※当サイトで紹介する商品・サービス等は、プロモーションが含まれています。

海外転職ノウハウ 海外転職・移住

海外転職・外資系のリファレンスとは?拒否できるか解説【経験談】

海外転職・外資系のリファレンスとは?拒否できるか解説【経験談】

 

お悩み相談
海外転職するときにリファレンスを求められたけど、そもそもリファレンスって何だろう?
断っても良いのかな??

 

こんにちは、キベリンブログです。

リファレンスは、海外や外資系の会社では一般的ですが、日本では知られていないですよね。

今回は、「海外転職・外資系転職のリファレンス」について、解説します。

 

【本記事の内容】

① 海外転職・外資系転職のリファレンス(リファレンスチェック)とは?

② 海外転職・外資系転職でのリファレンスは、拒否できない?【経験談】

③ 海外転職・外資系でリファレンスが拒否できるか不安なら、転職エージェントに相談しよう

 

海外転職したとき、リファレンスを求められました。

経験から、「リファレンスとは何か?」「拒否できないのか?」を語っていきます。

 

※【補足】海外転職を実現する方法は、「海外転職を実現するには?方法・ステップを解説【経験談】」で紹介しています。

関連記事
海外転職を実現するには?方法・ステップを解説【経験談】
海外転職を実現するには?方法・ステップを解説【経験談】

  お悩み相談海外転職したいけど、具体的にどういうステップで進めていけば良いのかな?   こんにちは、キベリンブログです。 海外転職は以前よりも増えていますが、どう進めればいいのか ...

続きを見る

① 海外転職・外資系転職のリファレンス(リファレンスチェック)とは?

① 海外転職・外資系転職のリファレンス(リファレンスチェック)とは?

① 海外転職・外資系転職のリファレンス(リファレンスチェック)とは?

 

リファレンス(リファレンスチェック)とは、「応募者の身元を、前職の上司などに確認すること」です。

具体的には、転職先の企業が応募者の前職の会社の人に、以下のような内容を確認します。

 

【リファレンスでの確認内容の例】

・提出した職務経歴書の内容に、ウソがないか?

・働きぶりや実績は、どうだったか?

・人柄や性格などに、特別な問題がないか?

 

日本では、リファレンスの文化はありません。

ですが、海外や外資系企業ではリファレンスが一般的です。

 

転職での、リファレンスの目的

リファレンスの目的は、「会社が応募者を採用しても問題ないか?」の最終的な確認です。

「念のため」という位置付けで、行われることが多いようです。

 

リファレンスのタイミングと流れ

リファレンスのタイミングは会社によりますが、内定後や最終面接の後が多いです。

私の場合も、内定後にリファレンスを求められました。(詳細は後で書いています)

 

リファレンスを求められる場合、応募者は前職の上司や同僚などの連絡先を記入します。

会社はその連絡先から、リファレンスを行うことが一般的ですね。

 

② 海外転職・外資系転職でのリファレンスは、拒否できない?【経験談】

② 海外転職・外資系転職でのリファレンスは、拒否できない?【経験談】

② 海外転職・外資系転職でのリファレンスは、拒否できない?【経験談】

 

海外では一般的なリファレンスですが、「リファレンスを拒否できるのか?」が気になりますよね。

「転職活動を知られたくない...」「前職の上司に迷惑をかけたくない」などの理由で、リファレンスは断りたいことが多いです。

 

私が海外転職したときも、「リファレンスは断りたい」と思っていました。

連絡先などの情報も、できれば出したくないですよね。

 

私の事例では、リファレンスは拒否できた

結論として、リファレンスは拒否できました。

私は海外転職で内定が出た後にリファレンスを求められましたが、以下のような理由から断りました。

 

【リファレンスを拒否した理由】

・個人情報の問題から、上司の連絡先を開示したくない

・日本の会社はリファレンスの文化がないので、対応に慣れていない

・そもそも、前職の上司は英語が話せない

 

結果として、リファレンスを拒否しても、内定を取り消されるようなことはなかったです。

 

いきなりリファレンスを拒否したわけではなく、転職エージェントに相談した

リファレンスをどのくらい重視しているかは、会社によって異なります。

つまり、リファレンスを拒否できるかは一概には言えないので、不安ですよね。

 

私は転職エージェントを利用して、会社に応募していました。

まずは「リファレンスを断っても問題ないか?」を、転職エージェントに相談しました。

 

転職エージェントは、「その会社は日本にリファレンスの文化がないことを認識しています。断って転職した人の前例もあるので、断っても大丈夫ですよ。」とアドバイスしてくれました。

 

上記のアドバイスから、安心してリファレンスを拒否できました。

リファレンスの拒否が不安なら、転職エージェントに相談してみましょう。

 

拒否する理由を考慮した上で、内定に影響がないかアドバイスしてもらえますので。

 

※【補足】転職エージェントの利用方法は、「転職エージェントの利用の流れとリスク回避方法」で解説しています。

関連記事
転職エージェントの利用の流れ・リスク回避方法を解説【実体験】
転職エージェントの利用の流れとリスク回避方法を解説【実体験】

  お悩み相談知り合いが転職エージェントを使って転職したって聞いたけど、どんなサービスなんだろう? 利用方法や注意点も知りたいな。   こんにちは、キベリンブログです。 転職活動で ...

続きを見る

③ 海外転職・外資系でリファレンスが拒否できるか不安なら、転職エージェントに相談しよう

③ 海外転職・外資系でリファレンスが拒否できるか不安なら、転職エージェントに相談しよう

③ 海外転職・外資系でリファレンスが拒否できるか不安なら、転職エージェントに相談しよう

 

本記事では、「海外転職・外資系転職のリファレンス」を解説しました。

ポイントをまとめます。

 

【リファレンス(リファレンスチェック)とは】

・応募者の身元を、前職の上司などに確認すること

 

【リファレンスでの確認内容の例】

・提出した職務経歴書の内容に、ウソがないか?

・働きぶりや実績は、どうだったか?

・人柄や性格などに、特別な問題がないか?

 

【転職でのリファレンスの目的とタイミング】

・リファレンスの目的 : その応募者を採用しても問題ないか、最終的な確認の位置付け

・リファレンスのタイミング : 会社によるが、内定後や最終面接後に行われることが多い

 

【リファレンスの拒否について】

・拒否できる会社もあるが、リファレンスの重要度は会社によるので一概には言えない

・拒否する前に転職エージェントへ相談すると、詳しい情報を知っているので安心できる

 

日本の会社はリファレンスの文化がないので、海外転職や外資系企業で求められると不安ですよね。

リファレンスを求められるタイミングまで来たら、転職が決まるまであと一歩です。

 

リファレンスを拒否して転職に失敗してしまったら、もったいないです。

まずは、転職エージェントに相談しましょう。

 

関連記事
転職エージェントの利用の流れ・リスク回避方法を解説【実体験】
転職エージェントの利用の流れとリスク回避方法を解説【実体験】

  お悩み相談知り合いが転職エージェントを使って転職したって聞いたけど、どんなサービスなんだろう? 利用方法や注意点も知りたいな。   こんにちは、キベリンブログです。 転職活動で ...

続きを見る

人気記事 転職エージェントを使って転職した感想【メリットとデメリット】

人気記事 【独学の英語学習法】留学なしで海外転職できた引きこもり勉強方法

-海外転職ノウハウ, 海外転職・移住
-

© 2020 Kiberin Blog