転職・就職 退職時の手続き

退職日が末日以外は損?保険と年金の扱い【賞与と失業保険も要注意】

退職日が末日以外は損?保険と年金の扱い【賞与と失業保険も要注意】

 

お悩み相談
退職日は月末が普通だけど、ちょっとトラブルで末日以外になりそう...。
末日以外だと何かデメリットあるのかな??

 

こんにちは、キベリンブログです。

できるだけ早く会社を辞めたい場合など、退職日が末日以外になる可能性もありますよね。

今回は、「退職日が末日以外になる場合の違いと注意点」について、紹介します。

 

【本記事の内容】

① 退職日が月の「末日」と「末日以外」での違いは、健康保険と年金

② 末日以外での退職が損する理由は、保険料と年金受給額【会社が半分負担】

③ 「ボーナス(賞与)」と「失業保険」にも、影響あり【要チェック】

④ まとめ:退職日付は、できるだけ「末日」で調整しよう【損しない】

 

退職は5回経験してきましたが、月の末日以外で辞めた場合もありました。

経験から、注意しておくことを語っていきますね。

 

① 退職日が月の「末日」と「末日以外」での違いは、健康保険と年金

① 退職日が月の「末日」と「末日以外」での違いは、健康保険と年金

① 退職日が月の「末日」と「末日以外」での違いは、健康保険と年金

 

退職日付が「末日」と「末日以外」で変わってくるのは、「健康保険と年金」です。

整理して具体例も見ていきましょう。

 

退職日付による退職月の社会保険の違い

・末日で退職 : 退職月は、「会社の健康保険と厚生年金」になる(給料から天引き)

・末日以外で退職 : 退職月は、「国民健康保険と国民年金」になる(自分で払う)

 

例えば、「7月31日」付で退職すると、7月は「会社の健康保険と厚生年金」になります。

8月分から国民健康保険と国民年金になるわけですね。

 

一方で、「7月30日」付で退職した場合は、7月は「国民健康保険と国民年金」となります。

7月分から国民健康保険と国民年金になっています。

 

つまり、退職日が「末日以外」になると、健康保険と年金の切り替わりが「1か月分だけ早くなる」ということですね。

たった1日だけ違っても、社会保険に違いが発生します。

 

※【補足】正社員の退職のしかたは、「正社員の会社の辞め方とは?退職手順と注意点【経験談あり】」で解説しています。

関連記事
正社員の会社の辞め方とは?退職手順と注意点【経験談あり】
正社員の会社の辞め方とは?退職手順と注意点【経験談あり】

  お悩み相談会社を辞める決心がついたけど、退職の手順はまず何からやればいいんだろう?   こんにちは、キベリンブログです。 会社を辞めるには、本当に退職届を上司へ出すだけでいいの ...

続きを見る

② 末日以外での退職が損する理由は、保険料と年金受給額【会社が半分負担】

② 末日以外での退職が損する理由は、保険料と年金受給額【会社が半分負担】

② 末日以外での退職が損する理由は、保険料と年金受給額【会社が半分負担】

 

退職日付が「末日」と「末日以外」では、「どちらが損するのか?」が気になるところですよね。

結論は、「末日以外」で退職すると、損をすることになります。

 

「給料から引かれないから、お得」と考えるのは、要注意

末日以外で辞めた場合、退職月の社会保険料は給料から引かれません。

(一般的に社会保険料は「翌月」に引かれるので、「退職月の前月分」は引かれます)

 

「給料から保険料が引かれないなら、お得じゃない?」と思うかもしれませんが、ちょっと注意が必要です。

 

「健康保険・厚生年金・介護保険(40歳以上のみ)」は、会社が半分負担している

毎月の給与から引かれている保険料(健康保険・厚生年金・介護保険)は、実は会社が半額を払ってくれています。

自分で払っているわけではないので、あまり意識しないですよね。

 

末日以外で辞めると、会社が半分負担してくれていた1か月分が、なくなってしまいます。

そう考えると、ちょっと損になりますよね。

 

将来もらえる年金の受給額も、減ってしまう

加えて、将来もらえる年金の受給額も減ることになります。

なぜなら、厚生年金は「国民年金も含まれる2階建て」になっていて、将来もらえる受給額に上乗せされるからですね。

 

より多く保険料を払っている分、もらえる額も大きいというわけです。

これが1か月分だけ早く切り替わるので、年金の受給額が減ってしまいます。

 

※【補足】将来の年金額を知りたい場合は、「年金はいくらもらえる?将来の受給額を知る方法【年金定期便不要】」をご覧ください。

関連記事
年金はいくらもらえる?将来の受給額を知る方法【年金定期便不要】
年金はいくらもらえる?将来の受給額を知る方法【年金定期便不要】

  お悩み相談会社を退職したから年金保険料の免除申請しようと思うけど、年金っていくらもらえるんだろう? 毎年届く「ねんきん定期便」も邪魔だし捨てたいな。   こんにちは、キベリンブ ...

続きを見る

③ 「ボーナス(賞与)」と「失業保険」にも、影響あり【要チェック】

③ 「ボーナス(賞与)」と「失業保険」にも、影響あり【要チェック】

③ 「ボーナス(賞与)」と「失業保険」にも、影響あり【要チェック】

 

退職月の社会保険の扱いについては、わりと知っている人も多いですよね。

それ以外では、「ボーナス(賞与)」と「失業保険」にも影響する可能性があるので、注意しておきましょう。

 

ボーナス(賞与)をもらうには、「末日に在籍」と決まっている場合あり

私が働いていた会社の規則では、「5月と11月の末日に在籍している場合に、賞与を支給する」と決められていました。

「5月31日」に退職したので、結果的にボーナスをもらうことができたんですよね。

 

これが「5月30日(末日以外)」で辞めていたら、ボーナスはもらえなかったわけです。

あなたの会社でボーナスの支給条件に影響しないか、もらい損ねないように確認しておいてくださいね。

 

失業保険の受給資格にも、退職日付は影響する

失業保険がもらえるかは、「雇用保険の加入期間」によって決まります。

 

【失業保険の受給資格】

・自己都合での退職 : 辞めた日から以前の2年間に、「12か月以上」雇用保険に入っていること

・会社都合での退職 : 辞めた日から以前の1年間に、「6か月以上」雇用保険に入っていること

 

※【補足】自己都合と会社都合の違いは、「自己都合退職と会社都合退職で金額・条件はこんなに違う」をどうぞ。

関連記事
【失業保険】自己都合退職と会社都合退職で金額・条件はこんなに違う
【失業保険】自己都合退職と会社都合退職で金額・条件はこんなに違う

  お悩み相談派遣の契約期間が満了したから、失業保険の申請に行きます。 この場合って、会社都合退職にならないのかな?   こんにちは、キベリンブログです。 失業保険は、退職理由で金 ...

続きを見る

 

ここでポイントとなるのは、「1か月」の計算方法です。

 

【雇用保険の加入期間を「1か月」とみなす計算方法】

・辞めた日から1か月ごとに区切った期間に、勤務日が「11日以上」ある月を、1か月と計算

 

つまり、「末日以外」で辞めると月の節目が関係なくなり、必要な加入期間が不足する可能性もあります。

末日以外に辞めることで、失業保険の受給資格がなくならないか、しっかり確認しておきましょう。

 

※【補足】失業保険の受給資格の詳細は、「失業保険の受給資格は加入期間で決まる【派遣やバイトも資格あり】」で紹介しています。

関連記事
失業保険の受給資格は加入期間で決まる【派遣やバイトも資格あり】
失業保険の受給資格は加入期間で決まる【派遣やバイトも資格あり】

  お悩み相談仕事を辞めて失業したけど、そういえば失業保険てもらえるのかな?? もらえる資格があるのか知りたいです。   こんにちは、キベリンブログです。 「会社を辞めると失業保険 ...

続きを見る

④ まとめ:退職日付は、できるだけ「末日」で調整しよう【損しない】

④ まとめ:退職日付は、できるだけ「末日」で調整しよう【損しない】

④ まとめ:退職日付は、できるだけ「末日」で調整しよう【損しない】

 

本記事では、「退職日が末日以外になる場合の違いと注意点」を紹介しました。

ポイントをまとめます。

 

【退職日付による退職月の社会保険の違い】

・退職日が「末日以外」になると、健康保険と年金の切り替わりが1か月分だけ早くなる

・末日で退職 : 退職月は、「会社の健康保険と厚生年金」になる(給料から天引き)

・末日以外で退職 : 退職月は、「国民健康保険と国民年金」になる(自分で払う)

 

【末日以外での退職だと、損する理由】

・「健康保険・厚生年金・介護保険(40歳以上のみ)」は、会社が半分負担している

・末日以外で辞めると、会社が半分負担してくれていた1か月分がなくなってしまう

・将来もらえる年金の受給額が減ってしまう

 

【末日以外の退職によるボーナス(賞与)と失業保険の注意点】

・会社によってボーナスの支給条件が、「末日に在籍していること」と決められている場合もある

・末日以外の退職により、雇用保険の加入期間が不足して、失業保険の受給資格がなくなる可能性がある

 

繰り返しですが、月の「末日以外」で退職すると、結果的に損することになります。

特にトラブルなく会社を辞める場合は、月の「末日」での退職が一般的ですよね。

 

でも、1日でも早く会社を去りたいときや、何らかのトラブルで末日での退職が難しいこともあると思います。

その場合、もし調整できるなら、退職日付は「末日」にした方が損をせずに済みます。

 

有給休暇が足りなければ、欠勤扱いにしてもらうなどの方法があるかもしれません。

うまく会社と交渉して、末日で退職できるよう調整してみてくださいね。

 

関連記事
【手続きリスト】退職後にやるべきことをまとめ一覧で解説【要確認】
【手続きリスト】退職後にやるべきことをまとめ一覧で解説【要確認】

  お悩み相談会社を辞めたら、やるべき手続きっていろいろあるよね。 一覧のリストでまとめてあるものはないかな?   こんにちは、キベリンブログです。 会社を辞めたら、手続きがたくさ ...

続きを見る

人気記事 転職エージェントの利用の流れとリスク回避方法を解説【実体験】

人気記事 【70%給付】教育訓練給付が使えるプログラミングスクール【3選】

-転職・就職, 退職時の手続き
-

© 2020 Kiberin Blog