失業保険 認定日

【認定日】指定時間でなくても、ハローワーク行ってOK【失業保険】

2021/11/05

【認定日】指定時間でなくても、ハローワーク行ってOK【失業保険】

 

お悩み相談
認定日にハロワへ行く時間って、指定された時間じゃないとダメなのかな??
行けないわけじゃないけど、ちょっと都合悪いんだよね。。

 

こんにちは、キベリンブログです。

認定日に手続きへ行く時間は、指定時間以外に行きたいこともありますよね。

今回は、「認定日にハローワークへ行く時間は、指定時間でなくても手続きOK」の件を紹介します。

 

【本記事の内容】

① 30分単位で指定された時間でなくても、認定手続き可能【早くても遅くてもOK】

② 認定日に指定時間以外で行くときに、気をつけておくこと【3つの注意】

③ まとめ:認定日は指定時間でなくてもOKだけど、その日のうちに行く必要あり

 

失業保険は3回受給してきました。

経験から、認定日の時間について注意点も含めて語っていきますね。

 

① 30分単位で指定された時間でなくても、認定手続き可能【早くても遅くてもOK】

① 30分単位で指定された時間でなくても、認定手続き可能【早くても遅くてもOK】

① 30分単位で指定された時間でなくても、認定手続き可能【早くても遅くてもOK】

 

失業保険をもらうには、4週間ごとの認定日にハローワークへ行く必要がありますよね。

認定日に手続きに行く時間は、「失業認定申告書」や「雇用保険受給資格者証」などに、「30分単位」で指定されています。

 

私の場合は、わりと朝の早い時間に指定されることが多かったです。

でも、「急用が入ったから時間をずらしたい」とか「寝坊して遅れそう」といったこともありますよね。

 

指定時間でなくても、認定の手続きをしてくれる

結論は、「指定時間でなくてもOK」です。

指定時間より早く行っても遅く行っても、失業の認定手続きをしてくれます。

 

ハローワークの担当者にも聞いたところ、「指定時間以外でも大丈夫」とのことでした。

ただ「混雑状況を考えて時間を指定しているので、なるべく指定時間に来てください」とも言われましたね。

 

ハローワークがやっている時間は「8:30 ~ 17:15」です。

手続きの時間もあるので、遅くとも「16時まで」には行っておいた方がいいですね。

 

※認定日に行う手続きの内容は、「【失業保険】認定日にハローワークで行う手続きとは?」で紹介しています。

 

とはいえ、できるだけ指定時間にハローワークへ行こう

指定時間でなくても大丈夫なのですが、特に理由がなければ時間どおりに行きましょう。

なぜなら、「待ち時間が長くなる可能性が高い」からですね。

 

指定される時間は、ハローワーク側で人数を調整した上で割り振っています。

混雑を避けるためにも、なるべく決められた時間に行った方が安心できますよ。

 

② 認定日に指定時間以外で行くときに、気をつけておくこと【3つの注意】

② 認定日に指定時間以外で行くときに、気をつけておくこと【3つの注意】

② 認定日に指定時間以外で行くときに、気をつけておくこと【3つの注意】

 

認定日の手続きは、指定された時間以外でも可能です。

ですが気をつけるべきこともあるので、すこし注意点を紹介しておきますね。

 

【認定日に指定時間以外で行くときの注意点】

❶ 待ち時間が長くなる可能性が高い

❷ 時間変更の手続きや事前連絡は不要

❸ ずれてもいいのは時間だけで、「その日」でないとNG

 

順番に見ていきましょう。

 

❶ 待ち時間が長くなる可能性が高い

1つ目のパート」でも触れましたが、ハローワーク側が人数の割り振りを考えて時間を指定しています。

なぜなら、手続きの混雑を避けたいからですね。

 

なので指定時間以外に行くと、待ち時間が長くなる可能性が高いです。

手続きの時間だけでなく待ち時間も考えて、早めに行っておいた方が安心ですね。

 

認定日は遅くとも、「16時頃まで」にはハローワークに行っておきましょう。

 

❷ 時間変更の手続きや事前連絡は不要

指定時間に行けないことが、事前にわかっている場合もありますよね。

そういった場合でも、事前の手続きや連絡は特に必要ありません。

 

通常と同じように「失業認定申告書」や「雇用保険受給資格者証」を提出すれば、手続きをしてくれます。

「寝坊して連絡せずに時間を過ぎてしまった!」といったときでも大丈夫なので、安心してくださいね。

 

❸ ずれてもいいのは時間だけで、「その日」でないとNG

ずれてもいいのは「時間だけ」です。

認定日の手続きは、「その日(認定日)」のうちにハローワークへ行かなければなりません。

 

そこで「認定日は変更できないの?」ということが気になりますよね。

認定日は個人的な都合では変更できず、「やむを得ない理由がある場合」しか認められていません。

 

加えて変更には「やむを得ない理由を示す証明書」も求められます。

手続きも必要になってくるので、注意してくださいね。

 

※認定日が変更できる具体的な理由は、「失業認定日が変更できる「やむを得ない理由」とは【面接・病気など】」をご覧ください。

 

【認定日の決まり方について】

認定日は、失業保険を申請したときに決まります。

4週間ごとに1回なので、曜日は固定されますよね。

もし「金曜日は予定があるから避けたい」といったことが失業保険の申請前にわかっているなら、申請するタイミングで調整できる可能性もあります。

詳しい内容は、「認定日はいつになる?曜日の決まり方を解説【失業保険】」を参考にしてくださいね。

関連記事
認定日はいつになる?曜日の決まり方を解説【失業保険】
認定日はいつになる?曜日の決まり方を解説【失業保険】

  お悩み相談失業保険を申請したら、4週間ごとの認定日にハローワークへ行かなきゃいけないんだよね。 認定日がいつになるのか、決まり方ってあるのかな??   こんにちは、キベリンブロ ...

続きを見る

 

③ まとめ:認定日は指定時間でなくてもOKだけど、その日のうちに行く必要あり

③ まとめ:認定日は指定時間でなくてもOKだけど、その日のうちに行く必要あり

③ まとめ:認定日は指定時間でなくてもOKだけど、その日のうちに行く必要あり

 

本記事では、「認定日にハローワークへ行く時間は、指定時間でなくても手続きOK」の件を紹介しました。

ポイントをまとめます。

 

【認定日の指定時間】

・指定時間でなくてもOK

・早くても遅くても、その日にハローワークに行けば認定の手続きをしてもらえる

 

【認定日に指定時間以外で行くときの注意点】

❶ 待ち時間が長くなる可能性が高い

❷ 時間変更の手続きや事前連絡は不要

❸ ずれてもいいのは時間だけで、「その日」でないとNG

 

寝過ごしてしまった場合など、「認定日の指定時間を過ぎてしまった!」ということありますよね。

その日のうちであれば、指定時間より遅くても早くても大丈夫です。

 

ハローワークへ行けば、決められた時間以外でも手続きを受け付けてくれますよ。

ただし、「待ち時間が長くなる」などのデメリットもあります。

 

なので理由がなければ、指定時間に行くようにしましょう。

指定時間以外に行くなら、紹介した注意点を押さえておいてくださいね。

 

 

関連記事
【失業保険】求職活動実績を1日で2回作るには?当日の作り方を解説
【失業保険】求職活動実績を1日で2回作るには?当日の作り方を解説

  お悩み相談明日が失業認定日だったこと忘れてた! 求職活動実績が2回ないと失業保険がもらえないよ...どうしよう!?   こんにちは、キベリンブログです。 認定日が近いのを忘れて ...

続きを見る

関連記事
失業認定申告書の書き方を求職活動実績の記入例で解説【失業保険】
失業認定申告書の書き方を求職活動実績の記入例で解説【失業保険】

  お悩み相談失業認定申告書の書き方を、求職活動実績の方法別に教えて欲しいです。   こんにちは、キベリンブログです。 失業保険をもらうには、4週間ごとの認定日にハローワークで「失 ...

続きを見る

関連記事
セミナーも求職活動実績に!【ハローワークvs転職エージェント】
セミナーも求職活動実績に!【ハローワークvs転職エージェント】

  お悩み相談就職支援セミナーの受講も求職活動実績になるんだ! 受け方とか注意点を知っておきたいな。   こんにちは、キベリンブログです。 失業保険は求職活動実績が必要ですが、セミ ...

続きを見る

 

-失業保険, 認定日

© 2020 Kiberin Blog