節約術 生活ハック

【固定費節約】楽天モバイルで支出が減る3つの理由【年4万以上】

2021/02/18

【固定費節約】楽天モバイルで支出が減る3つの理由【年4万以上】

 

お悩み相談
携帯料金って必要だから仕方なく高い料金を払っていたけど、最近は安いプランが発表されてきたね。
どこが良いのかな??

 

こんにちは、キベリンブログです。

通信費など毎月かかる固定費は、できるだけ節約したいですよね。

今回は、楽天モバイルが支出を大きく減らせる理由」について、紹介します。

 

【本記事の内容】

① 楽天モバイルが支出を大きく減らせる3つの理由【他社比較・3ヶ月無料・ポイント還元】

② 実際に楽天モバイルを使って感じたメリット

③ 実際に楽天モバイルを使って感じたデメリット

④ まとめ:他社と比べて楽天モバイルのコスパは圧倒的【無料なので、使ってみて決められる】

 

毎月の通信費が高かったことは、大きな悩みでした。

楽天モバイルを実際に使った感想も、経験から語っていきますね。

 

【楽天モバイルが iPhone の取り扱いを開始】

2021年4月23日より、楽天モバイル が iPhone の取扱いを開始しています。

iPhoneを待っていたユーザーにとって、取扱いが始まるのはうれしいですね。

加えて「20,000円分」のポイント還元もあるので、かなり大きなメリットになります。

【取扱機種】iPhone12 Pro Max、iPhone12 Pro、iPhone12、iPhone12 mini、iPhone SE(第2世代)

 

① 楽天モバイルが支出を大きく減らせる3つの理由【他社比較・3ヶ月無料・ポイント還元】

① 楽天モバイルが支出を大きく減らせる3つの理由【他社比較・3ヶ月無料・ポイント還元】

① 楽天モバイルが支出を大きく減らせる3つの理由【他社比較・3ヶ月無料・ポイント還元】

 

「なぜ楽天モバイルだと支出を大きく減らせるのか?」

それには、3つの理由があります。

 

楽天モバイルが支出を大きく減らせる3つの理由】

理由1:4大キャリアの料金プラン比較で最安【年間 9,504円の差(20GBプラン)】

理由2:月額料金が3ヶ月無料【合計 9,834円(税込) がタダ】

理由3:キャンペーンや特典でポイント還元額が大きい【最大 25,000円分】

 

理由1:4大キャリアの料金プラン比較で最安【年間 9,504円の差(20GBプラン)】

4大キャリアの新料金プラン比較

4大キャリアの新料金プラン比較

 

4大キャリア(楽天・docomo・au・SoftBank)は、新料金プランを発表しました。(画像は楽天モバイルから引用)

「20GBプラン + 通話5分かけ放題」の条件で抜き出して比較すると、以下のとおりです。

 

【「20GBプラン + 通話5分かけ放題」での4大キャリアの料金プラン比較】

楽天 : 2,178円 [※税込] (3GB~20GB + 無制限かけ放題)

docomo : 2,970円 [※税込] (20GBまで + 5分かけ放題)

au : 3,278円 [※税込] (20GBまで + 5分かけ放題)

SoftBank : 3,278円 [※税込] (20GBまで + 5分かけ放題)

 

上記のとおり、楽天モバイルは他社で最安の docomo と比較しても、「792円」安いです。

しかも無料通話の時間は5分という制限もなく、「無制限でかけ放題」です。

 

年間で「9,504円」もの差になるのは、かなり大きいですよね。

 

理由2:月額料金が3ヶ月無料【合計 9,834円(税込) がタダ】

3ヶ月無料キャンペーン

3ヶ月無料キャンペーン

 

楽天モバイルでは、新規申し込みで「3カ月無料」の特典があります。(画像は楽天モバイルから引用)

3か月の月額料金(データ利用料は無制限)を合計すると、「9,834円(税込金額)」にもなるんですよね。

 

1万円ほどの支出が浮くのは、助かりますね。

 

理由3:キャンペーンや特典でポイント還元額が大きい【最大 25,000円分】

楽天モバイルに申し込むと、ポイント還元を受けられる特典がたくさんあります。

そのうち、大きな特典としては以下の特典があります。

 

【特典1:他社から乗り換えで「20,000円」 + 対象のAndroidとセットで「最大 25,000円」ポイント還元】

乗り換えキャンペーン

乗り換えキャンペーン

 

【特典2:iPhone乗り換えキャンペーン】

iPhone乗り換えキャンペーン

iPhone乗り換えキャンペーン

 

他社からの乗り換えで、誰でも「20,000円分」のポイント還元があります。(画像は楽天モバイルから引用)

申し込みと同時に対象のAndroidもセットにすると、さらに「最大 25,000円分」のポイント還元のチャンスがあります。

 

2021年4月23日から楽天モバイルでの「iPhone」の発売がスタートしましたが、iPhoneでも「20,000円分」のポイント還元があります。

iPhoneを使える上にポイント還元を受けられるのは、大きなメリットですね。

 

スマホ同時購入でのポイント還元額は、機種によって変わってきます。

機種ごとのポイント還元額は、ポイント還元対象製品をご覧ください。

 

楽天モバイルを使うと、1年で最大「44,338円」節約できる

以上の3つの理由から、楽天モバイルを使うと支出を大きく減らせます。

合計すると、1年で最大「44,338円」もの節約になります。

 

これほどの金額になるなら、節約の効果は大きいですよね。

3か月の無料の間で試しに使ってみるだけでも、価値はあります。

 

>> 楽天モバイルの申し込みはこちら

 

※【補足】私の生活費の実績については、「【月5万】2021年8月の生活費の実績【サイドFIRE生活】」をご覧ください。

関連記事
【月5万】2021年8月の生活費の実績【サイドFIRE生活】
【月5万】2021年8月の生活費の実績【サイドFIRE生活】

  お悩み相談どういうわけか、貯金が増えないな...。 何に使ったっけ??   こんにちは、キベリンブログです。 支出の中身がわからないと、どう改善すればいいかも難しいですよね。 ...

続きを見る

② 実際に楽天モバイルを使って感じたメリット

② 実際に楽天モバイルを使って感じたメリット

② 実際に楽天モバイルを使って感じたメリット

 

ここで、楽天モバイルを実際に使ってみて感じたメリットを紹介しておきますね。

 

【実際に楽天モバイルを使って感じたメリット】

・無料期間があるので、データ利用料を気にせず無制限に使える

・通話料を気にせず、無制限に電話できる

・思っていたよりも通信は安定していて、速度も申し分なく使える

 

無料期間があるので、データ利用量を気にせず無制限に使える

楽天モバイルには他社にはない、無料期間の特典があります。

高速通信が無制限で使い放題なので、容量を気にするストレスはゼロになります。

 

3か月間は無料なので、「今使っているキャリアの契約を残したまま、試しに使ってみる」こともできます。

使い勝手が良いか悪いか判断してから乗り換えれば、損しないし確実ですよね。

 

通話料を気にせず、無制限に電話できる

他社の場合、無料通話は「5分まで」という制限があります。

5分だとすぐに経過してしまうので、気になりますよね。

 

楽天モバイルなら、専用アプリ「Rakuten Link」を使えば無制限でかけ放題です。

ちょっとした電話でも料金を気にせず使えるのは、メリットですね。

 

思っていたよりも通信は安定していて、速度も申し分なく使える

「楽天回線は不安定」という情報はよく見ていたので、使う前はちょっと不安でした。

ですが、私の環境では特に問題なく、不安定になることもありません。

 

高速データ通信も安定しているし、通話の音質も悪いということは感じませんでしたね。

楽天回線エリアも拡大途上ですし、さらなる向上も期待できます。

 

③ 実際に楽天モバイルを使って感じたデメリット

③ 実際に楽天モバイルを使って感じたデメリット

③ 実際に楽天モバイルを使って感じたデメリット

 

次は、楽天モバイルを実際に使ってみて感じたデメリットです。

 

【実際に楽天モバイルを使って感じたデメリット】

・楽天回線エリアは拡大途上で、今のところ全国的に網羅できていない

・ネットワーク回線の選択が自動設定だと、楽天回線エリアでもパートナー回線を使うことがある

古い iPhone の機種(iPhoneX 以前)には対応していない

 → iOS 14.4 以降で、古い iPhone の機種でも楽天回線に対応【2021年4月27日 更新】

 

楽天回線エリアは拡大途上で、今のところ全国的に網羅できていない

楽天モバイルは、「楽天回線エリア」「パートナー回線エリア(au)」を使っています。

エリア別でのデータ通信の動作は、以下のようになります。

 

【回線エリア別でのデータ通信の動作】

・楽天回線エリア : 無制限で高速データ通信可

・パートナー回線エリア : 月5GBまで高速データ通信可(超過後は最大 1Mbps で使い放題)

 

「できるだけ楽天回線を使いたい」と思いますよね。

楽天回線エリアは急速に拡大していて、使えるエリアはどんどん増えています。

 

2021年9月1日の更新情報で東名阪エリアを見てみると、以下のとおりです。

(エリア画像は楽天モバイルから引用)

 

楽天回線エリア

楽天回線エリア

 

都市圏はカバーできており、郊外も以前と比べて広がってきました。

パートナー回線エリアでも5GBまでは高速通信できるし、5GBを超えても「1Mbps で使い放題」です。

 

1Mbps では、動画を見るなら画質「240p」ほどならOKですが、それを超える画質になると厳しいですね。

普通にネットを見るくらいなら、特に問題なく見れます。

 

ネットワーク回線の選択が自動設定だと、楽天回線エリアでもパートナーエリア回線を使うことがある

楽天回線エリアでも、パートナーエリア回線を使ってしまうことがあります。

スマホのネットワーク回線の設定が「自動(オート)」になっていると、安定している回線を選ぶ傾向があるからですね。

 

家にいるときは、手動で設定しておけば特に問題はありません。

ですが、外出して移動しているときも「楽天回線を使いたい!」と考えると、設定が面倒かもしれません。

 

移動しながらあまり動画を見たりしないなら、気にする必要はありません。

 

古い iPhone の機種(iPhoneX 以前)には対応していない
iOS 14.4 以降で、古い iPhone の機種でも楽天回線に対応【2021年4月27日 更新】

【楽天モバイルが iPhone の取り扱いを開始】

2021年4月23日より、楽天モバイルが iPhone の取扱いを開始しました。

iPhoneを待っていたユーザーにとって、うれしいですね。

加えて「20,000円分」のポイント還元もあるので、かなり大きなメリットになります。

【取扱機種】iPhone12 Pro Max、iPhone12 Pro、iPhone12、iPhone12 mini、iPhone SE(第2世代)

 

楽天モバイルでは、各製品の対応状況確認を公開しています。

「iOS 14.4 以降」より、対応していなかった古い iPhone の機種でも、楽天回線の対応が可能になりました。

 

iPhone ユーザーなら買い替える必要がなくなったので、デメリットでは無くなりましたね。

iOS14.4以降を搭載するiPhoneの楽天回線対応について

 

これから iPhone を使ってみたいと考えている人は、「iPhone SE (第2世代)」がおすすめですね。

価格は iPhone の中で「最安」ですし、「eSIM」に対応しているので、楽天モバイルにWebから申し込んでも1日で開通できます。

 

申し込み時に「eSIM」か「SIMカード」を選べますが、eSIM には以下のメリットがあります。

【eSIM のメリット】

・とにかく開通の設定が簡単

・SIMカードの郵送を待たなくていいので、申し込みから開通まで早い

・SIMカードを差し替える必要がないので、紛失のリスクがない

 

今後は 物理的なSIMカードよりも、eSIM が主流になっていきますね。

iPhone SE の詳細は、apple のホームページを確認してみてください。

 

④ まとめ:他社比較しても、楽天モバイルのコスパは圧倒的【無料なので、使ってみて決められる】

④ まとめ:他社比較しても、楽天モバイルのコスパは圧倒的【無料なので、使ってみて決められる】

④ まとめ:他社比較しても、楽天モバイルのコスパは圧倒的【無料なので、使ってみて決められる】

 

本記事では、「楽天モバイルが支出を大きく減らせる理由」を紹介しました。

ポイントをまとめます。

 

楽天モバイルが支出を大きく減らせる3つの理由】

理由1:4大キャリアの料金プラン比較で最安【年間 9,504円の差(20GBプラン)】

理由2:月額料金が3ヶ月無料【合計 9,834円(税込) がタダ】

理由3:キャンペーンや特典でポイント還元額が大きい【最大 25,000円分】

 

【実際に楽天モバイルを使って感じたメリット】

・無料期間があるので、データ利用料を気にせず無制限に使える

・通話料を気にせず、無制限に電話できる

・思っていたよりも通信は安定していて、速度も申し分なく使える

 

【実際に楽天モバイルを使って感じたデメリット】

・楽天回線エリアは拡大途上で、今のところ全国的に網羅できていない

・ネットワーク回線の選択が自動設定だと、楽天回線エリアでもパートナー回線を使うことがある

古い iPhone の機種(iPhoneX 以前)には対応していない

 → iOS 14.4 以降で、古い iPhone の機種でも楽天回線に対応【2021年4月27日 更新】

 

繰り返しですが、楽天モバイルの通信費は、他社と比較すると圧倒的に安いです。

ポイント還元の特典も含めて、1年で最大「44,338円」も減らせます。

 

「3ヶ月無料」の特典だけでも、「9,834円(税込)」ものお金が節約できます。

でも、「楽天モバイルは電波の安定性がわからないから不安...。」と思う人も多いですよね。

 

そういった場合は、「試しに楽天モバイルを3か月間無料で使ってみて、問題なければ今使っているキャリアから乗り換える」という判断ができます。

電話番号も変えずに使えるし、これなら安心して変えられますよね。

 

楽天モバイルで固定費を節約して、支出をうまくコントロールしましょう!

>> 楽天モバイルの申し込みはこちら

 

関連記事
電気代を安くする、電力会社の比較と選び方【年12,000円節約】
電気代を安くする、電力会社の比較と選び方【年12,000円節約】

  お悩み相談電力会社は特に変えてないけど、金額はどれくらい安くなるのかな??   こんにちは、キベリンブログです。 同じ電気を使うなら、安くなるのに越したことはないですよね。 今 ...

続きを見る

人気記事 転職エージェントの利用の流れとリスク回避方法を解説【実体験】

人気記事 エンジニアが語るIT系おすすめ派遣会社・サイト4選【未経験可】

-節約術, 生活ハック

© 2020 Kiberin Blog