転職・就職 転職ノウハウ

ワークライフバランスは、派遣が第1位の働き方【派遣経験も語る】

ワークライフバランスは、派遣が第1位の働き方【派遣経験も語る】

 

お悩み相談
正社員はどうしても残業あるし、やっぱり忙しいなぁ...。
転職も考えようかな。

 

こんにちは、キベリンブログです。

仕事ばかりの生活では充実しないし、自分の時間も持てる仕事を選びたいですよね。

今回は、「ワークライフバランスは、派遣が第1位の働き方」について、紹介します。

 

【本記事の内容】

① ワークライフバランス満足度は、派遣が第1位【正社員より上】

② 働き方を変えて良かったこと・後悔していること【派遣の経験】

③ まとめ:ワークライフバランスを考えるなら、派遣の働き方は向いている

 

ITエンジニアとして、正社員から派遣で働く道を選びました。

経験から、ワークライフバランスと働き方を語っていきます。

 

① ワークライフバランス満足度は、派遣が第1位【正社員より上】

① ワークライフバランス満足度は、派遣が第1位【正社員より上】

① ワークライフバランス満足度は、派遣が第1位【正社員より上】

 

派遣のイメージって、あまり良くないですよね。

メディアでは否定的なワードで表現されるので、その影響が大きいと思います。

 

でも実際のところ、そこまで悪い働き方ではないんですよね。

それを示す調査結果を紹介していきます。

 

雇用形態別でのワークライフバランス満足度の調査結果

ワークライフバランス満足度の調査結果(雇用形態別)

「ワークライフバランス」満足度調査「エン派遣」ユーザーアンケート集計結果 から引用)

 

2020年の調査結果から引用したものです。

派遣のワークライフバランスの満足度は、正社員よりも上で、雇用形態別では「第1位」になっています。

 

5つの雇用形態の中で、「良い(36%)」と回答する人が最も多く、「悪い(22%)」の回答も少ないですよね。

こういった結果に目を向けてみると、派遣の印象も変わってくるのではないでしょうか?

 

派遣で働いてみたら、「残業ゼロ」になった

正社員で働いていると、拘束時間はどうしても長くなりますよね。

昔よりは良くなってきていますが、残業での対応が必要だったり、休日でも仕事のことが頭から離れなかったりします。

 

私も派遣に働き方を変えてから、ワークライフバランスの良さは実感できました。

基本的に定時で帰れるので、「残業ゼロ」にできるんですよね。

 

仕事が終わったらジムで運動したり、副業する時間も取れたりします。

自分の時間をきちんと確保できるのは大きいですね。

 

派遣だと、自分の業務に集中できた

正社員のときは、いわゆる「雑務」がストレスだったんですよね。

別のチームとのワーキンググループや会社の備品管理など、自分のタスク以外の業務ですね。

 

「もっと現場の業務に集中したい」という思いがありました。

派遣になると、ほとんどの時間を自分のタスクに使えるようになります。

 

余計なストレスが軽減されたので、心の負担も軽くなりました。

仕事に前向きで取り組めたし、スキルを身に付けやすいのも良かったですね。

 

② 働き方を変えて良かったこと・後悔していること【派遣の経験】

② 働き方を変えて良かったこと・後悔していること【派遣の経験】

② 働き方を変えて良かったこと・後悔していること【派遣の経験】

 

どんな働き方をしたいかは、人それぞれ違います。

でも、変えていくのは不安がありますよね。

 

働き方を変えてみて、どう感じたか

そこで、働き方を変えた人の「良かったこと」と「後悔していること」について紹介していきますね。

 

【働き方を変えて良かったこと】

・正社員から、融通の利く派遣社員へ転向。定時で帰宅できるようになり、気持ちにゆとりもできて、プライベートに仕事を持ち込まなくなった。(28歳女性)

・無理をしすぎてしまうタイプなので、勤務時間や業務内容、短期・長期の選択など、色々な選択肢がある派遣という働き方を選んだ。自分に向いていると感じている。(33歳女性)

・結婚前は営業職で激務の日々だったが、結婚後、夫との時間が作るために、思い切って仕事を辞めた。現在は派遣の事務職に切り替えて、自分らしい働き方ができるようになったと思う。(37歳女性)

 

【働き方を変えて後悔していること】

・辞めてから妊娠が分かってしまい、育児手当をもらえなくなってしまった。(27歳女性)

・時短勤務にしたが、通勤時間が長い割に給料が低いので仕事のモチベーションが下がってしまった。(29歳女性)

・いざ子育てが落ち着き、正規雇用で復帰したいと思っても、なかなかいい条件の仕事が見つからない。時短勤務などを活用して、正社員を続けておけば良かった。(43歳女性)

「ワークライフバランス」満足度調査「エン派遣」ユーザーアンケート集計結果 から引用)

 

「良かったこと」を見てみると、やっぱり「時間」のメリットの大きさを感じますよね。

自分の希望で選べる選択肢の広さもポイントだと思います。

 

一方で「後悔していること」については、保障などの問題が多いでしょうか。

正社員と比べると、そのあたりは薄くなりますよね。

 

働き方をシフトしていくのに、派遣の経験は大きかった

私は「正社員 → 派遣 → フリーランス」と働き方を変えていきました。

正社員のときに何となく「フリーランスでやっていきたいなぁ...。」とは思っていたのですが、踏み切れずにいたんですよね。

 

正社員から派遣に働き方を変えてから、時間に余裕ができて、自由度も増えました。

副業も本格的に始めて、「派遣+副業」の経験から個人で働く感覚がすこしずつ掴めてきたんですよね。

 

派遣で働いている間は毎月の給料は出るし、安定も確保しながら集中して取り組めました。

自分が望む働き方を目指す上で、派遣の経験は大きかったし、後悔もなかったですね。

 

派遣は、自由度と安定度のバランスが取れている

言ってみれば派遣は、正社員とフリーランスの中間的な位置付けです。

自由度と安定度のバランスが取れているんですよね。

 

時間を確保できる働き方の柔軟性がありながら、給料や社会保険は保障されています。

将来的にフリーランスを目指したい人にも、派遣で得られるスキルは活きてくるはずです。

 

※フリーランスの前に派遣を経験する理由は、「【経験談】フリーランスになる前に、派遣を経験すべき7つの理由」をご覧ください。

関連記事
【経験談】フリーランスになる前に、派遣を経験すべき7つの理由
【経験談】フリーランスになる前に、派遣を経験すべき7つの理由

  お悩み相談フリーランスになって自由に働きたいけど、やっぱり不安だなぁ...。   こんにちは、キベリンブログです。 フリーランスで働く人も増えていますが、保障もなくて不安ですよ ...

続きを見る

③ まとめ:ワークライフバランスを考えるなら、派遣の働き方は向いている

③ まとめ:ワークライフバランスを考えるなら、派遣の働き方は向いている

③ まとめ:ワークライフバランスを考えるなら、派遣の働き方は向いている

 

本記事では、「ワークライフバランスは、派遣が第1位の働き方」を紹介しました。

ポイントをまとめます。

 

【ワークライフバランス満足度の調査結果】

・派遣の満足度は、雇用形態別では第1位(正社員よりも上)

・派遣は「残業ゼロ」にできるので、自分の時間を確保できる

・余計な雑務が少なく、自分の業務に集中して取り組める

 

ワークライフバランス満足度の調査結果で、派遣が「第1位」というのは意外に思いましたよね。

実際のところ、高単価の案件も多いし、その上で自分のための時間を持てます。

 

勤務時間や業務内容など幅広い選択肢があるから、希望に合ったものを選べるんですよね。

最後におすすめの派遣会社を紹介しているので、案件の内容を見てみると参考になるはずです。

 

生きる上での優先順位を考えて、私は正社員から派遣に働き方を変えました。

正社員のときより、ワークライフバランスは良くなったことを実感できましたね。

 

イメージや世間体だけで、正社員にしがみつく必要はないです。

あなたが望む生活に向けて、派遣での働き方も考えてみてくださいね。

 

【おすすめ派遣会社 3選】

パーソルテクノロジースタッフ:エンジニア派遣に特化した大手で、オンラインで登録が完結して仕事の紹介までとにかく早い。未経験でも対応可能な案件がある

マイナビスタッフ:大手企業の案件が多く、職種は事務系とクリエイティブ系が多い

リクルートスタッフィング:リクルートグループ運営で、案件数が豊富かつ高単価の案件まで対応している

 

関連記事
【経験談】派遣会社の登録から就業の流れを解説【おすすめ3選あり】
【経験談】派遣会社の登録から就業の流れを解説【おすすめ3選あり】

  お悩み相談派遣会社の登録って、どんな手順でするんだろう? 働くまでの流れも知りたいな。   こんにちは、キベリンブログです。 派遣は手軽に働けるので、登録の流れを知っておけばす ...

続きを見る

人気記事 派遣のメリットを活かせる人とは【正社員にしがみつく必要なし】

人気記事 【経験談】フリーランスになる前に、派遣を経験すべき7つの理由

-転職・就職, 転職ノウハウ
-,

© 2020 Kiberin Blog