※当サイトで紹介している商品・サービス等は、プロモーションが含まれる場合があります。

初期設定 ブログ運営

【初心者】ワードプレスブログでの最低限の5つのセキュリティ対策

【初心者】ワードプレスブログでの最低限の5つのセキュリティ対策

 

お悩み相談
ワードプレスのブログを開設したけど、セキュリティ対策って何をすればいいんだろう?
初心者がやるべきセキュリティ対策を知りたいな。

 

こんにちは、キベリンブログです。

ブログを始めたら、個人情報が漏れないか、自分のブログが乗っ取られたりしないか不安ですよね。

今回は、「ワードプレスブログでの最低限のセキュリティ対策 5選」を紹介します。

 

【本記事の内容】

① ワードプレスブログにセキュリティ対策が必要な理由

② 初心者がやっておきたい、ワードプレスブログの5つのセキュリティ対策【10分で完了】

③ まとめ:ワードプレスのセキュリティ対策は簡単にできるので、早めにやっておこう

 

本記事のセキュリティ対策は、ワードプレスブログを開設したら早めに行っておきたい内容です。

一生懸命に書いたブログが乗っ取られた...、なんてことにならないようにしましょう!

 

※【補足】これからブログを始めたいと考えている方は、「10分でできるワードプレスブログの始め方【クイックスタート】」で簡単に始められる方法を解説しています。

① ワードプレスブログにセキュリティ対策が必要な理由

① ワードプレスにセキュリティ対策が必要な理由_1

① ワードプレスにセキュリティ対策が必要な理由

 

なぜ WordPress にセキュリティ対策が必要なのでしょうか?

その理由は、以下のとおりです。

 

【ワードプレスブログにセキュリティ対策が必要な理由】

・世界中で最も利用されているツールなので、利用者が多く狙われやすい

・公開されている無料のツールのため、セキュリティの弱点が分かりやすい

・継続的にアップロードされているため、過去のバージョンの問題が判明している

 

サイト情報の改ざんや削除されたり、個人情報が漏れるなどの実害が発生しています。

被害に遭ってからでは、遅いです。

 

身を守るには、事前の対策は必須ですね。

 

※【補足】ブログを始めて少し経ってから「あなたのブログ名」で検索すると、偽サイトのようなものが見つかることがあります。

詳細は、「【CuteStat.comとは?】偽サイトの情報の削除と対策方法」をご覧ください。

対策記事
【CuteStat.comとは?】偽サイトの情報の削除と対策方法
【CuteStat.comとは?】偽サイトの情報の削除と対策方法

  お悩み相談自分のブログ名で検索したら、URLの末尾に「.cutestat.com」って付いた英語の偽サイトが出てきた...。 何やら個人情報っぽいのも掲載されているし、怖いし気持ち悪い。 ...

続きを見る

② 初心者がやっておきたい、ワードプレスブログの5つのセキュリティ対策【10分で完了】

② 初心者がやっておきたいWordPressブログの5つのセキュリティ対策【10分で完了】

② 初心者がやっておきたいWordPressブログの5つのセキュリティ対策【10分で完了】

 

では、初心者がやるべきワードプレスのセキュリティ対策を紹介していきます。

具体的なセキュリティ対策は、以下の5つです。

 

【ワードプレスブログのセキュリティ対策 5選】

対策1 : ニックネーム(ブログ上の表示名)とログインIDを異なるものにする

対策2 : パスワードを複雑(強力)にする

対策3 : ブログに「メタ情報」を表示しない

対策4 : ログイン画面のURLを変更する(プラグイン「SiteGuard WP Plugin」利用)

対策5 : ログイン時に画像認証を追加する(プラグイン「SiteGuard WP Plugin」利用)

 

それぞれ説明していきますね。

簡単な方法なので、「10分ほど」で完了できますよ。

 

対策1 : ニックネーム(ブログ上の表示名)とログインIDを異なるものにする

WordPressインストール直後の初期設定だと、「ニックネーム(ブログ上の表示)」「ログインID」が同じものになっている場合があります。

このままだと、ブログ上に自分のログインIDが公開され、他の人にも知られてしまいます。

 

ログインIDを知られると、不正アクセスを受ける可能性が高くなります。

なので、ログインIDと違うニックネーム(ブログ上の表示)に変更しておきましょう。

 

【ニックネーム(ブログ上の表示名)の設定方法】

ワードプレスの管理画面から、「ユーザー」→「あなたのプロフィール」をクリックします。

 

プロフィール設定画面

プロフィール設定画面(ニックネームとブログ上の表示名)

 

画面の中ほどに「ニックネーム(必須)」「ブログ上の表示名」の項目があります。

ここで、「ログインID(ユーザー名)」とは異なるものに変更しましょう。

 

「ブログ上の表示名」は「ニックネーム(必須)」を入力すると選択肢に追加され、選択できるようになります。

設定を変更したら、画面の下にある「プロフィールを更新」をクリックしましょう。

 

設定の変更が保存され、完了です。

 

対策2 : パスワードを複雑(強力)にする

基本的な対策ですが、設定の方法を説明しておきますね。

ワードプレスの管理画面から、「ユーザー」→「あなたのプロフィール」をクリックします。

 

プロフィール設定画面(新しいパスワード)

プロフィール設定画面(新しいパスワード)

 

画面の下の方に「新しいパスワード」という項目に「パスワードを生成する」というボタンがあるので、クリックします。

すると、自動で強力なパスワードを生成してくれ、このまま使用することができます。

 

しかし、ランダムな文字列になるので、とても覚えにくいです。

覚えられるものにしたいなら、自分で入力して変更することも可能です。

 

※ここで決めたパスワードは、忘れないようにしてくださいね!

 

パスワードが決まったら、画面の下にある「プロフィールを更新」をクリックしましょう。

パスワード変更が保存され、完了です。

 

対策3 : ブログに「メタ情報」を表示しない

WordPressインストール後の初期設定だと、ブログのウィジェットに「メタ情報」が表示されている場合があります。

(ただし、使用しているテーマや、ワードプレスのバージョンで異なります)

 

「メタ情報」には、ログイン画面のURLが含まれています。

ログイン画面のURLが公開されていると、不正アクセスの可能性が高くなってしまうんですよね。

 

なので、メタ情報を表示しない設定を確認しておきましょう。

 

ワードプレスの管理画面から、「外観」→「ウィジェット」をクリックします。

ウィジェット設定画面でサイドバーの項目をクリックし、以下の「メタ情報」の項目があるかを確認します。

 

メタ情報

メタ情報

 

・「メタ情報」がない場合 : ブログ上に表示されていませんので、このままでOKです。

・「メタ情報」がある場合 : メタ情報をクリック後、左下にある「削除」をクリックします。

 

メタ情報が表示されない設定になっているか、確認しておきましょう。

 

対策4 : ログイン画面のURLを変更する(プラグイン「SiteGuard WP Plugin」利用)

ワードプレスのログイン画面のURLは、初期設定だと「https:// サイトURL /wp-login.php」に設定されています。

このままだと、簡単に推測できてしまうんですよね。

 

不正アクセスされる可能性が高いので、ログイン画面のURLを変更しておきましょう。

 

ログイン画面のURLの変更は、プラグイン「SiteGuard WP Plugin」を利用すると、簡単に行えます。

なので、プラグインを利用する方法で説明していきますね。

 

ワードプレスの管理画面から「プラグイン」→「新規追加」をクリックします。

 

プラグイン追加画面

プラグイン追加画面

 

キーワードに「SiteGuard WP Plugin」と入力し、「今すぐインストール」→「有効化」を実行します。

有効化したら、ワードプレスの管理画面(サイドバー)から「SiteGuard」→「ダッシュボード」をクリックします。

 

ダッシュボード画面(ログインページ変更)

ダッシュボード画面(ログインページ変更)

 

上から2つ目の「ログインページ変更」をクリックします。

 

ログインページ変更画面

ログインページ変更画面

 

「ON」をクリック後、「変更後のログインページ名」の項目に、サイトURL以降のページのURLを変更します。

初期値で入っている値でもOKですが、自分で変更することもできます。

 

※変更したログインページのURLは、忘れないようにメモしておいてくださいね!

 

入力したら、「変更を保存」をクリックしましょう。

これで、変更したURLが保存されます。

 

今後は、変更したログイン画面のURLにアクセスしてログインしましょう。

 

対策5 : ログイン時に画像認証を追加する(プラグイン「SiteGuard WP Plugin」利用)

画像認証とは、画面に表示された文字列を入力させることで認証する、セキュリティ対策のひとつです。

以下の画面のように、ログイン時にログインIDとパスワードに加えて、「画像認証の条件」を追加します。

画像認証のログイン画面

画像認証のログイン画面

 

ワードプレスが不正ログインされる手段として、ログインIDとパスワードを自動プログラムで攻撃する手段があります。

こんな攻撃に対しては、画像認証はかなり有効な対策なんです!

 

画像認証は「対策4」でも使ったプラグイン「SiteGuard WP Plugin」を利用すると、簡単に設定できますよ。

(プラグインを有効化する手順は、上記の対策4をご覧ください)

 

ワードプレスの管理画面から、「SiteGuard」→「ダッシュボード」をクリックします。

 

ダッシュボード画面(画像認証)

ダッシュボード画面(画像認証)

 

上から3つ目の「画像認証」をクリックします。

 

画像認証設定画面

画像認証 設定画面

 

「ON」をクリック後、「ログインページ」などの4項目に「ひらがな」が設定されている状態にします。

「ひらがな」は解析が難しいので、「英数字」よりもおすすめです。

 

設定したら、「変更を保存」をクリックしましょう。

これで、変更が保存されます。

 

③ まとめ:ワードプレスのセキュリティ対策は簡単にできるので、早めにやっておこう

③ まとめ:ワードプレスのセキュリティ対策は簡単にできるので、早めにやっておこう

③ まとめ:ワードプレスのセキュリティ対策は簡単にできるので、早めにやっておこう

 

本記事では、「ワードプレスブログでの最低限のセキュリティ対策 5選」を紹介しました。

ポイントをまとめます。

 

【ワードプレスブログのセキュリティ対策 5選】

対策1 : ニックネーム(ブログ上の表示名)とログインIDを異なるものにする

対策2 : パスワードを複雑(強力)にする

対策3 : ブログに「メタ情報」を表示しない

対策4 : ログイン画面のURLを変更する(プラグイン「SiteGuard WP Plugin」利用)

対策5 : ログイン時に画像認証を追加する(プラグイン「SiteGuard WP Plugin」利用)

 

紹介したセキュリティ対策は、初心者でも簡単ですぐに導入できる方法です。

繰り返しですが、被害に遭ってからでは遅いです。

 

ワードプレスブログを始めたら、できるだけ早めに対策しておきましょう!

 

対策記事
【CuteStat.comとは?】偽サイトの情報の削除と対策方法
【CuteStat.comとは?】偽サイトの情報の削除と対策方法

  お悩み相談自分のブログ名で検索したら、URLの末尾に「.cutestat.com」って付いた英語の偽サイトが出てきた...。 何やら個人情報っぽいのも掲載されているし、怖いし気持ち悪い。 ...

続きを見る

人気記事 有料テーマ「アフィンガー5」の購入方法を画像付きで解説!

人気記事 エンジニアが語るIT系おすすめ派遣会社・サイト3選【未経験可】

-初期設定, ブログ運営
-

© 2020 Kiberin Blog