海外移住・手続き 海外転職・移住

【海外移住】無犯罪証明書とは?申請方法と必要なもの【日本と海外】

【海外移住】無犯罪証明書とは?申請方法と必要なもの【日本と海外】

 

お悩み相談
海外就職するのに「無犯罪証明書」が必要って言われたけど、どうやって取ればいいんだろう??

 

こんにちは、キベリンブログです。

海外移住には手続きが多いので、よく分からない書類もありますよね。

今回は、「無犯罪証明書(犯罪経歴証明書)の申請方法と必要なもの」について、紹介します。

 

【本記事の内容】

① 無犯罪証明書は、警察が発行する公的な書類【犯罪経歴証明書】

② 日本での無犯罪証明書の申請方法と必要なもの【受取まで1~2週間】

③ 海外での無犯罪証明書の申請方法と必要なもの【受取まで2~3か月】

④ まとめ:申請には時間が必要なので、余裕をもって申請しよう

 

ITエンジニアとして海外転職し、海外移住しました。

経験から、なじみにくい証明書を語っていきますね。

 

① 無犯罪証明書は、警察が発行する公文書【犯罪経歴証明書】

① 無犯罪証明書は、警察が発行する公文書【犯罪経歴証明書】

① 無犯罪証明書は、警察が発行する公文書【犯罪経歴証明書】

 

無犯罪証明書は、正式には「犯罪経歴証明書」といいます。

「無犯罪証明書」、「犯罪経歴証明書」、「渡航証明書」などと呼ばれるものは、すべて同一のものですね。

 

海外でのビザや永住権の申請で、無犯罪証明書を求められる場合がある

ビザや永住権などを申請するとき、国によって無犯罪証明書が必要になることがあります。

例えば、「ベトナムや中国での就職」「アメリカでの永住」などですね。

 

無犯罪証明書は、「発行の必要性が確認できる書類」がないと発行してもらえません。

なので「海外就職の内定前に準備しておく」とかはできないので、注意しておきましょう。

 

なお、すべての海外就職で必要となるわけではありません。

求められなければ、取得する必要はないですよ。

 

警察が「指紋」から犯罪経歴を調べて、証明書を発行する

無犯罪証明書は、警察が発行する公文書です。

詳しくは後のパートで説明しますが、申請時に「指紋」を取られるんですよね。

 

証明書は「5か国語(日本語、英語、フランス語、スペイン語、ドイツ語)」で書かれ、封緘をして交付されます。

「開けると無効になってしまう」ので、自分で内容を確認することはできません...。

 

どんな内容が記載されているのかは、「犯罪経歴証明書発給要綱」を見てみてくださいね。

 

② 日本での無犯罪証明書の申請方法と必要なもの【受取まで1~2週間】

② 日本での無犯罪証明書の申請方法と必要なもの【受取まで1~2週間】

② 日本での無犯罪証明書の申請方法と必要なもの【受取まで1~2週間】

 

無犯罪証明書は、日本でも海外でも取得できます。

海外在住でも、一時帰国して取得することも可能です。

 

まずは、「日本での申請方法」を説明していきますね。

 

【日本での無犯罪証明書の申請方法】

・申請場所

・申請に必要なもの

・受取までの日数

・申請と証明書の注意点

 

それぞれ見ていきましょう。

 

申請場所

・住民票のある都道府県の警察本部

(海外在住なら、海外転出の直前に住民登録していた都道府県)

 

各都道府県の「警察本部」で申請を受け付けています。

東京なら、「霞が関にある警視庁の本部庁舎」ですね。

 

近所の警察署とかでは申請できないので、注意してくださいね。

 

申請に必要なもの

・パスポート

・証明書発給の必要性が確認できる書類(雇用契約書やレターなど)

・犯罪経歴証明書発給申請書(申請時に記入)

・(※日本在住の場合)免許証 or 住民票 or マイナンバーカード

・(※海外在住の場合)住民票の除票 or 戸籍の附票

・(※海外在住の場合)海外の住所が確認できる書類(現地の免許証や郵便物など)

 

無犯罪証明書は、「外国の公的機関から要求された場合に発給するもの」とされています。

「必要性が確認できる書類」がないと発行されないので、雇用先などにレターがないかも確認しておきましょう。

 

・住民票の除票 : 海外転出の直前に住民登録していた役所で取得できる

・戸籍の附票 : 本籍地の役所で取得できる

 

受取までの日数

・申請から1~2週間(場所によって異なる)

 

早ければ1週間、通常で「2週間」という感じですね。

年末年始やGWはさらに時間が必要になることがあるので、余裕を持って申請しましょう。

 

申請と証明書の注意点

・手数料は「無料」

・申請時に本人の「指紋」を取られるので、郵送や代理人による申請は不可
 (受取は委任状などがあれば、代理人でも可能)

・証明書には「旅券番号(パスポートNo)」が書かれるので、パスポートの更新予定がある場合は要注意

・証明書を開封すると無効になってしまうので、開けないよう注意

・どんな内容が記載されるかは、「犯罪経歴証明書発給要綱」を参照

 

基本的に手数料はかかりません。

パスポートを更新する予定があるなら、更新してから無犯罪証明書の申請に行きましょう。

 

※パスポートの更新方法については、「【海外移住】パスポート更新いつする?申請と目安時期【ビザも影響】」で紹介しています。

関連記事
【海外移住】パスポート更新いつする?申請と目安時期【ビザも影響】
【海外移住】パスポート更新いつする?申請と目安時期【ビザも影響】

  お悩み相談パスポートの有効期限があと1年だ...! 更新って、いつすれば良いのかな??   こんにちは、キベリンブログです。 パスポートを更新する時期の目安って、いつが良いのか ...

続きを見る

③ 海外での無犯罪証明書の申請方法と必要なもの【受取まで2~3か月】

③ 海外での無犯罪証明書の申請方法と必要なもの【受取まで2~3か月】

③ 海外での無犯罪証明書の申請方法と必要なもの【受取まで2~3か月】

 

続いて、「海外での申請方法」を説明していきますね。

海外で申請すると「とにかく時間がかかる(2~3か月)」ので、そこは注意しておきましょう。

 

【海外での無犯罪証明書の申請方法】

・申請場所(海外)

・申請に必要なもの(海外)

・受取までの日数(海外)

・申請と証明書の注意点(海外)

 

申請場所(海外)

・在外公館(日本大使館や総領事館)

 

海外の各国にある日本大使館や総領事館ですね。

申請には予約が必要なことが多いので、事前に確認しておきましょう。

 

申請に必要なもの(海外)

・パスポート

・証明書発給の必要性が確認できる書類(雇用契約書やレターなど)

・申請書(申請時に記入)

 

申請書には「本籍」を番地まで記入するので、事前に調べておいてくださいね。

 

受取までの日数(海外)

・申請から2~3か月

 

日本で申請すると1~2週間で受け取れますが、海外での申請は「2~3か月」かかります。

どうしても急ぎで必要であれば、一時帰国して日本で申請した方がいいですね。

 

申請と証明書の注意点(海外)

・申請の前に予約が必要なところが多いので、事前に確認しておく

・手数料は「無料」

・申請時に本人の「指紋」を取られるので、郵送や代理人による申請は不可
 (受取は委任状などがあれば、代理人でも可能)

・証明書には「旅券番号(パスポートNo)」が書かれるので、パスポートの更新予定がある場合は要注意

・証明書を開封すると無効になってしまうので、開けないよう注意

・どんな内容が記載されるかは、「犯罪経歴証明書発給要綱」を参照

 

日本での申請と異なるのは、申請に「事前予約」が必要な場合が多いです。

申請する大使館や総領事館のHPをチェックして、確認しておきましょう。

 

④ まとめ:申請には時間が必要なので、余裕をもって申請しよう

④ まとめ:申請には時間が必要なので、余裕をもって申請しよう

④ まとめ:申請には時間が必要なので、余裕をもって申請しよう

 

本記事では、「無犯罪証明書(犯罪経歴証明書)の申請方法と必要なもの」について、紹介しました。

ポイントをまとめます。

 

【無犯罪証明書のポイントと申請時の注意点】

・正式には「犯罪経歴証明書」といい、警察が発行する公文書

・警察が指紋から犯罪経歴を調べて、証明書を発行する

・各都道府県の警察本部で申請(海外なら日本大使館や総領事館)

・日本で申請した場合は1~2週間で受け取れるが、海外だと2~3か月かかる

 

無犯罪証明書は、「必要性が確認できる書類」がないと発行してもらえません。

申請する前に、雇用先などにレターがないかも確認しておきましょう。

 

また、海外で申請する場合は、受け取りまで「2~3か月」かかります。

とにかく時間が必要になるので、その点は注意しておいてくださいね。

 

関連記事
【海外移住】パスポート更新いつする?申請と目安時期【ビザも影響】
【海外移住】パスポート更新いつする?申請と目安時期【ビザも影響】

  お悩み相談パスポートの有効期限があと1年だ...! 更新って、いつすれば良いのかな??   こんにちは、キベリンブログです。 パスポートを更新する時期の目安って、いつが良いのか ...

続きを見る

人気記事 【海外転職】海外移住前にやることをリストで解説【手続き編】

人気記事 海外移住するとクレジットカードは解約?取扱いを解説【海外転職】

-海外移住・手続き, 海外転職・移住
-,

© 2020 Kiberin Blog