海外移住・手続き 海外転職・移住

海外移住で持って行くべき、生活に便利なもの 5選【海外転職】

2020/08/02

海外移住で持って行くべき、生活に便利なもの 5選【海外転職】

 

お悩み相談
海外移住で現地で手に入りにくくて、日本から持っていくと便利なものって何だろう?

 

こんにちは、キベリンブログです。

日本の製品は便利なのでいろいろ持っていきたくなりますが、荷物は増やしたくないですよね。

そこで今回は、「海外移住で持って行くべき、生活に便利なもの 5選」を紹介します。

 

【本記事の内容】

① 海外移住で持って行くべき、生活に便利なもの 【コンパクトなもの 5選】

② 海外でも、日本の100円ショップやスーパーがある【必要以上は不要】

③ まとめ:必要なものを、厳選して持っていこう

 

海外転職して海外へ移住しましたが、海外では手に入りにくいものが分かってきました。

経験から、持っていくと便利なものを厳選して紹介していきます。

 

※【補足】海外移住前の「手続き」と「重要な準備」については、それぞれ「海外移住前にやることをリストで解説【手続き編】」、「海外移住前にやることをリストで解説【重要な準備編】」で解説しています。

 

① 海外移住で持って行くべき、生活に便利なもの 【コンパクトなもの 5選】

① 海外移住で持って行くべき、生活に便利なもの 【コンパクトなもの 5選】

① 海外移住で持って行くべき、生活に便利なもの 【コンパクトなもの 5選】

 

海外生活を快適にしてくれる、便利な必需品は以下のものです。

 

【海外移住で持っていくべき生活に便利なもの 5選】

携帯ウォシュレット

電動歯ブラシ

おすだけベープ

セームタオル

100円ショップの軽くて小さい電源タップ(延長コード)

 

携帯ウォシュレット

 

海外のトイレには、ウォシュレットはほとんどありません。

日本でウォシュレットを使っているなら、携帯用のウォシュレットは必須ですね。

 

携帯ウォシュレット「シュピューラー SP170」のポイントは、圧倒的な使いやすさですね。

日本で家にいるときも使っていて、7年以上は使い続けていますが、まったく壊れず耐久性も問題なしです。

 

使い方は、水を入れてノズルを伸ばし、ボトル部分をポンピングするだけです。

ノズルの先端から程よい水圧で水流が出てきて、ボトルの容量もちょうど良いですね。

 

電動よりも手動の方が軽くて手入れもしやすいので、おすすめです。

トイレットペーパーの使用量もかなり減るので、お金も節約できますよ。

 

電動歯ブラシ

 

海外の歯ブラシは、大きかったりブラシが固かったりして、使いにくいものが多いです。

手磨きするよりも歯に効果的な、電動歯ブラシを持っていきました。

 

手磨きだと歯ぐきから出血したりしていて、悩んでいました。

電動歯ブラシにしたら、出血や炎症がなくなったので助かりましたね。

 

私はパナソニックの「ドルツ」を8年以上使用しています。

故障せずに動作しており、品質も問題なしです。

 

おすだけベープ

 

地域にもよりますが、世界には感染症に大敵な蚊が多いです。

東南アジアでは蚊で媒介するデング熱が流行していて、知人もデング熱にかかっていました。

 

おすだけベープ」は、海外の蚊でもよく効きます。

ワンプッシュするだけですぐに蚊が落ちていくので、その効果は抜群ですね。

 

蚊だけでなく、小さな虫やゴキブリといった不快な害虫にも効いてくれます。

海外だけでなく日本にいるときも、必須のアイテムになっていますね。

 

セームタオル

 

セームタオルとは、水泳選手のために作られたタオルです。

ポイントは、吸水力と速乾性に優れているところですね。

 

バスタオルは大きくてかさばるし、洗濯も大変なので不便だったんですよね。

代わりにセームタオルにしてみたのですが、慣れれば問題なく、コンパクトなので重宝しています。

 

小さくても絞ると繰り返し使えるので、かさばらないサイズが魅力です。

ただデメリットがあり、乾くと固くなる素材なので、畳みにくくなります。

 

この固くなるデメリットを改善したのが「マイクロセームタオル」という新しい製品で、柔らかな肌触りが持続するようになっています

固くなるのが気になりそうな人は、マイクロセームタオルがおすすめですね。

 

100円ショップの軽くて小さい電源タップ(延長コード)

100円ショップの軽くて小さい電源タップ(延長コード)

100円ショップの軽くて小さい電源タップ(延長コード)

 

パソコンや携帯の充電器などの電化製品は、日本から持っていきますよね。

持っていく製品の電源コードは、もちろん日本のAタイプのプラグです。

 

海外で使うとき、日本の電源タップ(延長コード)を持っていけば、変換プラグは電源タップの分だけあれば良いので、少なくて済みます

 

でも、家電量販店とかで売っているメーカー品の電源タップは、重くてかさばるんですよね...。

 

そこで、100円ショップの電源タップは軽くて小さいので、かさばらずオススメです。

耐久性に不安があるかもしれませんが、ノートパソコンやスマホ、電動歯ブラシなどの充電なら、海外で2年ほど使用し続けても故障することなく使えました。

 

最近の製品はほとんど海外に対応しているので、変圧器は不要です。

製品の入力電圧に「100V~240V」と書かれていれば、海外でもそのまま使えます。

 

② 海外でも、日本の100円ショップやスーパーがある【必要以上は不要】

② 海外でも、日本の100円ショップやスーパーがある【必要以上は不要】

② 海外でも、日本の100円ショップやスーパーがある【必要以上は不要】

 

地域によりますが、海外にも日本の100円ショップやスーパーがあります。

特に東南アジアは多く、ダイソーやイオンはよく見かけます。

 

もしそういった地域へ行くなら、日本の生活用品はわりと現地で手に入ります。

必要以上に準備しなくてOKですよ。

 

海外にある日本の100円ショップは、少し値段が高く(日本円で130円~200円くらい)なります。

ですが、そこまで気にする価格ではありません。

 

ただ、紹介した「100円ショップの軽くて小さい電源タップ(延長コード)」は、海外の100円ショップでは見つけられませんでした。

こういった一部のものは日本の100円ショップでないと、手に入りにくいものもあります。

 

③ まとめ:必要なものを、厳選して持っていこう

③ まとめ:必要なものを、厳選して持っていこう

③ まとめ:必要なものを、厳選して持っていこう

 

本記事では、「海外移住で日本から持って行くべき、生活に便利なもの 5選」を紹介しました。

5つのアイテムをまとめておきます。

 

【海外移住で持っていくべき生活に便利なもの 5選】

携帯ウォシュレット

電動歯ブラシ

おすだけベープ

セームタオル

100円ショップの軽くて小さい電源タップ(延長コード)

 

海外移住では、荷物はできるだけ減らしたいものの、「あれもこれも....」と必要以上に準備してしまいますよね。

でも実際のところ、現地でも簡単に調達できるものが多いです。

 

とはいえ、海外では手に入りにくいものがあるのも事実です。

手に入りにくい必要なものを厳選して日本から持っていって、海外生活を快適に過ごしましょう!

 

 

関連記事
【必須条件あり】海外移住前に作るおすすめクレジットカード3選
【必須条件あり】海外移住前に作るおすすめクレジットカード3選

  お悩み相談海外移住前にはどんなクレジットカードを準備しておけばいいかな? ポイントや注意点があれば知りたいな。   こんにちは、キベリンブログです。 海外移住するなら、便利なク ...

続きを見る

関連記事
海外旅行で現金をお得に入手するには【両替方法とキャッシング】
海外旅行で現金をお得に入手するには【両替方法とキャッシング】

  お悩み相談海外でお得に両替するには、どこでするのがいいんだろう?   こんにちは、キベリンブログです。 旅行や移住で海外に行ったら、現地のお金が必要ですよね。 今回は、「海外で ...

続きを見る

 

-海外移住・手続き, 海外転職・移住
-

© 2020 Kiberin Blog