※当サイトで紹介する商品・サービス等は、プロモーションが含まれています。

失業保険 失業保険ノウハウ

ハローワークの職業相談ばかりで、失業保険もらえる?【怒られない】

ハローワークの職業相談ばかりで、失業保険もらえる?【怒られない】

 

お悩み相談
ハローワークの職業相談ばかりでも、失業保険ってもらえる?
求職活動実績が目当てなのバレるし、怒られるかな...。

 

こんにちは、キベリンブログです。

繰り返し職業相談ばかりしていると、実績目的なのが不安になりますよね。

今回は、「ハローワークの職業相談ばかりでも、失業保険はもらえるか」について紹介します。

 

【本記事の内容】

① ハローワークの職業相談ばかりでも、失業保険はもらえる【求職活動実績になる】

② 職業相談しなくてもいい、別の求職活動の選び方【話さなくてOK】

③ まとめ:何回も職業相談して受けにくいなら、セミナー受講と求人応募を使い分けできる

 

失業保険は3回受給してきました。

経験から、職業相談で気をつけるポイントも語っていきますね。

 

① ハローワークの職業相談ばかりでも、失業保険はもらえる【求職活動実績になる】

① ハローワークの職業相談ばかりでも、失業保険はもらえる【求職活動実績になる】

① ハローワークの職業相談ばかりでも、失業保険はもらえる【求職活動実績になる】

 

失業保険をもらうには、4週に1回の認定日までに2回以上の「求職活動実績」が必要です。

ハローワークの職業相談は、求職活動実績として認められます。

 

ハローワークの職業相談とは

・就職のことなら何でも相談できる、ハローワークの無料のサービス

・予約は不要で、窓口で整理券を受け取る(※混雑時は待ち時間が長くなる)

・職業相談員の年齢層は幅広いものの年配の人が多く、7割以上は非正規相談員

 

ハローワークの職業相談をまとめると、上記のとおりです。

失業保険の受給に関わらず、誰でも利用できる無料のサービスで、カウンターで職業相談員と1対1で行います。

 

個別の求人に対する質問や、希望職種に関する内容など、就職のことなら何でも相談できます。

事前に何か準備しておく必要もありません。

 

予約は必要なく、フラっと行って相談できますが、混雑しているときは待つ必要がありますね。

職業相談員は男性・女性ともにいますが、非正規の相談員が多いです。

 

職業相談ばかりでも、失業保険はもらえる

・職業相談の利用回数に制限はなく、何度でも利用可能

・1回の職業相談で、1回の求職活動実績になる(ただし1日に2回しても、実績は1回のみ)

・受給終了まで求職活動実績が職業相談ばかりでも、問題なく失業保険はもらえる

 

本記事の結論ですが、ハローワークの職業相談ばかり繰り返した場合でも、失業保険はもらえます。

認定日までに2回以上(初回認定日のみ1回以上)の求職活動実績があれば、活動の内容を問われることはありません。

 

職業相談は、何回でも利用できます。

1回の相談で1回の求職活動実績になるので、認定日までに2回の職業相談でもOKです。

 

ただし、1日に職業相談を2回しても、「職業相談での求職活動実績は1回だけ」です。

認定日が迫っているときは、注意しておきましょう。

 

※急いで実績が必要な場合は、「【失業保険】求職活動実績を1日で2回作るには?当日の作り方を解説」をご覧ください。

 

実績目当てで職業相談すると、怒られる?

・実績目的で同じ相談員に繰り返し当たると、対応が悪くなる可能性もある

・意図せず紹介状の発行まで進むと、手間や面倒がかかる

・何回も職業相談して利用しにくいなら、別の方法でOK

 

「実績目的なのがバレると、職業相談で怒られる?」と不安に思ったりしますよね。

実績目当ての利用者が多いのは、相談員もわかっています。

 

とはいえ、相談員にもいろんな人がいるし、私も対応の悪い相談員に当たったこともありました。

同じ相談内容を繰り返していたりすると、「前も同じこと聞きましたよね?」などと言われるかもしれません。

 

職業相談が利用しにくければ、就職セミナーの受講でも求職活動実績になります。

オンライン対応で受けやすいし、人と話して気疲れすることもないので、別の方法を選ぶのがおすすめです。

 

※セミナーの受け方は、「セミナーも求職活動実績に!【ハローワークvs転職エージェント】」で紹介しています。

 

② 職業相談しなくてもいい、別の求職活動の選び方【話さなくてOK】

② 職業相談しなくてもいい、別の求職活動の選び方【話さなくてOK】

② 職業相談しなくてもいい、別の求職活動の選び方【話さなくてOK】

 

失業保険は、職業相談ばかりでも問題ありません。

でも、繰り返し職業相談していると、利用しにくくなるのが普通ですよね。

 

加えてハローワークが遠かったりすると、行く面倒や交通費もかかったりします。

そういったときは、わざわざハローワークで職業相談しなくてもOKです。

 

前のパートでも少し触れましたが、求職活動実績にしやすい方法があります。

その方法と選び方を紹介しておきますね。

 

【職業相談以外での求職活動実績の対処法】

❶ オンライン対応のセミナー受講

❷ 転職サイトでの求人応募

 

実績にしやすい方法は、上記の2つです。

それぞれ見ていきましょう。

 

❶ オンライン対応のセミナー受講

・「マイナビジョブ20's」はオンラインセミナーが豊富で、時間も約30分と短めで受けやすい

・ハローワークのセミナーは座学形式が主体で、オンライン非対応

・求職活動実績になるタイミングは、セミナー受講日(認定日前の受講が必要)

 

就職セミナーの受講は求職活動実績に認められるので、転職テクニックを学びたいときもおすすめの方法です。

セミナーはハローワークと転職エージェントが行っていますが、ハローワークは座学形式のため定員が限られています。

 

マイナビジョブ20's」は20代向けの転職エージェントですが、オンラインでセミナーを無料で開催しています。

セミナー時間の長さも「30分ほど」と一般的なセミナーよりも短く、家で気軽に受けやすいのはメリットですね。

 

実績になるタイミングは「セミナー受講日」なので、認定日前のセミナーを選びましょう。

求職活動実績は自己申告のため参加証明書は不要ですが、メールで証明書や受講確認を送ってくれるので、一応取っておくと安心です。

 

関連記事
セミナーも求職活動実績に!【ハローワークvs転職エージェント】
セミナーも求職活動実績に!【ハローワークvs転職エージェント】

  お悩み相談就職セミナーの受講も、求職活動実績になるんだ! 受け方とか注意点を知っておきたいな。   こんにちは、キベリンブログです。 失業保険は求職活動実績が必要ですが、セミナ ...

続きを見る

 

❷ 転職サイトでの求人応募

・「リクナビNEXT」は最大手で全国に求人があり選びやすく、登録が簡単

・1日でも2回分の実績になるため、認定日が近いときなど時間がなくても間に合う

・求職活動実績になるタイミングは、応募した時点(1求人につき1回)

 

求人応募も求職活動実績になるため、急いで実績が必要なときはおすすめです。

応募方法は何でもOKなので、簡単に応募できる転職サイトでの求人応募だと、実績にしやすいですね。

 

リクナビNEXT」は10万件以上の求人があるので、全国どこでも求人を選べます。

応募データは他の求人にも使い回せて、効率的に利用できます。

 

実績になるタイミングは「応募時点」なので、土日など時間を選ばず、すぐに実績にできます。

1時間かからず2回分の実績が作れるので、最も早い方法ですね。

 

関連記事
【失業保険】求職活動実績を1日で2回作るには?当日の作り方を解説
【失業保険】求職活動実績を1日で2回作るには?当日の作り方を解説

  お悩み相談明日が失業認定日だったこと忘れてた! 2回の求職活動実績がないと、失業保険がもらえない...どうしよう!?   こんにちは、キベリンブログです。 認定日が迫っていて、 ...

続きを見る

 

③ まとめ:何回も職業相談して受けにくいなら、セミナー受講と求人応募を使い分けできる

③ まとめ:何回も職業相談して受けにくいなら、セミナー受講と求人応募を使い分けできる

③ まとめ:何回も職業相談して受けにくいなら、セミナー受講と求人応募を使い分けできる

 

本記事では、「ハローワークの職業相談ばかりでも、失業保険はもらえるか」の件を紹介しました。

ポイントをまとめます。

 

【職業相談ばかりでも、失業保険はもらえるか】

・職業相談の利用回数に制限はなく、何度でも利用可能

・1回の職業相談で、1回の求職活動実績になる(ただし1日に2回しても、実績は1回のみ)

・受給終了まで求職活動実績が職業相談ばかりでも、問題なく失業保険はもらえる

 

【実績目当てでの職業相談の注意点】

・実績目的で同じ相談員に繰り返し当たると、対応が悪くなる可能性もある

・意図せず紹介状の発行まで進むと、手間や面倒がかかる

・何回も職業相談して利用しにくいなら、別の方法でOK

 

【職業相談以外での求職活動実績の対処法】

❶ オンライン対応のセミナー受講(マイナビジョブ20's

❷ 転職サイト(リクナビNEXT)での求人応募

 

求職活動実績がハローワークの職業相談ばかりでも、失業保険は支給されます。

実績として認められる求職活動であれば、種別を問われることはありません。

 

とはいえ、職業相談を何度も利用していると、行きにくく感じることも多くなります

そういったときは、実績にしやすい他の方法を選びましょう。

 

「オンライン対応のセミナー受講(マイナビジョブ20's)」は、家で気軽に受けられて、転職テクニックも学べます。

認定日が迫っていて時間がないときは、すぐに実績になる「転職サイト(リクナビNEXT)での求人応募」がおすすめです。

 

あなたの状況に合わせて、うまく使い分けてみてくださいね。

 

 

関連記事
セミナーも求職活動実績に!【ハローワークvs転職エージェント】
セミナーも求職活動実績に!【ハローワークvs転職エージェント】

  お悩み相談就職セミナーの受講も、求職活動実績になるんだ! 受け方とか注意点を知っておきたいな。   こんにちは、キベリンブログです。 失業保険は求職活動実績が必要ですが、セミナ ...

続きを見る

関連記事
【失業保険】求職活動実績を1日で2回作るには?当日の作り方を解説
【失業保険】求職活動実績を1日で2回作るには?当日の作り方を解説

  お悩み相談明日が失業認定日だったこと忘れてた! 2回の求職活動実績がないと、失業保険がもらえない...どうしよう!?   こんにちは、キベリンブログです。 認定日が迫っていて、 ...

続きを見る

関連記事
【失業保険】求職活動実績にならないものvsなるもの【比較一覧】
【失業保険】求職活動実績にならないものvsなるもの【比較一覧】

  お悩み相談失業保険をもらうには、求職活動実績が必要なんだね。 実績にならないもの・なるものを一覧で知りたいな。   こんにちは、キベリンブログです。 求職活動実績がないと失業保 ...

続きを見る

 

-失業保険, 失業保険ノウハウ
-,

© 2020 Kiberin Blog