海外移住・手続き 海外転職・移住

出入国のスタンプはいつ必要?忘れた時の対処法も解説【海外転職】

2020/08/01

出入国のスタンプはいつ必要?忘れた時の対処法も解説【海外転職】

 

お悩み相談
日本の空港は顔認証ゲートになったから、自分から頼まないと出入国のスタンプもらえないけど、どんなときに必要になるんだろう?

 

こんにちは、キベリンブログです。

空港での出入国審査が自動化されましたが、スタンプの提示を求められることもありますよね。

今回は、「出入国のスタンプが必要なケースと忘れた時の対処法」について、解説します。

 

【本記事の内容】

① 出入国のスタンプが必要なケースとは?【海外転職では注意】

② 出入国のスタンプを忘れて、証明が必要になった場合の対処法【出入国在留管理庁】

③ まとめ:海外転職での海外転出中は、スタンプをもらっておいた方が良い

 

海外転職して海外へ移住し、100か国以上を旅してどんなときにスタンプが必要だったのか経験してきました。

経験を踏まえて、スタンプの注意点を語っていきます。

 

① 出入国のスタンプが必要なケースとは?【海外転職では注意】

① 出入国のスタンプが必要なケースとは?【海外転職では注意】

① 出入国のスタンプが必要なケースとは?【海外転職では注意】

 

日本の空港では顔認証ゲートの運用が始まり、出入国審査が自動化されました。

そのため、出入国の審査後に自分から依頼しないと、パスポートには出国印・帰国印のスタンプが押されません。

 

出入国のスタンプは、「いつ出国・帰国したのか?」の証明として使えます。

では、出入国のスタンプはどんなときに必要となるのでしょうか?

 

出入国のスタンプが必要となる手続き

・海外のビザ取得の手続き

・海外移住から帰国後の転入手続き

・非居住者の免税手続き

・年金保険の合算対象期間(免除期間)の証明手続き

・海外旅行保険の給付金の受給手続き

・海外滞在中に有効期限の切れた運転免許証の再取得の手続き

 

おもに上記の手続きを行うときは、出入国のスタンプが必要となります。

 

海外転職での出国のときはビザの手続きをすることになるので、出国印のスタンプは忘れずにもらっておきましょう。

海外での勤務を終えて帰国後、役所で転入届を申請するときも、帰国印のスタンプが必要です。

 

手続きによっては、航空券の半券など他のものでも代用できる場合があります。

ですが失くしやすいですし、スタンプをもらっておく方が安心ですね。

 

※【補足】海外勤務を終えた帰国後の転入届の手続きは、「海外転職から帰国時の転入届手続きを解説」をご覧ください。

関連記事
海外転職から帰国時の転入届手続きを解説【住民税に注意】
海外転職から帰国時の転入届手続きを解説【住民税に注意】

  お悩み相談海外の会社を退職して日本に帰国するけど、手続きって何をすればいいのかな?   こんにちは、キベリンブログです。 海外転職後に海外の会社を退職して日本へ帰国する場合、役 ...

続きを見る

 

顔認証ゲートでの、出入国スタンプのもらい方

顔認証ゲートで出入国審査が終わりゲートを通過すると、すぐそばにスタンプを希望する人のためにカウンターがあります。

審査は完了しているので、パスポートを担当者に渡せばすぐにスタンプを押してくれます。

 

出国スタンプがあると、海外で面倒を避けられることがある

海外で入国審査を受けるとき、国や審査官によっては、パスポートのスタンプを見て「どこから来たか?」を確認することがあります。

出国スタンプがないと質問される可能性があり、そうなるとちょっと面倒ですよね。

 

スタンプがないからといって、入国を拒否されたりはしません。

ですが、細かい面倒を避けられたりするので、スタンプにはこういったメリットもあります。

 

海外での出入国スタンプは要チェック

日本の審査官はきれいにスタンプを押してくれるのですが、海外では要注意です。

海外は日本と違って、雑な審査官も多いので、押されたスタンプが判別できないことがあります。

 

【海外で押されるスタンプが判別できない例】

・一部が見切れた状態でスタンプされ、出入国日が判別できない

・別のスタンプに重ねて押された

・そもそもスタンプを押すのを忘れている

 

上記のような状態になっていないか、出入国審査が終わった直後に必ず確認しておきましょう。

その場を離れた後に気づいても、対処してもらうのは難しくなりますので。

 

ただし、一部の国では出入国スタンプを廃止した国もあるので、そういった国でのスタンプはあきらめましょう。

また、入国のときだけスタンプを押して、出国のときはスタンプを押さない国もあります。

 

② 出入国のスタンプを忘れて、証明が必要になった場合の対処法【出入国在留管理庁】

② 出入国のスタンプを忘れて、証明が必要になった場合の対処法【出入国在留管理庁】

② 出入国のスタンプを忘れて、証明が必要になった場合の対処法【出入国在留管理庁】

 

もし出入国のスタンプをもらうのを忘れて、証明に航空券の半券などでも代用できない場合は困りますよね。

そんなとき、ちょっと面倒ですが対処法があります。

 

出入国在留管理庁へ証明書を請求しよう(旧称:入国管理局)

「出入国在留管理庁」へ「出入(帰)国記録に係る開示請求手続」を行うと、出入国記録の証明書がもらえます。

手続きには、以下のものが必要になります。

 

【出入国在留管理庁への出入国記録の開示請求に必要なもの】

開示請求書

・本人確認書類(免許証など)

・手数料(1件 300円)

 

なお、開示請求した当日は交付されず、受け取りまでは時間が必要になります。

ルールとしては「請求した日から30日以内に開示決定を行う」という決まりですが、かかる時間は個別のケースで異なるようです。

 

詳細は、出入国在留管理庁のホームページを確認してみてくださいね。

 

2019年4月1日より、組織名が「入国管理局」から「出入国在留管理庁」に変わっています。

入国管理局という名称には馴染みがあるかと思いますが、変わっているので注意してくださいね。

 

③ まとめ:海外転職での海外転出中は、スタンプをもらっておいた方が良い

③ まとめ:海外転職での海外転出中は、スタンプをもらっておいた方が良い

③ まとめ:海外転職での海外転出中は、スタンプをもらっておいた方が良い

 

本記事では、「出入国のスタンプが必要なケースと忘れた時の対処法」を解説しました。

ポイントをまとめます。

 

【出入国のスタンプが必要となる手続き】

・海外のビザ取得の手続き

・海外移住から帰国後の転入手続き

・非居住者の免税手続き

・年金保険の合算対象期間(免除期間)の証明手続き

・海外旅行保険の給付金の受給手続き

・海外滞在中に有効期限の切れた運転免許証の再取得の手続き

 

【スタンプに関する補足事項】

・顔認証ゲートで出入国審査が終わったら、希望すればカウンターでスタンプを押してもらえる

・出国スタンプがあると、海外で面倒な質問を避けられることがある

・海外での出入国審査後に押されるスタンプは、きちんと判別できるか要チェック

 

【出入国在留管理庁への出入国記録の開示請求に必要なもの】

開示請求書

・本人確認書類(免許証など)

・手数料(1件 300円)

 

数日程度の海外旅行の場合は、スタンプがなくてもそれほど困ることはありません。

たとえスタンプを忘れても、航空券の半券などで代用可能な場合も多いです。

 

ですが、海外転職で海外転出している場合は、何かと必要となることが多いです。

一時帰国のときも、スタンプをもらっておいた方が良いです。

 

後から必要になって、出入国記録の開示請求を行うのは面倒です。

なるべくスタンプを押してもらっておくと安心ですね。

 

関連記事
海外移住で持って行くべき、生活に便利なもの 5選【海外転職】
海外移住で持って行くべき、生活に便利なもの 5選【海外転職】

  お悩み相談海外移住で現地で手に入りにくくて、日本から持っていくと便利なものって何だろう?   こんにちは、キベリンブログです。 日本の製品は便利なのでいろいろ持っていきたくなり ...

続きを見る

人気記事 【独学の英語学習法】留学なしで海外転職できた引きこもり勉強方法

人気記事 海外転職に強いおすすめ転職エージェント4選【経験者が語る】

-海外移住・手続き, 海外転職・移住
-

© 2020 Kiberin Blog