件を満たす or 州内で600,000RM(約1,500万円)以上の不動産投資をする

50歳以上:なし

(※S-MM2Hビザの要件は、「サラワク州政府のS-MM2H」のサイトを参照)

 

S-MM2Hでの「❶ 収入条件(約18万円)」と「❸ 定期預金額(約400万円)」は、どちらかを満たしていればOKです。

収入・資産条件をMM2Hと比べると、S-MM2Hは「10分の1ほど」と圧倒的に少ないですよね。

 

S-MM2Hの申請は、エージェントに依頼するのが一般的です。(エージェント費用は別途必要)

自力での応募は「当局の基準を満たしたサラワク州在住者の保証人」が必要な上、時間と労力を要するので、かなり難しいですね。

 

S-MM2Hビザのメリット

・50歳以上なら、「❶ 収入条件(約18万円)」or「❸ 定期預金額(約400万円)」のどちらかだけの条件で申請可能

・マレー半島を含め、マレーシア全土に長期滞在できる(MM2Hはサラワク州とサバ州には滞在不可)

・申請から承認までの期間が「90日(約3か月)」と短い(MM2Hは1年ほどかかる)

 

最もメリットが大きいのは、「50歳以上」の人ですね。

400万円ほどの資産があれば、収入がなかったとしても条件を満たせます。

 

S-MM2Hビザでもマレーシア全土に滞在できるので、クアラルンプールにも住めますよ。

申請から承認までの期間が短いのもメリットですね。

 

S-MM2Hビザのデメリット

・30~49歳はサラワク州内で治療を受けたり不動産投資をするなど、特別な条件あり

・少なくとも1年に15日はサラワク州に滞在しないと、ビザが取り消されてしまう

・ビザを更新しても最長10年までで、10年後は新たに取得が必要

 

30~49歳だと、「❾ その他条件」のハードルが厳しいですね。

特に30~39歳で単身の人は、サラワク州で治療を受ける特別な理由が必要になってきます。

 

また、クアラルンプールに住んだ場合は、1年に15日以上はサラワク州に来なければなりません。

ビザも最長で10年ですし、それを過ぎると再取得の手間がちょっと面倒ですね。

 

ビザ条件が厳しければ、海外転職で移住できる

「条件が厳しくて無理...。」と思っても、まだあきらめるのは早いです。

マレーシアに海外転職すれば、「就労ビザ(Employment Pass)」を簡単に取得できます。

 

ビザの手続きは会社が行うので、指示された書類を出すだけでOKです。

就労ビザは取得までの時間も短いですし、特に20代から40代までの人なら、海外転職が最も海外移住しやすい方法です。

 

働いて稼げるので、大きな資産は必要ないんですよね。

マレーシアは未経験でも転職できる会社は多いですし、年齢で判断されることも少ないですよ。

 

私も実際に海外転職して感じましたが、何より経験が資産になります。

その後の人生に活きてくることは間違いないので、ぜひ挑戦してみてください。

 

※海外転職を実現する方法は、「海外転職を実現するには?方法・ステップを解説【経験談】」をご覧ください。

関連記事
海外転職を実現するには?方法・ステップを解説【経験談】
海外転職を実現するには?方法・ステップを解説【経験談】

  お悩み相談海外転職したいけど、具体的にどういうステップで進めていけば良いのかな?   こんにちは、キベリンブログです。 海外転職は以前よりも増えていますが、どう進めればいいのか ...

続きを見る

③ まとめ:S-MM2Hビザは50歳以上なら条件がゆるいので、取得する価値あり

③ まとめ:S-MM2Hビザは50歳以上なら条件がゆるいので、取得する価値あり

③ まとめ:S-MM2Hビザは50歳以上なら条件がゆるいので、取得する価値あり

 

本記事では、「マレーシア(サラワク州)のS-MM2Hビザと、MM2Hとの比較」を紹介しました。

ポイントをまとめます。

 

【マレーシアのS-MM2Hビザとは】

・「S-MM2H(Sarawak-Malaysia My 2nd Home)」とは、サラワク州政府の長期滞在ビザ取得プログラム

・S-MM2Hビザでも、マレーシア全土に滞在可能

・サラワク州はボルネオ島の北西部の海岸沿いのエリア(州都はクチン)

 

【S-MM2Hビザのメリット】

・50歳以上なら、「収入条件(約18万円)」or「定期預金額(約400万円)」のどちらかだけの条件で申請可能

・マレー半島を含め、マレーシア全土に長期滞在できる(MM2Hはサラワク州とサバ州には滞在不可)

・申請から承認までの期間が「90日(約3か月)」と短い(MM2Hは1年ほどかかる)

 

【S-MM2Hビザのデメリット】

・30~49歳はサラワク州内で治療を受けたり不動産投資をするなど、特別な条件あり

・少なくとも1年に15日はサラワク州に滞在しないと、ビザが取り消されてしまう

・ビザを更新しても最長10年までで、10年後は新たに取得が必要

 

「MM2H」の改正(改悪)で条件が厳しくなったことから、かなり「S-MM2H」が注目され始めています。

特にメリットがあるのは「50歳以上」の人ですね。

 

収入や資産条件がゆるく、特別な条件もありません。

この機会に「S-MM2H」も選択肢として、考えてみてくださいね。

 

関連記事
【マレーシア移住】MM2Hビザ要件が改正!【2021年10月開始】
【マレーシア移住】MM2Hビザ要件が改正!【2021年10月開始】

  お悩み相談マレーシアに移住したいけど、長く滞在するにはビザが必要だよね。 MM2Hビザって取れるのかな?   こんにちは、キベリンブログです。 海外移住にはビザが必要なので、取 ...

続きを見る

人気記事 海外移住するのに最も簡単な方法とは?【海外転職・現地就職】

人気記事 【体験談】マレーシア移住は失敗?やめた理由とは【海外移住】

-海外転職・移住, マレーシア移住
-,

© 2020 Kiberin Blog