海外移住・手続き 海外転職・移住

【経験談】海外から株取引できる?【海外移住と海外旅行の扱い】

【経験談】海外から株取引できる?【海外移住と海外旅行の扱い】

 

お悩み相談
海外からでも、株の売買ってできるの?

 

こんにちは、キベリンブログです。

海外旅行のときなど、海外で株取引したい場合もありますよね。

今回は、「海外からの株取引と、海外移住と海外旅行の扱い」について紹介します。

 

【本記事の内容】

① 海外からでも、証券口座で株取引できる【ネット接続と日本語環境でOK】

② 海外移住(非居住者)の場合は、証券口座に制限あり【ポイントは海外転出届】

③ まとめ:海外でも株の売買は可能だけど、住民票を抜いている場合は要注意

 

海外移住も含め、100か国以上の国に渡航してきました。

実際に海外で株取引した経験と、移住と旅行の扱いにも触れていきますね。

 

① 海外からでも、証券口座で株取引できる【ネット接続と日本語環境でOK】

① 海外からでも、証券口座で株取引できる【ネット接続と日本語環境でOK】

① 海外からでも、証券口座で株取引できる【ネット接続と日本語環境でOK】

 

結論ですが、日本の証券口座で「海外からでも株の取引は可能」です。

私も実際に海外から、SBI証券や楽天証券で売買できることを確認しています。

 

日本でやるのとまったく同じ方法で、リアルタイムで取引ができるんですよね。

ただ時差があるので、株式市場の取引時間に合わせる必要があります。

 

海外での取引で必要なものは、以下の2つです。

 

【海外からの株取引で必要なもの】

❶ ネット接続環境

❷ 日本語表示が可能なOS・ブラウザ

 

それぞれ簡単に説明しておきますね。

 

❶ ネット接続環境

当たり前ですが、インターネットの接続環境は必要です。

ネットにさえ接続できれば、場所は選びません。

 

ただ、通信状態やセキュリティ面には気をつけた方が良いですね。

例えばフリーWiFiなどでの取引は、避けておくと安心です。

 

❷ 日本語表示が可能なOS・ブラウザ

日本の証券口座のサイトは、日本在住者向けに作られています。

そのため日本語以外の環境では、きちんと動作確認ができていません。

 

多くの場合は、海外にスマホは持っていきますよね。

日本で使っているノートパソコンなどもあれば、海外でも安心して取引できます。

 

② 海外移住(非居住者)の場合は、証券口座に制限あり【ポイントは海外転出届】

② 海外移住(非居住者)の場合は、証券口座に制限あり【ポイントは海外転出届】

② 海外移住(非居住者)の場合は、証券口座に制限あり【ポイントは海外転出届】

 

前のパートで、「海外からでも株の取引は可能」と紹介しました。

短期で海外旅行している場合などは、もちろん問題なく株取引できます。

 

ただし「海外移住(非居住者)」の場合は、扱いが変わるので注意が必要です。

なぜなら、証券口座は「日本の居住者向け」の前提があるからですね。

 

ここで、海外移住と証券口座の扱いについて紹介しておきます。

 

海外移住(非居住者)すると、証券口座の取引は制限される

海外移住する場合の口座の扱いは、証券会社でそれぞれルールが決められています。

出国予定の年数によって、取扱いが変わってきたりします。

 

ただ、どの証券会社でも「海外移住者の取引は制限される」というのが、基本的な扱いですね。

例えばSBI証券と楽天証券は、一般口座に振替となり、取引は制限されます。

 

永住予定の場合になると、口座の維持もできなくなり、解約しなければなりません。

そこで気になるのが、「どんな場合に、海外移住(非居住者)と判断されるのか?」ですよね。

 

「海外移住(非居住者)」とは、海外転出届を出したとき

一般的に「海外移住(非居住者)」と判断されるのは、役所に「海外転出届」を出した場合です。

なぜなら、住民票(住民登録)が削除され税金の扱いも変わるため、証券会社にも海外転出した事実がわかるからですね。

 

厳密に言うと、証券会社で非居住者の定義を決めていたり、出国予定年数で口座の取扱いルールを定めたりしています。

ですが、海外転出届を出さずに出国した場合、あなたから言わなければ証券会社には判断できません。

 

つまり、「海外移住 = 海外転出届を出したとき」と考えてOKです。

 

※海外転出届を出したときの証券口座の詳しい扱いは、「【海外移住】証券口座はそのまま使える?【ばれるので取扱い注意】」をご覧ください。

 

海外旅行でも、海外転出届を出す場合は要注意

海外移住でも短期(ルール上は1年未満の予定)なら、海外転出届を出す必要はありません。

問題なく証券口座で株取引できます。

 

一方で、「長期で海外旅行するときに海外転出届を出す場合」は、注意しておきましょう。

なぜなら、海外移住でなくても、書類上は「海外移住(非居住者)」になるからですね。

 

気づかずそのまま出国すると、証券口座は「凍結」や「閉鎖」されることになります。

必ず証券会社で手続きを終えてから、旅に出るようにしてくださいね。

 

③ まとめ:海外でも株の売買は可能だけど、住民票を抜いている場合は要注意

③ まとめ:海外でも株の売買は可能だけど、住民票を抜いている場合は要注意

③ まとめ:海外でも株の売買は可能だけど、住民票を抜いている場合は要注意

 

本記事では、「海外からの株取引と、海外移住と海外旅行の扱い」について紹介しました。

ポイントをまとめます。

 

【海外からの株取引で必要なもの】

❶ ネット接続環境

❷ 日本語表示が可能なOS・ブラウザ

 

【海外移住の場合の証券口座の扱い】

・海外移住(非居住者)すると、証券口座の取引は制限される

・「海外移住(非居住者)」とは、海外転出届を出したときに判断される

・海外旅行でも、海外転出届を出す場合は要注意

 

海外旅行中など、海外にいても株取引は可能です。

ネットに接続できて、日本語が表示できるスマホやパソコンがあれば、日本でやっていたときと同じように取引できます。

 

ただし、海外転出届を出して「住民票を抜いている場合」は要注意ですね。

証券会社によってルールは異なりますが、基本的に取引は制限されます。

 

手続きせずに出国してしまうと、すぐにはバレなくても、いずれ発覚してしまいます。

移住でなくても、長期の海外旅行で海外転出する場合は、気をつけてくださいね。

 

 

関連記事
海外移住するとクレジットカードは解約?取扱いを解説【海外転職】
海外移住するとクレジットカードは解約?取扱いを解説【海外転職】

  お悩み相談海外に移住すると、クレジットカードは解約しなきゃいけないのかな? クレカがないと不便だから、持っておきたいな。   こんにちは、キベリンブログです。 海外移住してクレ ...

続きを見る

関連記事
海外転出届は出さなくてもいい?メリットとデメリット【海外転職】
海外転出届は出さなくてもいい?メリットとデメリット【海外転職】

  お悩み相談海外転職で日本を出国するけど、アジアは近くてわりとすぐ帰ってくるし、海外転出届って出さなくてもいいかな? 海外転出届のメリットとデメリットを知りたいな。   こんにち ...

続きを見る

関連記事
【海外移住】証券口座はそのまま使える?【ばれるので取扱い注意】
【海外移住】証券口座はそのまま使える?【ばれるので取扱い注意】

  お悩み相談海外移住する予定なんだけど、証券口座は解約しないとダメなのかな? できればそのままにして、取引もしたいんだけど...。   こんにちは、キベリンブログです。 海外転職 ...

続きを見る

 

-海外移住・手続き, 海外転職・移住
-,

© 2020 Kiberin Blog