失業保険 失業保険ノウハウ

【失業保険】パワハラ・長時間残業の退職は会社都合【メリット4つ】

【失業保険】パワハラ・長時間残業の退職は会社都合【メリット4つ】

 

お悩み相談
上司のパワハラが理由で会社を辞めたけど、離職票を見ると自己都合になってる...。
会社都合じゃないの!?

 

こんにちは、キベリンブログです。

ハラスメントや長時間労働での退職理由は、会社都合になることを知っていますか?

今回は、「パワハラ・長時間残業は会社都合退職であり、失業保険で有利な4つのメリット」について、紹介します。

 

【本記事の内容】

① 自己都合と勘違いしやすい会社都合退職になる理由【パワハラ・長時間労働】

② 会社都合退職だと、失業保険で有利になる点とは【4つのメリット】

③ 失業保険での自己都合・会社都合の判断は、ハローワークが行う【離職票をチェック】

④ まとめ:パワハラ・長時間残業は会社都合退職になるので、損しないようにしよう

 

失業保険はこれまで3回受給してきました。

経験から、会社都合だと有利になるポイントを語っていきますね。

 

① 自己都合と勘違いしやすい会社都合退職になる理由【パワハラ・長時間労働】

① 自己都合と勘違いしやすい会社都合退職になる理由【パワハラ・長時間労働】

① 自己都合と勘違いしやすい会社都合退職になる理由【パワハラ・長時間労働】

 

自分から退職届を出して辞めたら、自己都合だと思ってしまいますよね。

ところが、ハラスメントや長時間労働が理由で辞めた場合は、失業保険では「会社都合退職」になります。

 

【自己都合と勘違いしやすい会社都合退職になる理由】

・パワハラやセクハラなど、ハラスメントで退職

・残業時間が多いことによる、長時間労働で退職

 

パワハラやセクハラなど、ハラスメントで退職

日本の職場では、パワハラとかセクハラといった嫌がらせが起こりやすいですよね。

厚生労働省が提示している「パワハラの3要素」は、以下のとおりです。

 

【パワハラの3要素】

❶ 優越的な関係を背景とした言動

❷ 業務の適正な範囲を超えた言動

❸ 身体的 or 精神的な苦痛を与える、または就業環境を害すること

 

この「パワハラの3要素」をすべて満たすものが、パワハラと定義しています。

具体的には「上司から人格を否定するような発言を受けた」「長期にわたり別室に隔離された」といったことをされたら、パワハラになります。

 

残業時間が多いことによる、長時間労働で退職

私も最初は知らなかったのですが、残業時間が規定よりも多かった場合は会社都合になります。

具体的な残業時間の規定は、以下のとおり。

 

【会社都合となる残業時間の規定(※離職直前の6か月間のうち)】

・3か月連続で、残業が「45時間」を超える

・2か月連続で、残業が「80時間」を超える

・1か月の残業が「100時間」を超える

 

上記3つのうち、「どれかひとつ」でも当てはまれば、会社都合です。

あまり知られていない内容なので、押さえておいてくださいね。

 

② 会社都合退職だと、失業保険で有利になる点とは【4つのメリット】

② 会社都合退職だと、失業保険で有利になる点とは【4つのメリット】

② 会社都合退職だと、失業保険で有利になる点とは【4つのメリット】

 

なぜ自己都合より会社都合が良いかというと、「失業保険で有利になる」からですね。

会社都合で有利になる4つのメリットを、見ていきましょう。

 

【会社都合退職だと、失業保険で有利になる4つのメリット】

❶ 受給に必要な雇用保険の加入期間が、最短で6か月と短い

❷ 給付日数が増える可能性が高く、年齢が上がるほど増えやすい

❸ 給付制限がないので、すぐに受給できる

❹ 健康保険料の軽減措置を受けられる

 

それぞれ説明していきますね。

 

❶ 受給に必要な雇用保険の加入期間が、最短で6か月と短い

自己都合の場合は、最低でも「1年」は雇用保険に加入していないと、失業保険はもらえません。

一方で会社都合なら、「6か月」あれば失業保険がもらえます。

 

半年働いていれば受給できるのは、メリットですね。

 

❷ 給付日数が増える可能性が高く、年齢が上がるほど増えやすい

失業保険の金額は、給付日数が増えるほど多くもらえることになります。

給付日数はどう決まるかというと、以下の表のとおりです。(表はハローワークのHPより引用)

自己都合退職の給付日数

自己都合退職の給付日数

会社都合退職の給付日数

会社都合退職の給付日数

 

上の表が「自己都合」で、下の表が「会社都合」ですね。

雇用保険の加入期間が長いほど、給付日数は増えていきます。

 

自己都合だと年齢は関係ありませんが、会社都合は年齢も影響しており、給付日数が増えやすくなっていますよね。

60歳以上だけは例外ですが、基本的に年齢が高いほど給付日数も増えます。

 

❸ 給付制限がないので、すぐに受給できる

自己都合だと「2か月の給付制限」があるので、2か月が経たないと失業保険はもらえません。

経済的に苦しいと、「受給まで2か月も待たされるのは、正直つらい...。」と思いますよね。

 

会社都合は給付制限がないので、7日間の待期期間さえ終われば、すぐに支給が開始されます。

 

※2020年10月より、自己都合での給付制限は「2か月」に短縮されています。

詳細は、「【失業保険】自己都合退職の給付制限が2か月へ変更【2020年10月】」をご覧ください。

関連記事
【失業保険】自己都合退職の給付制限が2か月へ変更【2020年10月】
【失業保険】自己都合退職の給付制限が2か月へ変更【2020年10月】

  お悩み相談自己都合退職の給付制限の期間が、2020年10月以降は「3か月」から「2か月」に変わってるの!?   こんにちは、キベリンブログです。 失業保険(雇用保険)は自己都合 ...

続きを見る

 

❹ 健康保険料の軽減措置を受けられる

これは失業保険ではないのですが、会社を辞めると自治体の健康保険に入ることになります。

このとき自己都合では、健康保険料は軽減されません。

 

ところが会社都合だと、「国民健康保険料」の軽減措置を受けられるんですよね。

健保の軽減措置は意外と大きくて、「約20万円(退職前の年収が300万の例)」ほど保険料が安くなりますよ。

 

※健康保険の軽減制度については、「【健康保険】退職後の保険料の軽減制度とは?【退職理由が重要】」で解説しています。

関連記事
【健康保険】退職後の保険料の軽減制度とは?【2020年版】
【健康保険】退職後の保険料の軽減制度とは?【退職理由が重要】

  お悩み相談会社を退職したけど、年金と同じように健康保険料も免除申請できるのかな? 軽減や減免措置が受けられるのか知りたいです。   こんにちは、キベリンブログです。 会社の退職 ...

続きを見る

③ 失業保険での自己都合・会社都合の判断は、ハローワークが行う【離職票をチェック】

③ 失業保険での自己都合・会社都合の判断は、ハローワークが行う【離職票をチェック】

③ 失業保険での自己都合・会社都合の判断は、ハローワークが行う【離職票をチェック】

 

失業保険における退職理由の最終的な判断は、「ハローワーク」が行います。

どうやって判断するのかを説明していきますね。

 

失業保険の申請時に、ハローワークは離職票の「離職理由」を確認する

失業保険の申請には、「離職票」という書類が必要です。

離職票には、給料の金額や「離職理由」が書かれていて、会社が記入します。

 

失業保険の申請に行くと、ハローワークは必ず「離職票に書かれた離職理由に間違いがないか?」を聞いてくれます。

 

離職理由が間違っていたら、必ず申し立てしよう

もし離職理由が間違っていたら、失業保険の申請のタイミングで必ず申し立てを行いましょう。

なぜなら、ここで「自己都合・会社都合」が決まるからですね。

 

例えば、「パワハラが理由で退職したのに、自己都合で処理されている」といった場合ですね。

会社は、会社都合の退職者が多いと国から補助金をもらえなくなるので、自己都合にさせることが多いです。

 

証拠があったら、できるだけ準備しておこう

離職理由が違うことを申し立てると、ハローワークが会社を調査して、その結果で離職理由を判断します。

もし証拠となる書類などがあったら、用意しておきましょう。

 

長時間労働が理由なら、「給与明細」や「タイムカード」などで残業時間を証明できますよね。

パワハラの証拠は難しいかもしれませんが、メールや録音データなどがあれば使えるはずです。

 

調査には1か月ほどかかりますが、そのままにするとあなたが損をすることになります。

証拠がなかったとしても、離職理由が違っていたら申し立てを行いましょう。

 

※失業保険の申請方法は、「失業保険(雇用保険)の申請方法と必要なものを解説【体験談】」で紹介しています。

関連記事
失業保険(雇用保険)の申請方法と必要なものを解説【体験談】
失業保険(雇用保険)の申請方法と必要なものを解説【体験談】

  お悩み相談失業保険の手続きってどうすればいいんだろう? 申請に必要なものやかかる時間とか、経験した人の話が聞きたいな。   こんにちは、キベリンブログです。 会社を退職して失業 ...

続きを見る

④ まとめ:パワハラ・長時間残業は会社都合退職になるので、損しないようにしよう

④ まとめ:パワハラ・長時間残業は会社都合退職になるので、損しないようにしよう

④ まとめ:パワハラ・長時間残業は会社都合退職になるので、損しないようにしよう

 

本記事では、「パワハラ・長時間残業は会社都合退職であり、失業保険で有利な4つのメリット」を紹介しました。

ポイントをまとめます。

 

【自己都合と勘違いしやすい会社都合退職になる理由】

・パワハラやセクハラなど、ハラスメントで退職

・残業時間が多いことによる、長時間労働で退職

 

【会社都合退職だと、失業保険で有利になる4つのメリット】

❶ 受給に必要な雇用保険の加入期間が、最短で6か月と短い

❷ 給付日数が増える可能性が高く、年齢が上がるほど増えやすい

❸ 給付制限がないので、すぐに受給できる

❹ 健康保険料の軽減措置を受けられる

 

パワハラや長時間残業が原因でも、自分から辞めたら自己都合と考えてしまいますよね。

規定で決まっていることなので、会社都合として認められます。

 

ですが、会社にとって不利益があるので、「会社都合」なのに「自己都合」で処理されることが多いです。

離職理由が間違っていたら、損しないよう申し立てを行ってくださいね。

 

関連記事
【失業保険】自己都合退職と会社都合退職で金額・条件はこんなに違う
【失業保険】自己都合退職と会社都合退職で金額・条件はこんなに違う

  お悩み相談派遣の契約期間が満了したから、失業保険の申請に行きます。 この場合って、会社都合退職にならないのかな?   こんにちは、キベリンブログです。 失業保険は、退職理由で金 ...

続きを見る

人気記事 転職エージェントの利用の流れとリスク回避方法を解説【実体験】

人気記事 【70%給付】教育訓練給付が使えるプログラミングスクール【3選】

-失業保険, 失業保険ノウハウ
-,

© 2020 Kiberin Blog