転職・就職 転職ノウハウ

退職代行サービスとは?利用価値を解説【料金と業者3選】

2020/09/22

退職代行サービスとは?利用価値を解説【料金と業者3選を紹介】

 

お悩み相談
会社を辞めたいけど、上司と2人きりで退職のこと話したくないし、もう会社にも行きたくない...。
退職代行サービスって、どんな感じなんだろう?

 

こんにちは、キベリンブログです。

会社を辞めたいと思っても、なかなか言い出せない悩みを持っている人は多いですよね。

今回は、「退職代行サービスの利用価値と料金・業者3選」について、解説します。

 

【本記事の内容】

① 退職代行サービスとは?【利用価値とサービス拡大の背景】

② 退職代行サービス会社 3選【料金の相場は約3万円~5万円】

③ 退職代行サービスのメリット

④ 退職代行サービスのデメリット

⑤ まとめ:ブラック企業などで心と身体がつらいなら、退職代行サービスは利用価値がある

 

私は会社の退職を4回経験してきましたが、退職のときは精神的にもストレスがかかりますよね。

心と身体が疲れているなら、壊れてしまう前に退職代行の利用を検討してみてください。

 

※【補足】ひとりで会社を辞める手順については、「正社員の会社の辞め方とは?退職手順と注意点【経験談あり】」で解説しています。

関連記事
正社員の会社の辞め方とは?退職手順と注意点【経験談あり】
正社員の会社の辞め方とは?退職手順と注意点【経験談あり】

  お悩み相談会社を辞める決心がついたけど、退職の手順はまず何からやればいいんだろう?   こんにちは、キベリンブログです。 会社を辞めるには、本当に退職届を上司へ出すだけでいいの ...

続きを見る

① 退職代行サービスとは?【利用価値とサービス拡大の背景】

① 退職代行サービスとは?【利用価値とサービス拡大の背景】

① 退職代行サービスとは?【利用価値とサービス拡大の背景】

 

「退職代行サービス」とは、退職者に代わって、必要な事務手続きを業者が代行してくれるサービスです。

サービス自体は昔からありましたが、2018年にメディアで取り上げられてから、広く知られるようになりました。

 

退職代行サービスの利用価値

ブラックなどではない一般的な企業で、自分から退職を伝えて辞められるなら、退職代行サービスを使う必要はありません。

基本的に労働者には、会社を退職する自由が認められています。

 

しかし、以下に当てはまる人なら、退職代行サービスの利用価値があります。

 

【退職代行サービスの利用価値がある人】

・心と身体が疲れており、会社に行くことが苦しい人

・辞めると言っても、すぐに辞めさせてもらえない人

・上司のパワハラを受けていて、怖くて退職を言い出せない人

 

最も大切なのは、心と身体の健康です。

それを損なってしまうようなら、退職代行サービスの利用を検討しましょう。

 

退職代行サービスの利用者が増えてきた理由

会社員には、働いた分の残業代をもらう権利や、有給休暇を取得できる権利など、さまざまな権利があります。

しかし、なぜかサービス残業を強いられたり、有休を取りにくいという状況が日本の会社の現状です。

 

働き方改革や企業のコンプライアンスが重要視され、以下のような問題がより明るみになってきています。

 

・退職の希望を伝えたら、脅しや嫌がらせに遭って辞められない

・ブラック企業などで上司が怖くて、退職のことを言い出せない

・退職前に有給休暇を取得する権利があるのに、取得できない

 

上記の問題を解決するため、退職代行サービスというビジネスが生まれ、利用者が増えてきました。

 

退職代行サービスは、正社員だけでなく派遣社員やアルバイトにも対応している

退職代行は、正社員にしか対応していないと思われがちです。

しかし、派遣社員や契約社員、アルバイト・パートなどの雇用形態にも対応しています。

 

料金も、正社員と比べると安くなる傾向があります。

 

※【補足】派遣社員の辞め方は、「派遣社員の辞め方とは?退職手順と注意点を解説【退職届は不要】」をご覧ください。

関連記事
派遣社員の辞め方とは?退職手順と注意点を解説【退職届は不要】
派遣社員の辞め方とは?退職手順と注意点を解説【退職届は不要】

  お悩み相談派遣社員を辞めるには、退職届を出せばいいのかな? でも契約期間が終了するだけだし、退職とかあるの?   こんにちは、キベリンブログです。 正社員は退職届を出して辞める ...

続きを見る

② 退職代行サービス会社 3選【料金の相場は約3万円~5万円】

② 退職代行サービス会社 3選【料金の相場は約3万円~5万円】

② 退職代行サービス会社 3選【料金の相場は約3万円~5万円】

 

退職代行サービスを扱っているおすすめの会社を、3つ紹介します。

 

【退職代行サービス会社 3選】

退職代行 ガーディアン : 労働組合が運営しているので、法的に代理交渉も可能。料金も一律で、安心して利用できるのがメリット。

退職代行 Jobs : 顧問弁護士が監修しており、低料金で利用できることも魅力。退職できなかった場合は、全額返金保証あり。

退職代行【わたしNEXT】 : 女性に特化した退職代行で、特有の悩みを理解の上で対応してくれる。男性も利用可能で、転職サポートもあり。

 

退職代行の料金の相場は、約3~5万円

退職代行サービスの一般的な相場は、「約3万円から5万円」ほどです。

紹介した3社の費用は相場よりも少し安めですね。

 

【退職代行サービスの費用】

退職代行 ガーディアン : 29,800円 [税込] (正社員 , アルバイト , パート)

退職代行 Jobs : 27,000円 [税込] (正社員 , 契約社員 , アルバイト , パート)

退職代行【わたしNEXT】 : 29,800円 [税込] (正社員 , 契約社員 , 派遣社員)、19,800円 [税込] (アルバイト , パート)

 

リスクが低く安心感を求めるなら、労働組合が運営している「退職代行 ガーディアン」が良いですね。

契約社員や派遣社員の場合は、「退職代行 Jobs」、「退職代行【わたしNEXT】」がおすすめです。

 

女性なら、女性特有の悩みに特化している「退職代行【わたしNEXT】」が相談しやすいと思います。

3社とも無料で相談を受け付けているので、まずは無料相談してみましょう。

 

③ 退職代行サービスを利用するメリット

③ 退職代行サービスを利用するメリット

③ 退職代行サービスを利用するメリット

 

ここで、退職代行サービスを利用するメリットを見ていきましょう。

【退職代行のメリット】

・会社からの不当な扱いや嫌がらせを、回避できる

・会社を退職できない状況を、変えられる

・上司や同僚などと、会わずに退職できる

 

会社からの不当な扱いや嫌がらせを、回避できる

退職の意思を伝えると、しつこい引き留めや脅しなど、不当な扱いを受けることがあります。

そういった嫌がらせを回避できるので、退職代行の利用は大きなメリットです。

 

会社を退職できない状況を、変えられる

上司に退職の旨を直接伝えることが難しかったり、法的な根拠もなく退職を拒否される場合があります。

自分ひとりで悩んでいた退職できない状況を、退職代行なら変えることができます。

 

上司や同僚などと、会わずに退職できる

「嫌がらせを受けた上司や、派遣先の社員にはもう会いたくない...。」「退職を伝えてから同僚には顔を合わせにくい...。」といった状況、ありますよね。

そういったときに退職代行を利用すると、上司や同僚と会うことなく退職できます。

 

④ 退職代行サービスを利用するデメリット

④ 退職代行サービスを利用するデメリット

④ 退職代行サービスを利用するデメリット

 

次に、退職代行サービスを利用するデメリットを確認しておきましょう。

【退職代行のデメリット】

・退職代行サービスの利用料金(約3~5万円)がかかる

・退職後に、上司や同僚との関係が悪くなる

・会社に対して説得や交渉ごとが発生した場合は、弁護士や労働組合でなければ対応できない

 

退職代行サービスの利用料金(約3~5万円)がかかる

退職代行サービスを利用すると、一般的な相場として「約3万円~5万円」ほどかかります。

ただ、退職代行の利用で有給休暇が取れるなら、費用はそれほど気にならないかもしれません。

 

退職後に、上司や同僚との関係が悪くなる

マイナスな理由で退職した人にとっては、退職後に以前の会社の上司や同僚とは会いにくいですよね。

加えて退職代行を利用した場合は、さらに関係は悪化しやすくなります。

 

会社に対して説得や交渉ごとが発生した場合は、弁護士や労働組合でなければ対応できない

株式会社などの法人が運営している退職代行サービスは、費用が安い代わりに、法的に制限があります。

会社の説得や交渉ごとが発生した場合は、取り扱ってもらえません。

 

そのため、交渉などの制限を超えることが発生した場合は、弁護士や労働組合でなければ対応できません。

労働組合が運営する「退職代行 ガーディアン」なら、法的にも利用者の代理交渉が可能です。

 

⑤ まとめ:ブラック企業などで心と身体がつらいなら、退職代行サービスは利用価値がある

⑤ まとめ:ブラック企業などで心と身体がつらいなら、退職代行サービスは利用価値がある

⑤ まとめ:ブラック企業などで心と身体がつらいなら、退職代行サービスは利用価値がある

 

本記事では、「退職代行サービスの利用価値と料金・業者3選」を解説しました。

ポイントをまとめます。

 

【退職代行サービスの利用価値がある人】

・心と身体が疲れており、会社に行くことが苦しい人

・辞めると言っても、すぐに辞めさせてもらえない人

・上司のパワハラを受けていて、怖くて退職を言い出せない人

 

【退職代行サービス会社 3選】

退職代行 ガーディアン : 労働組合が運営しているので、法的に代理交渉も可能。料金も一律で、安心して利用できるのがメリット。

退職代行 Jobs : 顧問弁護士が監修しており、低料金で利用できることも魅力。退職できなかった場合は、全額返金保証あり。

退職代行【わたしNEXT】 : 女性に特化した退職代行で、特有の悩みを理解の上で対応してくれる。男性も利用可能で、転職サポートもあり。

 

【退職代行サービスの費用】

退職代行 ガーディアン : 29,800円 [税込] (正社員 , アルバイト , パート)

退職代行 Jobs : 27,000円 [税込] (正社員 , 契約社員 , アルバイト , パート)

退職代行【わたしNEXT】 : 29,800円 [税込] (正社員 , 契約社員 , 派遣社員)、19,800円 [税込] (アルバイト , パート)

 

会社に行くことや上司と直接話すのがつらい状況のときは、心と身体が壊れる前に、退職代行サービスの利用を考えましょう。

3~5万円の費用は安くありませんが、数日間の有給休暇の給料で元が取れます。

 

心と身体の健康を守れるなら、退職代行サービスは利用価値があります。

精神的に病んでしまう前に新たにスタートするなら、まずは退職代行に無料相談してみてください。

 

関連記事
転職エージェントの利用の流れ・リスク回避方法を解説【実体験】
転職エージェントの利用の流れとリスク回避方法を解説【実体験】

  お悩み相談知り合いが転職エージェントを使って転職したって聞いたけど、どんなサービスなんだろう? 利用方法や注意点を知りたいな。   こんにちは、キベリンブログです。 転職活動で ...

続きを見る

人気記事 【70%給付】教育訓練給付が使えるプログラミングスクール【3選】

人気記事 書類選考に通る転職サイト・転職エージェント活用方法【組合せあり】

-転職・就職, 転職ノウハウ
-

© 2020 Kiberin Blog