ライフスタイル 生活ハック

【迷わない】賃貸契約を更新しない3つの理由とは【定住のリスク】

【迷わない】賃貸契約を更新しない3つの理由とは【定住のリスク】

 

お悩み相談
この部屋に住んでもうすぐ2年だから、賃貸契約の更新の時期だね。
更新したくないけど引っ越しも面倒だし、更新しちゃおうかなぁ...。

 

こんにちは、キベリンブログです。

賃貸契約の更新時期がくると、引っ越しするか悩みますよね。

今回は、「賃貸契約を更新しない3つの理由」について、紹介します。

 

【本記事の内容】

① 賃貸契約を更新しない3つの理由【時間・お金・対応力】

② 引っ越しの面倒な要素を消す方法とは【3つのコツ】

③ まとめ:経験は資産になるので、迷ったら賃貸契約は更新せず新たな場所に住もう

 

賃貸契約は更新せず、長くても2年で違う場所に移っています。

契約を更新しない理由を、ライフスタイルから語っていきますね。

 

① 賃貸契約を更新しない3つの理由【時間・お金・対応力】

① 賃貸契約を更新しない3つの理由【時間・お金・対応力】

① 賃貸契約を更新しない3つの理由【時間・お金・対応力】

 

私は、賃貸契約の更新は基本的にしないようにしています。

同じ場所には定住し続けず、2年以内には違うところへ移っていくライフスタイルです。

 

その生活を送る理由は、以下のとおりです。

【賃貸契約を更新しない3つの理由】

・理由1:不要な物が増えなくなり、時間とお金を浪費しなくなる

・理由2:行く場所や行動が固定化され、新しいことへの機会が減る

・理由3:定住を続けることに慣れると、変化に対応できないリスクが高まる

 

順番に説明していきますね。

 

理由1:不要な物が増えなくなり、時間とお金を浪費しなくなる

「長くても2年でここから引っ越す」と決まっていると、余計な物が増えなくなります。

なぜなら、物が多いと引っ越しのときに面倒になるからですね。

 

「この1~2年で使うのは3回くらいだろう」とか考えると、自然と「必要な物は何なのか」ということが見えてきたりします。

意図せず新たな物が増えると、「捨てるのはもったいないな」とか「これを使うにはあれも必要だな」など考えますよね。

 

モノ1つひとつに対して、時間やお金がかかってきます。

必要な物だけに囲まれて生活していれば、時間とお金をムダに浪費しなくて済むんですよね。

 

理由2:行く場所や行動が固定化され、新しいことへの機会が減る

同じ場所に定住し続けると、行動は固定化されていきますよね。

例えば「いつものスーパーでパンを買って、その後に近所のスポーツジムに行って、隣のレストランで夕食」とかですね。

 

同じ場所で、同じ時間に、同じ行動を続けていたら、「新しいこと」に出会う機会は減っていくはずです。

確かに「行動の固定化」には効率が良くなるメリットもあります。

 

とはいえ、新鮮さや楽しさを感じることとか、発想の転換になるようなチャンスは少なくなるんですよね。

長くても1~2年ごとに、小さな行動もリフレッシュできる機会があります。

 

理由3:定住を続けることに慣れると、変化に対応できないリスクが高まる

ずっと同じ場所に「定住し続ける」というのは、かなり大きなストレスになると思っています。

なぜなら、日本の住宅事情では避けられないダメージの大きい外的要因がたくさんあるからですね。

 

例えば「近所の住人問題」「自然災害の発生」「マンション工事の騒音」などの問題があり、キリがないですよね。

問題が発生してもなかなか引っ越せないのは、精神も病みかねません。

 

特に若いうちはいろんな場所を経験しないのはもったいないし、変化への対応力も落ちると感じるんですよね。

住む場所を変えることに慣れておくと、何か問題が起きてもすぐ対応しやすいです。

 

② 引っ越しの面倒な要素を消す方法とは【3つのコツ】

② 引っ越しの面倒な要素を消す方法とは【3つのコツ】

② 引っ越しの面倒な要素を消す方法とは【3つのコツ】

 

引っ越しが面倒だと思う要素のひとつに、「物が多い」ことがありますよね。

そこで、物を増やさないようにするコツを紹介しておきますね。

 

【引っ越しを面倒にしないために、物を管理するコツ】

❶ 業者への依頼が不要になるよう、いつでもひとりで引っ越しできる物の量をキープする

❷ 自分の持ち物をリスト化し、いつでも見れるようにして把握する

❸ 新しい物を買うときは、古い物を処分することを習慣にする

 

それぞれ見ていきましょう。

 

❶ 業者への依頼が不要になるよう、いつでもひとりで引っ越しできる物の量をキープする

私がいつも引っ越しするときは、引越業者は使っていません。

なぜなら、業者に依頼するほど物が多くないし、ひとりで運べないほど大きな物もないからですね。

 

レンタカーなどで車を借りて、自分ひとりでやってしまいます。

ひとりでもできる状態にしておくと、引っ越しの面倒な要素を1つ消せるんですよね。

 

事前の準備とかも面倒にならないし、思い立ったらわりとすぐにできてしまいます。

引っ越しを考えた物の量を保つよう意識しておくと、引っ越しの考え方も変わってきますよ。

 

❷ 自分の持ち物をリスト化し、いつでも見れるようにして把握する

物が多いと、例えば引っ越し前に「いるもの」「いらないもの」みたいに選別したりして、面倒な作業が増えますよね。

こういった作業を増やさないためには、余計な物を増やさないことが肝要です。

 

そこで私は、「持っている物をリスト化」しています。

いつでも見れる状態にしておき、定期的にチェックして持ち物を把握するようにしています。

 

「何を持っているのか?」が把握できると、余計な物は増えなくなるし、物にかける時間やお金が減らせるんですよね。

服や電化製品など、種別ごとにわけてリスト化すると、まとめやすいですよ。

 

❸ 新しい物を買うときは、古い物を処分することを習慣にする

いくら物を増やしたくないとはいえ、必要な物はありますよね。

「何か新しい物を買うときは、代わりに古い物は処分する」という意識をもっておくと、物が増えにくくなります。

 

増えやすい物の中に「服」がありますが、こういった意識でいると「衝動買い」とか減りますね。

たまに「予備として残しておきたいから捨てたくないな...。」と迷うこともありますよね。

 

そういったときは「Tシャツだけは2枚までOK」といった感じで、一部をルール化しておくと納得しやすいです。

例外ルールはバランスも必要ですが、悩む時間も減らせますね。

 

※次の引越先をうまく探す方法は、「【2万円台】家賃が安くても、住み心地のいい部屋の探し方【経験談】」を参考にしてみてくださいね。

関連記事
【2万円台】家賃が安くても、住み心地のいい部屋の探し方【経験談】
【2万円台】家賃が安くても、住み心地のいい部屋の探し方【経験談】

  お悩み相談家賃が安くて居心地よさそうな部屋は、なかなか見つからないなぁ...。 何かいい探し方ってないのかな??   こんにちは、キベリンブログです。 家賃は支出が大きいので、 ...

続きを見る

③ まとめ:経験は資産になるので、迷ったら賃貸契約は更新せず新たな場所に住もう

③ まとめ:経験は資産になるので、迷ったら賃貸契約は更新せず新たな場所に住もう

③ まとめ:経験は資産になるので、迷ったら賃貸契約は更新せず新たな場所に住もう

 

本記事では、「賃貸契約を更新しない3つの理由」を紹介しました。

ポイントをまとめます。

 

【賃貸契約を更新しない3つの理由】

・理由1:不要な物が増えなくなり、時間とお金を浪費しなくなる

・理由2:行く場所や行動が固定化され、新しいことへの機会が減る

・理由3:定住を続けることに慣れると、変化に対応できないリスクが高まる

 

【引っ越しを面倒にしないために、物を管理するコツ】

❶ 業者への依頼が不要になるよう、いつでもひとりで引っ越しできる物の量をキープする

❷ 自分の持ち物をリスト化し、いつでも見れるようにして把握する

❸ 新しい物を買うときは、古い物を処分することを習慣にする

 

今は、時代が変わっています。

技術の進化により、場所や時間に縛られない働き方が誰でも可能になりました。

 

そんな時代の中で、同じところに定住を続ける思考でいるのは、もったいないと感じるんですよね。

この記事を書いている今は、「これまでのような賃貸契約をしない生活」ができないかと模索しているところです。

 

もし「引っ越しが面倒だから賃貸契約を更新する」と思っているなら、いったん考え直してみてください。

新たな場所に移って得られる経験は、その後を生きていくあなたの資産になるはずです。

 

関連記事
サイドFIREに踏み出せた理由【セミリタイア生活】
サイドFIREに踏み出せた理由【セミリタイア生活】

  お悩み相談FIRE とかセミリタイアっていうワードはよく聞くけど、やっぱり難しいよね..。 どうしたらできるんだろう??   こんにちは、キベリンブログです。 最近では「FIR ...

続きを見る

人気記事 【10万円以下】賃貸の初期費用を安くする部屋探し方法【実績公開】

人気記事 【体験談】ミニマリストは海外移住の結果だった話【目的とメリット】

-ライフスタイル, 生活ハック

© 2020 Kiberin Blog