※当サイトで紹介する商品・サービス等は、プロモーションが含まれています。

失業保険 求職活動実績

【求職活動実績】裏ワザがある?短時間で実績になる方法【失業保険】

【求職活動実績】裏ワザがある?短時間で実績になる方法【失業保険】

 

お悩み相談
失業保険の認定日が近いけど、まだ求職活動実績がない...。
実績にしやすい方法ってないのかな?

 

こんにちは、キベリンブログです。

求職活動実績は、失業保険をもらうための悩みのひとつですよね。

今回は、「短時間でも求職活動実績になる、裏ワザの方法」について紹介します。

 

【本記事の内容】

① 短時間でも、求職活動実績になる裏ワザとは【時間・場所を選ばず可能】

② 裏ワザ以外で、求職活動実績にしやすい3つの方法【向いている状況あり】

③ まとめ:最も早く実績になる裏ワザを活用すれば、失業保険をもらい損ねずに済む

 

失業保険は、これまで3回ほど受給してきました。

経験から、認定日が迫っても間に合う裏ワザを語っていきます。

 

① 短時間でも、求職活動実績になる裏ワザとは【時間・場所を選ばず可能】

① 短時間でも、求職活動実績になる裏ワザとは【時間・場所を選ばず可能】

① 短時間でも、求職活動実績になる裏ワザとは【時間・場所を選ばず可能】

 

失業保険は、認定日までに2回以上の求職活動実績がないと支給されません。

認定日が迫っていて時間に余裕がないときは、どんな活動をすればいいか悩みますよね。

 

そういった状況の中で、1時間もかからずに2回の実績になる裏ワザもあります。

どんな方法なのか、具体的にポイントを紹介していきますね。

 

【短時間で求職活動実績になる裏ワザとは】

・最も早く求職活動実績になる裏ワザは、リクナビNEXT からの求人応募

・時間と場所を選ばず、いつでも活動できるメリットがある

・求職活動実績のカウントは、応募時点で1回のみ

 

最も早く求職活動実績になる裏ワザは、リクナビNEXTからの求人応募

求職活動実績になる活動の中で最も早い方法は、リクナビNEXT からの求人応募」です。

転職サイトを使った応募なら、いったんデータを登録すれば複数の求人に活用できます。

 

リクナビNEXT を使う理由は、"登録が簡単" で "全国各地の求人を選べる" からですね。

大手で認知度も高いので、もしハローワークから応募方法を聞かれることがあっても、伝わりやすい安心感もあります。

 

1つの求人に応募すると、1回の実績になります。

つまり、2つに応募すれば、規定の2回以上の求職活動実績を満たせます。

 

時間と場所を選ばず、いつでも活動できるメリットがある

リクナビNEXT からの求人応募が利用しやすいのは、時間と場所を選ばないところにあります。

土日や祝日だったとしても応募を受け付けているので、いつでも実績になるんですよね。

 

「明日が認定日なのを忘れてた!」と急に思い出した場合でも、諦めなくて大丈夫です。

ハローワークの職業相談と違って、1日でも2回分の実績を作ることが可能です。

 

リクナビNEXT はサイト画面にしたがうだけで簡単に応募できるので、1時間もかからず実績を達成できることがわかると思います。

事前に登録が済んでいる場合は、よりスムーズですね。

 

求職活動実績のカウントは、応募時点で1回のみ

注意しておきたいのが、「求職活動実績のカウント」です。

リクナビNEXT から求人に応募した場合の実績は、「応募時点で1回のみ」となります。

 

1つの求人に対して1回の実績だけなので、選考が進み面接を受けても、その面接は実績にはカウントされません。

逆に書類選考に通らなかったり、あなたから面接を辞退した場合でも、応募時点で1回の実績として認められます。

 

なお、途中で選考を辞退する場合は、非常識な理由での辞退は避けるようにしましょう。

ハローワークから辞退の理由を問われることは殆どありませんが、応募先の会社にも迷惑になりますので。

 

※登録の手順や応募方法など詳しく知りたいときは、「【失業保険】求職活動実績を1日で2回作るには?当日の作り方を解説」の記事を参考にしてみてくださいね。

 

② 裏ワザ以外で、求職活動実績にしやすい3つの方法【向いている状況あり】

② 裏ワザ以外で、求職活動実績にしやすい3つの方法【向いている状況あり】

② 裏ワザ以外で、求職活動実績にしやすい3つの方法【向いている状況あり】

 

前のパートで、最も早く求職活動実績にできる求人応募の裏ワザを紹介してきました。

1時間かからず2回分の実績が作れるのは、リクナビNEXT のような転職サイトからの求人応募だけです。

 

それよりも時間はかかりますが、他にも実績にしやすい方法もあります。

そこで、向いている状況などに合わせた、求人応募以外の方法も紹介しておきますね。

 

【求人応募の活動以外で、求職活動実績にしやすい方法】

❶ オンライン対応の就職セミナー

❷ ハローワークの職業相談

❸ 転職エージェント・派遣会社の登録面談

 

他の方法でおすすめなのは、上記の3つです。

注意点も含め、順番にみていきましょう。

 

❶ オンライン対応の就職セミナー

・時間の長さ : 60分~90分が一般的(※30分の短めのセミナーもあり)

・オンライン対応 : あり

・向いている状況 : オンラインのセミナーで受けやすく、知識も学んでおきたい

・注意点 : 定員がある場合、早めの申し込みが必要

 

就職セミナーの受講は求職活動実績になるので、転職テクニックを学びたいときにも向いている方法です。

ハローワークと転職エージェントがセミナーを行っていますが、ハローワークは「座学形式」がほとんどなので、定員が限られています。

 

転職エージェントはオンラインでのセミナーに対応しているので、受けるなら「オンライン形式」がおすすめですね。

家で気軽に受けられるし、定員にも余裕があるので、数日前など直前でも申し込めます。

 

マイナビジョブ20's」は20代向け転職エージェントですが、いろんなセミナーをオンラインで無料開催しています。

セミナー時間の長さも「30分ほど」で、他の転職エージェントやハローワークよりも短いので、気軽に受けやすいメリットがあります。

 

実績のタイミングは「セミナー受講日」なので、認定日前のセミナーを選びましょう。

求職活動実績は自己申告なので参加証明書は不要ですが、メールで証明書や受講確認を送ってくれるので、念のため取っておくと安心です。

 

※セミナーの受け方など詳しい内容は、「セミナーも求職活動実績に!【ハローワークvs転職エージェント】」をご覧ください。

 

❷ ハローワークの職業相談

・時間の長さ : 5分~30分 + ハロワまで行く時間 + 待ち時間

・オンライン対応 : なし

・向いている状況 : ハローワークが近所にあり簡単に行けて、相談内容が決まっている

・注意点 : 混雑しやすいため、待ち時間が長くなる

 

家の近所にハローワークがある場合に利用しやすいのが、「職業相談」です。

ハローワークでは職業相談を受け付けており、就職に関することなら無料で相談できます。

 

相談する内容を考えておくぐらいで、特別な準備はいりません。

営業時間内(平日 8:30 ~ 17:15)に行けばOKです。

 

ただし、ハローワークは混雑しやすいので、待ち時間が長くなることが多いです。

また、職業相談を1日に2回受けた場合でも、「1回の実績にしかならない」ので注意してくださいね。

 

❸ 転職エージェント・派遣会社の登録面談

・時間の長さ : 30分~60分

・オンライン対応 : あり(※電話面談も可能)

・向いている状況 : 転職先をしっかり探しておきたい場合

・注意点 : 登録から登録面談の実施まで、少なくとも数日は時間が必要

 

求人もしっかり探しておきたいときは、「転職エージェント・派遣会社の登録面談」が活用できます。

転職エージェントの非公開求人は、ハローワークより希望職種に応じた求人が見つかりやすいです。

 

登録面談は転職エージェントだけでなく、派遣会社も1回の求職活動実績になります。

派遣は業務内容が明確で、やる仕事がはっきり決まっているので、必ず希望する仕事がしたい人には向いています。

 

面談の方法は直接の面談に限らず、「電話面談」でもOKです。

自宅で対応できるし、面談日程もすぐ決まりやすいので、電話面談がおすすめですね。

 

【おすすめ転職エージェント・派遣会社】

マイナビジョブ20's : 20代専門でサポートしている中で、定着率95%以上の高さを維持している。未経験OKの求人も多く、オンライン開催のセミナーは種類が豊富で受けやすい。

ハタラクティブ : 未経験者に強いエージェントで、第二新卒やフリーターも対象。非公開求人を含む40種類以上の職種と業界を扱っており、短期間で選考に通過できるメリットがある。

パーソルクロステクノロジー : ITエンジニアに特化した大手の派遣会社で、オンラインで登録が完結して仕事の紹介までとにかく早い。未経験でも可能な案件があり、入社日から有休付与など待遇面も充実。

マイナビスタッフ:大手企業の案件が多く、職種は事務系とクリエイティブ系が多い

 

③ まとめ:最も早く実績になる裏ワザを活用すれば、失業保険をもらい損ねずに済む

③ まとめ:最も早く実績になる裏ワザを活用すれば、失業保険をもらい損ねずに済む

③ まとめ:最も早く実績になる裏ワザを活用すれば、失業保険をもらい損ねずに済む

 

本記事では、「短時間でも求職活動実績になる、裏ワザの方法」を紹介しました。

ポイントをまとめます。

 

【短時間で求職活動実績になる裏ワザとは】

・最も早く求職活動実績になる裏ワザは、リクナビNEXT からの求人応募

・時間と場所を選ばず、いつでも活動できるメリットがある

・求職活動実績のカウントは、応募時点で1回のみ

 

【求人応募の活動以外で、求職活動実績にしやすい方法】

❶ オンライン対応の就職セミナー

❷ ハローワークの職業相談

❸ 転職エージェント・派遣会社の登録面談

 

失業保険をもらうのに、求職活動実績として認められる内容は決められています。

求人検索や転職サイトの登録だけでは、実績にはなりません。

 

認定日は4週間ごとにやってくるので、活動の方法にも悩むはずです。

たまたま認定日を忘れていて、「明日が認定日だった!」なんて状況だったらピンチですよね。

 

リクナビNEXT からの求人応募」による裏ワザなら、2つの求人への応募で、2回の実績をすぐに達成できます。

失業保険をもらい損ねずに済むので、あなたの求職活動に活かしてくださいね。

 

 

関連記事
【失業保険】求職活動実績を1日で2回作るには?当日の作り方を解説
【失業保険】求職活動実績を1日で2回作るには?当日の作り方を解説

  お悩み相談明日が失業認定日だったこと忘れてた! 2回の求職活動実績がないと、失業保険がもらえない...どうしよう!?   こんにちは、キベリンブログです。 認定日が迫っていて、 ...

続きを見る

関連記事
失業認定申告書の書き方を求職活動実績の記入例で解説【失業保険】
失業認定申告書の書き方を求職活動実績の記入例で解説【失業保険】

  お悩み相談失業認定申告書の書き方を、求職活動実績の方法別に教えて欲しいです。   こんにちは、キベリンブログです。 失業保険をもらうには、失業認定申告書を認定日にハローワークへ ...

続きを見る

関連記事
セミナーも求職活動実績に!【ハローワークvs転職エージェント】
セミナーも求職活動実績に!【ハローワークvs転職エージェント】

  お悩み相談就職セミナーの受講も、求職活動実績になるんだ! 受け方とか注意点を知っておきたいな。   こんにちは、キベリンブログです。 失業保険は求職活動実績が必要ですが、セミナ ...

続きを見る

 

-失業保険, 求職活動実績

© 2020 Kiberin Blog