海外移住・手続き 海外転職・移住

海外でのクレカ決済でエラー?不正検知システムとは【対処法あり】

海外でのクレカ決済でエラー?不正検知システムとは【対処法あり】

 

お悩み相談
海外からネットでクレカ決済しようとしたら、エラーで決済できない...。
何が原因なんだろう?

 

こんにちは、キベリンブログです。

海外でクレカが使えなかったら、現金の準備も難しくて困りますよね。

今回は、「海外でクレジットカードが使えなかったのは、不正検知システムが理由」の件を紹介します。

 

【本記事の内容】

① クレジットカードの不正検知システムとは【海外旅行での事例あり】

② 楽天カードが不正検知で使えなかった時の対処法【オンライン本人確認OK】

③ まとめ:海外でのカード決済はエラーもあるので、複数枚の準備でトラブルを回避できる

 

海外移住や旅行を通して、100か国以上に渡航してきました。

経験から、カードが使えなかったときの対処法を語っていきますね。

 

① クレジットカードの不正検知システムとは【海外旅行での事例あり】

① クレジットカードの不正検知システムとは【海外旅行での事例あり】

① クレジットカードの不正検知システムとは【海外旅行での事例あり】

 

私も経験がありますが、海外でクレジットカードを使おうとしたとき、エラーで決済できなかったことはありませんか?

お店で使う場合はカード読み取りの失敗、ネット決済ならカード番号の入力ミスなどを理由として、まず疑いますよね。

 

でも実は、もうひとつ確率の高い原因があります。

それは「不正検知システム」によるものです。

 

クレジットカードには、不正検知システムがある

各社のクレジットカードには、不正検知システムが導入されています。

第三者による不正なカード使用の負担を、未然に防ぐためのものですね。

 

不正検知システムは、「本人認証(3Dセキュア)」や「セキュリティコード(裏面の番号)」とは異なります。

各カード会社がそれぞれで導入しているので、不正を検知する方法は違っており、各社共通ではありません。

 

カードの使用をモニタリングして、「過去にはない高額なカード利用だから、不正利用なのでは?」という感じで自動的に推測して判断するシステムです。

不正と推測されるような決済をすると、不正検知システムが発動します。

 

不正検知システムが発動すると、カード利用が制限される

考えられる事例としては、例えば「海外で航空券をネットからクレカ決済する」といった取引ですね。

海外での利用で、かつ高額になるようなものは、不正検知システムが発動しやすいです。

 

発動すると、不正ではなくあなた本人が使っていたとしても、エラーが起きてカード決済が一時的にできなくなります。

でも決済の画面では「カードが使えません」と表示されるだけで、「不正検知システムが原因」ということは、そのときはわかりません。

 

後からメールやSMS(ショートメッセージサービス)などで、本人確認の連絡がくることが多いです。

その連絡を受けてWebなどで本人確認を行うと、また使えるようになるしくみです。

 

クレカの不正検知システムが発動する、カード決済の一例

・海外での高額なカード利用

・同じ店で何度も連続したカード利用

・過去の不正利用と同じ or 類似のカード利用

 

あくまで一例ですが、上記のようなカード決済をすると、不正検知システムによりカード利用が停止されます。

不正利用を未然に防いでくれることを考えれば、そこは安心ですよね。

 

とはいえチェックが厳しすぎると、「本人なのになぜ使えないの?」と決済できない状態になり、困ってしまいます。

こういったシステムは、バランスが重要ですね。

 

② 楽天カードが不正検知で使えなかった時の対処法【オンライン本人確認OK】

② 楽天カードが不正検知で使えなかった時の対処法【オンライン本人確認OK】

② 楽天カードが不正検知で使えなかった時の対処法【オンライン本人確認OK】

 

前のパートで紹介したとおり、不正検知システムは各カード会社で異なります。

不正検知のしくみや、不正検知後にカードを使えるようにするための本人確認の方法にも違いがあります。

 

例として、広く使われている「楽天カード」の不正検知システムを紹介しておきますね。

不正検知後の本人確認は、楽天カードのサイトから行えるので、海外にいても簡単にできますよ。

 

【楽天カードの不正検知システムと、本人確認の方法】

❶ 不正検知システムが、発動する事例【海外も該当例あり】

❷ 不正検知システム発動後、本人確認する方法【e-NAVIで簡単】

❸ 本人確認を実施した後は、不正と判断された決済も可能【24時間以内】

 

順番にみていきましょう。

 

❶ 不正検知システムが、発動する事例【海外も該当例あり】

・過去の不正使用の事例と類似した場合

・第三者利用の疑いがあると判断した場合

・高額なカードの利用があり、直近のカード利用時間と場所から見て、同一人物の利用とは考えられない場合

・海外にて高額の利用があった場合

 (※楽天カードのサイトから引用)

 

楽天カードでは、上記のようなカード利用があると「使用を制限する場合がある」と案内されています。

海外での高額の利用も、記載がありますよね。

 

不正検知システムが発動すると、カード決済できずエラーになります。

決済時の画面からは、「不正検知システムが理由で制限されたことはわからない」ので、注意してくださいね。

 

次で説明する本人確認を行うまでは、楽天カードの利用は制限されます。

なお、不正検知システムのしくみはカード会社で違うので、他のカードを使えば決済できることもあります。

 

❷ 不正検知システム発動後、本人確認する方法【e-NAVIで簡単】

・楽天カードの会員向けサイト「e-NAVI」から、本人確認する

・メールや電話などで連絡が来て、本人確認する

 

決済できなかった後、楽天カードのサイト「e-NAVI」へアクセスすると、「利用確認」の画面が表示されます。

その利用確認の画面で、「利用覚えあり」or「利用覚えなし」を選択することで、本人確認するようになっています。

 

「利用覚えあり」を選んで情報などを入力すれば、その後は制限が解除されカードが使えるようになります。

「利用覚えなし」を選ぶと、「不正利用された」と判断されて、カード交換などの対処が行われます。

 

あなた自身で決済した場合は、必ず「利用覚えあり」を選ぶようにしてくださいね。

ちなみに、不正検知システムの案内メールが来なかったり、海外では電話を受けられないこともあります。

 

メールが来なくても、「e-NAVI」へアクセスすれば利用確認は可能です。

こまめに日頃からアクセスして、利用状況をチェックしておくと安心ですよ。

 

❸ 本人確認を実施した後は、不正と判断された決済が可能【24時間以内】

・「利用覚えあり」を選択しても、エラーになった取引の決済は行われない

楽天カードで再度決済したい場合は、24時間以内なら同じ取引の決済が可能

 

「利用覚えあり」で本人確認できたら、楽天カードは引き続き使えるようになります。

合わせて「ご利用確認完了のお知らせ」のメールも届くので、内容を確認しておきましょう。

 

そのメールにも書かれていますが、「利用覚えあり」を選んでも、その取引の決済はされません。

すでに別のカードで決済した場合は、ここまででOKで、楽天カードは引き続き使えるようになっています。

 

まだ決済しておらず、「楽天カードを使って同じ取引をしたい場合」は、「24時間以内」なら可能です。

今度は楽天カードでも、同じ取引でエラーにならずに決済できるはずです。

 

③ まとめ:海外でのカード決済はエラーもあるので、複数枚は準備しておこう

③ まとめ:海外でのカード決済はエラーもあるので、複数枚は準備しておこう

③ まとめ:海外でのカード決済はエラーもあるので、複数枚は準備しておこう

 

本記事では、「海外でクレジットカードが使えなかったのは、不正検知システムが理由」の件を紹介しました。

ポイントをまとめます。

 

【クレジットカードの不正検知システムとは】

・不正利用を防止するため、各カード会社は不正検知システムを導入している

・不正検知システムが発動すると、カード利用が制限される

・海外での高額な利用などは、不正検知システムが発動する事例になりやすい

 

【楽天カードの不正検知システムと、本人確認の方法】

❶ 不正検知システムが、発動する事例【海外も該当例あり】

❷ 不正検知システム発動後、本人確認する方法【e-NAVIで簡単】

❸ 本人確認を実施した後は、不正と判断された決済も可能【24時間以内】

 

クレジットカードの不正検知システムは、不正利用のリスクを考えれば、安心できる対策です。

でも、使いたいときにエラーで決済できなかったら、困ってしまいますよね。

 

特に海外旅行などでの利用は、不正検知システムが発動する事例になりやすいです。

こういった問題は、カードを複数枚は準備しておけば回避できます。

 

不正検知システムはカード会社によって違うので、同じ取引でも不正検知システムが発動せず、使えるカードもあります。

海外へ行くときは少なくとも3枚以上は持っておくと、トラブルにも対処できるので安心ですね。

 

【海外向けの、おすすめクレジットカード 3選(※年会費は永年無料)】

楽天カード : 楽天経済圏の活用で節約効果の大きい定番カード。国際ブランドが異なる2枚目のカードも作れて、ポイント特典がある

エポスカード : 年会費無料で海外旅行保険の「自動付帯」を備えた、数少ないカード

三井住友カード(ナンバーレス) : カード番号が券面になく、盗み見防止で悪用されない新しいタイプのカード

 

 

関連記事
【必須条件あり】海外移住前に作るおすすめクレジットカード3選
【必須条件あり】海外移住前に作るおすすめクレジットカード3選

  お悩み相談海外移住前にはどんなクレジットカードを準備しておけばいいかな? ポイントや注意点があれば知りたいな。   こんにちは、キベリンブログです。 海外移住するなら、便利なク ...

続きを見る

関連記事
【海外ATM】クレジットカードが飲み込まれた!対処法と予防策
【海外ATM】クレジットカードが飲み込まれた!対処法と予防策

  お悩み相談海外のATMを使ってクレカが出てこなくなったら、どうすればいいんだろう...?? もしものときのために、対処法が知りたいです。   こんにちは、キベリンブログです。 ...

続きを見る

関連記事
海外旅行で現金をお得に入手するには【両替方法とキャッシング】
海外旅行で現金をお得に入手するには【両替方法とキャッシング】

  お悩み相談海外でお得に両替するには、どこでするのがいいんだろう?   こんにちは、キベリンブログです。 旅行や移住で海外に行ったら、現地のお金が必要ですよね。 今回は、「海外で ...

続きを見る

 

-海外移住・手続き, 海外転職・移住
-

© 2020 Kiberin Blog