転職・就職 転職ノウハウ

【考え方】転職活動で変わった、4つのマインド【方法も解説】

【考え方】転職活動で変わった、4つのマインド【方法も解説】

 

お悩み相談
今のまま同じ会社で働き続けていいのかな?
でも転職活動って大変だし、会社を変えるのも不安...。

 

こんにちは、キベリンブログです。

会社の先行きに不安を感じても、なかなか行動できないですよね。

今回は、「転職活動で変わった4つのマインド」について、紹介します。

 

【本記事の内容】

① 転職活動で、変わった4つのマインド【考え方】

② 転職活動は、転職エージェントをメインに活用すると効率的【方法あり】

③ まとめ:転職活動のメリットは、「変わるきっかけ」の気づき

 

正社員のITエンジニアとして、4つの会社を渡り歩きました。

転職活動の経験から、考え方の変化を語っていきます。

 

① 転職活動で、変わった4つのマインド【考え方】

① 転職活動で、変わった4つのマインド【考え方】

① 転職活動で、変わった4つのマインド【考え方】

 

転職活動を経験する前後で、考え方は明らかに変わりました。

その中で変化した「4つのマインド」を、紹介していきます。

 

【転職活動で変わった4つのマインド】

❶ スキルアップを図れる

❷ 収入を上げる手段になる

❸ 会社での立ち位置を気にせずに済む

❹ 行動するようになる

 

❶ スキルアップを図れる

転職活動してみて、「どんなスキルにニーズがあるのか」が具体的にわかりました。

「このスキルはあるからOKだな」とか、「今はあのスキルの需要があるのか」など、身に付けるべきものが見えてきます。

 

例えば、会社の人事考課のために、目標を立てたりしますよね。

いつも目標が決まらず悩むのですが、「転職市場のニーズから、目標を絞り込む」という方法が役立ちました。

 

転職しなくても、こういった形でスキルアップを図れたりします。

やってみただけでメリットがあったことを、実感できましたね。

 

❷ 収入を上げる手段になる

同じ会社で同じ職務を担当し続けると、なかなか給料は上がりません。

特に成果が可視化されにくい職種だったりすると、なおさらですよね。

 

そんな中で転職は、収入を上げる最も有効な手段だとわかりました。

相場も知らなかった私にとって、「これだけ評価してもらえるのか!」と驚きもありましたね。

 

給料はどの程度アップするか判断の上で入社を決められるので、収入を上げるのに手っ取り早い手段でした。

活動を通して相場を知れたのも、大きいです。

 

❸ 会社での立ち位置を気にせずに済む

「転職できる」という選択肢を持てたら、会社での立ち位置が気にならなくなりました。

「この会社でずっと働くかも」といったことが頭にあると、立ち回りを必要以上に気にしてしまっていたんですよね。

 

「黙って言われたとおりにした方が良いな...」とか、1つひとつが小さなことでも、積み重なるとちょっとしたストレスでした。

そんな中で「他の会社でも働ける」と分かると、余裕が生まれて心が軽くなりましたね。

 

よほど居心地が悪くなったら、行動するきっかけにもなります。

余計なことを気にする疲労が減りましたね。

 

❹ 行動するようになる

転職は実際のところ、入ってみないと分からないことも多いです。

考えても分からないことを悩み過ぎても、動けなくなるだけだったんですよね。

 

でも1回転職をしてみた後は、はっきり言って慣れます。

「合わなければ、また次を探せばいい」と、ラクに考えられるようになりました。

 

考え方が変わると、動くまでが軽くなります。

結果として、行動するようになる考えが身につきました。

 

② 転職活動は、転職エージェントをメインに活用すると効率的【方法あり】

② 転職活動は、転職エージェントをメインに活用すると効率的【方法あり】

② 転職活動は、転職エージェントをメインに活用すると効率的【方法あり】

 

転職活動でおもに使われているのは、転職サイトと転職エージェントです。

活動を進めるにあたって、効率的な方法を解説していきますね。

 

まずは転職サイトで、ざっと求人を見てみる

最初は転職サイトで、希望する職種の求人を簡単に見ておきましょう。

定番の「リクナビNEXT」でOKです。

 

登録しておくと、スカウト機能から非公開求人とも出会えます。

情報を入れるだけで「職務経歴書」と「履歴書」が自動作成できるので、ラクに作れますよ。(Word と Excel で出力)

 

求人を見るレベルは、転職エージェントの求人と比較できる程度に見ておくと、後で質の違いを参考にできます。

 

転職活動は、転職エージェントの活用がメリット大

質の高い求人と出会える確率は、転職サイトよりも転職エージェントの方が高いです。

なぜなら、良い企業は「より良い人材を採るために、コストをかけて転職エージェントに依頼している」からですね。

 

一方で利用者のメリットは、転職エージェントのコンサルタントから無料で活動のサポートを受けられます。

なぜ無料かというと、利用者が転職すると企業側から報酬をもらうビジネスで運営しているからです。

 

・質の高い非公開求人の紹介

・業界に精通したコンサルタントからの活動サポート

 

こういったメリットを無料で受けられるので、うまく活用しましょう。

私も転職活動のときは、必ず転職エージェントを使っています。

 

転職エージェントは、2つは使っておく

転職エージェントを使うときは、複数のエージェントを使うようにしています。

なぜなら、相性の合わない担当者のリスクを回避できるし、情報も多角的に得られるからですね。

 

ただ多すぎても大変なので、同時に使うのは2~3つほどが良いですね。

 

利用する転職エージェントは、最初は大手の「リクルートエージェント」と「dodaエージェントサービス」がおすすめです。

上記の2つを利用してみて不満を感じたら、「マイナビエージェント」を使ってみましょう。

 

※【補足】転職エージェントの利用の流れは、「転職エージェントの利用の流れとリスク回避方法を解説【実体験】」で紹介しています。

関連記事
転職エージェントの利用の流れ・リスク回避方法を解説【実体験】
転職エージェントの利用の流れとリスク回避方法を解説【実体験】

  お悩み相談知り合いが転職エージェントを使って転職したって聞いたけど、どんなサービスなんだろう? 利用方法や注意点を知りたいな。   こんにちは、キベリンブログです。 転職活動で ...

続きを見る

③ まとめ:転職活動のメリットは、「変わるきっかけ」の気づき

③ まとめ:転職活動のメリットは、「変わるきっかけ」の気づき

③ まとめ:転職活動のメリットは、「変わるきっかけ」の気づき

 

本記事では、「転職活動で変わった4つのマインド」を紹介しました。

ポイントをまとめます。

 

【転職活動で変わった4つのマインド】

❶ スキルアップを図れる

❷ 収入を上げる手段になる

❸ 会社での立ち位置を気にせずに済む

❹ 行動するようになる

 

【転職活動の進め方】

・転職サイト「リクナビNEXT」で求人を簡単に見ておき、サイトで「職務経歴書」「履歴書」を自動作成しておく

・転職活動は転職エージェントをメインに使うと、効率的に有益な情報が得られる

・転職エージェントは複数(2~3つ)使って、情報を多角的につかんでおく

 

【おすすめ転職エージェント 3選】

リクルートエージェント : 業界の最大手で、多くの人が最初に利用する転職エージェント。案件が豊富かつ対応の素早いサポートを受けられ、登録後に使えるマイページも充実している。

dodaエージェントサービス : 非公開求人を含む約10万件の求人があり、特にITエンジニアの求人が豊富。他のエージェントにはない外資系や海外勤務案件まで、広くカバーしている。

マイナビエージェント : 20代~30代に評価されており、業界に応じた専任の担当者がつく。面談時の対応は丁寧な印象があり、案件の紹介もスムーズ。

 

これまで正社員(ITエンジニア)として、4社を渡り歩いてきました。

転職の成功は、転職エージェントの活用からつながっています。

 

転職で大きかったのは、4つのマインドの変化でした。

「この会社しかない」という考え方に囚われていませんか?

 

変わるきっかけになったら、幸いです。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

 

関連記事
転職エージェントの利用の流れ・リスク回避方法を解説【実体験】
転職エージェントの利用の流れとリスク回避方法を解説【実体験】

  お悩み相談知り合いが転職エージェントを使って転職したって聞いたけど、どんなサービスなんだろう? 利用方法や注意点を知りたいな。   こんにちは、キベリンブログです。 転職活動で ...

続きを見る

人気記事 【70%給付】教育訓練給付が使えるプログラミングスクール【3選】

人気記事 転職エージェントを使って転職した感想【メリットとデメリット】

-転職・就職, 転職ノウハウ
-

© 2020 Kiberin Blog