生活ハック 生活費の実績

【月5万】2021年11月の生活費の実績【サイドFIRE生活】

2021/11/30

【月5万】2021年11月の生活費の実績【サイドFIRE生活】

 

お悩み相談
ムダな出費を減らしたいけど、なかなか減らない...。
何に使ってるんだろう??

 

こんにちは、キベリンブログです。

支出のコントロールは、経済的自由に向けての第一歩ですよね。

今回は、「サイドFIRE(セミリタイア)生活費の実績【2021年11月】」について、紹介します。

 

【本記事の内容】

① サイドFIRE(セミリタイア)生活費の実績【2021年11月】

② 毎月の生活費の推移【2021年11月】

③ まとめ:支出から最低でもいくら必要かを知ると、行動できるようになる

 

会社員のITエンジニアとして海外転職を経て、フリーランスでサイドFIRE生活を送っています。

毎月まとめている生活費の実績を、節約ポイントも含めて紹介していきます。

 

※先月(2021年10月)の実績は、「2021年10月の生活費の実績【サイドFIRE生活】」をご覧ください。

関連記事
【月5万】2021年10月の生活費の実績【サイドFIRE生活】
【月5万】2021年10月の生活費の実績【サイドFIRE生活】

  お悩み相談生活防衛資金を知るには、支出の把握からだね。 …あれ、今月いくら使ったっけ!?   こんにちは、キベリンブログです。 生活費を把握しないと、生活防衛資金もいくら必要な ...

続きを見る

 

① サイドFIRE(セミリタイア)生活費の実績【2021年11月】

① サイドFIRE(セミリタイア)生活費の実績【2021年11月】

① サイドFIRE(セミリタイア)生活費の実績【2021年11月】

 

2021年11月の生活費の実績は、「5.3万円」でした。

毎月の支出は、「5~6万円」が目安になっています。

 

月5万円台でも不満はなく、快適な生活を送れています。

支出の内訳を7項目に分けて、節約のコツも紹介していきますね。

 

【2021年11月の生活費(支出)の内訳】

❶ 家賃 : 29,000円

❷ 水道・光熱 : 1,903円

❸ 通信費 : 1,100円

❹ 食費 : 11,845円

❺ 日用品 : 375円

❻ 趣味・娯楽 : 9,180円

❼ その他 : 0円

(合計 : 53,403円)

「税金・社会保険料」は収入により変わるため、生活費の推移が比較できなくなってしまうので除いています。

 

❶ 家賃 : 29,000円

支出の割合が最も大きいのが、家賃ですよね。

賃貸で「1Kのマンション(築30年・鉄筋コンクリート造)」に住んでいます。

 

築30年ですが、設備に不便さなどを感じたことはありません。

都内でも2万円台で暮らしやすい部屋は見つかります。

 

節約で結果を出すなら、最も支出の大きい「家賃を下げること」が第一です。

家賃が2万円台なら「月5万生活」も可能なので、まずは家賃を見直すのがポイントですね。

 

※家賃が安い部屋の探し方は、「【2万円台】家賃が安くても、住み心地のいい部屋の探し方【経験談】」をご覧ください。

関連記事
【2万円台】家賃が安くても、住み心地のいい部屋の探し方【経験談】
【2万円台】家賃が安くても、住み心地のいい部屋の探し方【経験談】

  お悩み相談家賃が安くて居心地よさそうな部屋は、なかなか見つからないなぁ...。 何かいい探し方ってないのかな??   こんにちは、キベリンブログです。 家賃は支出が大きいので、 ...

続きを見る

 

❷ 水道・光熱 : 1,903円

「水道・電気・ガス」の項目です。

水道・光熱費は、今月も変動はないですね。

 

水道代は2か月ごとに払っているので、1か月分は半額にして計上しています。

電気代は「楽天でんき」でポイント払いだけで済んでいて "0円" です。

 

ガスは「給湯のみ」なのですが、寒くなったら契約しようと思っていました。

でも「別になくても困らないな」と感じているので、契約せずにいこうと思います。

 

シャワーやお風呂はスポーツジムを利用していて、水道・光熱費の節約にもなっています。

詳しくは「【節約+掃除+健康】スポーツジムの5つのメリットとは【風呂不要】」をご覧ください。

 

※電気代の節約方法は、「電気代を安くする、電力会社の比較と選び方【年12,000円節約】」で紹介しています。

関連記事
電気代を安くする、電力会社の比較と選び方【年12,000円節約】
電気代を安くする、電力会社の比較と選び方【年12,000円節約】

  お悩み相談電力会社は特に変えてないけど、金額はどれくらい安くなるのかな??   こんにちは、キベリンブログです。 同じ電気を使うなら、安くなるのに越したことはないですよね。 今 ...

続きを見る

 

❸ 通信費 : 1,100円

「携帯・インターネット・ブログサーバー代」の項目ですね。

通信費も、しばらく変動はありません。

 

携帯は「楽天モバイル」で、「1年無料」の特典中なので "0円" です。

楽天モバイルでは現在、新規申し込みで「3か月無料」の特典に変わっています。

 

ネット代はテザリングで繋いでおり、楽天モバイル で "0円" ですね。

ブログのサーバーは「エックスサーバー」を使っていて、通信費はこのサーバー代のみです。

 

※楽天モバイルで節約できる理由は、「【固定費節約】楽天モバイルで支出が減る3つの理由【年4万以上】」をご覧ください。

関連記事
【固定費節約】楽天モバイルで支出が減る3つの理由【年4万以上】
【固定費節約】楽天モバイルで支出が減る3つの理由【年4万以上】

  お悩み相談携帯料金って必要だから仕方なく高い料金を払っていたけど、最近は安いプランが発表されてきたね。 どこが良いのかな??   こんにちは、キベリンブログです。 通信費など毎 ...

続きを見る

 

❹ 食費 : 11,845円

「飲食に関する費用(自炊・外食・飲料など)」の項目です。

自炊中心の生活なので、食費はそれほどかからないですね。

 

先月に続き11月も食材を多めに買ったのですが、思ったよりも安く済みました。

節約と時短を兼ねて、冷凍庫をフル活用しています。

 

 

❺ 日用品 : 375円

「日常生活で使う消耗品(ティッシュや洗剤など)」の項目ですね。

日用品はそれほど必要ないので、出費も少なめです。

 

「ふるさと納税」の返礼品に日用品を選ぶと、うまく節約できます。

もしふるさと納税をまだやっていないなら、2021年中にやってくださいね。

 

なぜなら、ふるさと納税の寄付金控除は「1月から12月」の年単位だからです。

返礼品も限られてくるので、早めに始めておくと安心ですよ。

 

※ふるさと納税のやり方は、「ふるさと納税が絶大な節約方法である3つの理由【お得なやり方あり】」をどうぞ。

関連記事
ふるさと納税でお得に節約できる3つの理由【やり方あり】
ふるさと納税が絶大な節約方法である3つの理由【お得なやり方あり】

  お悩み相談ふるさと納税はお得って聞くけど、なんか面倒でわかりにくいんだよね...。   こんにちは、キベリンブログです。 ふるさと納税の利用者は400万人を超えましたが、わかり ...

続きを見る

 

❻ 趣味・娯楽 : 9,180円

「遊びに出かける費用や、スポーツジム、本など教養の費用」の項目です。

11月は天気が良い日も多く、わりと出かけたりしていました。

 

特に登山はあまりお金もかからず、のんびりと紅葉も楽しめましたね。

冬は空気も澄んで山からの眺めは素晴らしいので、引き続き出かけようと思います。

 

❼ その他 : 0円

「上記6項目に当てはまらない費用」の項目ですね。

11月も、特別な出費はありませんでした。

 

以上7項目の合計で、2021年11月の生活費は「5.3万円」でした。

先月10月までの4か月間は「4万円台」だったのですが、11月は5万円台になりましたね。

 

それでも十分に安めの水準なので、いい結果が出ています。

引き続き無理なく、データを取りつつ節約を楽しんでいこうと思います。

 

※支出をラクに管理するなら、カード払いなどでキャッシュレス決済がおすすめです。

キャッシュレス生活のメリットは、「キャッシュレス生活にすべきか?6つのメリットとは【個人と社会】」をご覧ください。

関連記事
キャッシュレス生活にすべきか?6つのメリットとは【個人と社会】
キャッシュレス生活にすべきか?6つのメリットとは【個人と社会】

  お悩み相談何となくカードって怖いから、支払いは現金を使ってます。 でも、カード払いのメリットって何だろう?   こんにちは、キベリンブログです。 政府もキャッシュレスを推進して ...

続きを見る

 

② 毎月の生活費の推移【2021年11月】

② 毎月の生活費の推移【2021年11月】

② 毎月の生活費の推移【2021年11月】

 

2021年4月から、毎月の生活費の実績をブログにまとめています。

8か月が経過して、わりと変動も見えてきました。

 

目安は「月5~6万円」ですが、その範囲の生活で特に問題はありません。

余裕もあるし、このペースで続けていこうと思っています。

 

ベーシックインカム「7万円」で、生活できますか?

最近は日本でも、「ベーシックインカム(国民全員に一定額を定期的に支給する社会保障制度)」が取り上げられることが増えていますよね。

金額の案として「毎月7万円」が浮上しています。

 

「たった7万円では、暮らしていけない」といった声も聞きます。

でも、実際にやってみて感じましたが、「月5万円でも生活は可能」です。

 

家族4人なら「28万円」になるので、それなりに大きな収入ですよね。

それにベーシックインカムの収入だけでなく、労働収入を得ることもできます。

 

「最低いくらあれば生活できるか?」を知っておくと、生きやすくなる

サイドFIREできた要素のひとつに、「生活費を下げても、満足度は低下しなかった」ということがあります。

もちろん仙人みたいな生活でもないし、無理な倹約とも感じていません。

 

「月に数万円ほど稼げば、生活できること」が明確になったんですよね。

それなら嫌な仕事をしなくてもいいし、自分に合うスタイルでやりたい仕事を選べます。

 

「最低限のお金は、いくらあれば生きられるのか?」を経験した上で知ってからは、ずっと生きやすくなりました。

最も貴重な「時間」を自由に使えるのも、大きなメリットになっています。

 

③ まとめ:支出から最低でもいくら必要かを知ると、行動できるようになる

③ まとめ:支出から最低でもいくら必要かを知ると、行動できるようになる

③ まとめ:支出から最低でもいくら必要かを知ると、行動できるようになる

 

本記事では、「サイドFIRE(セミリタイア)生活費の実績【2021年11月】」を紹介しました。

ポイントをまとめます。

 

【2021年11月の生活費(支出)の内訳】

❶ 家賃 : 29,000円

❷ 水道・光熱 : 1,903円

❸ 通信費 : 1,100円

❹ 食費 : 11,845円

❺ 日用品 : 375円

❻ 趣味・娯楽 : 9,180円

❼ その他 : 0円

(合計 : 53,403円)

 

生活費の実績をブログにまとめてから、8か月が経過しました。

季節的には秋のデータが取れたので、次は冬に入りますね。

 

毎月の繰り返しですが、経済的な自由は「収入」「支出」「資産の運用利回り」で決まります。

3つの中で「支出」は、いつからでも手をつけることが可能です。

 

支出の中身がわかると「最低限の生活には、いくら必要なのか?」が見えてきます。

例えば「月5万でも生きられる」とわかると、いろんなことに行動しやすくなるんですよね。

 

生活費を下げると、仕事選びの幅も広がります。

いくらあれば生活できるのか、体験した上で確認してみてください。

 

 

関連記事
【働き方シフト】電車通勤を消した4つの方法【時間+ストレス軽減】
【働き方シフト】電車通勤を消した4つの方法【時間+ストレス軽減】

  お悩み相談朝の満員電車のせいで、会社に着くだけでヘトヘト...。 仕事よりも通勤の方が大変だよ。。   こんにちは、キベリンブログです。 日本の通勤事情は本当に苦しくて、大きな ...

続きを見る

関連記事
サイドFIREに踏み出せた理由【セミリタイア生活】
サイドFIREに踏み出せた理由【セミリタイア生活】

  お悩み相談FIRE とかセミリタイアっていうワードはよく聞くけど、やっぱり難しいよね..。 どうしたらできるんだろう??   こんにちは、キベリンブログです。 最近では「FIR ...

続きを見る

関連記事
未経験で副業を始めるプログラミングスクール・コース3選【4週間】
未経験で副業を始めるプログラミングスクール・コース3選【4週間】

  お悩み相談副業するためにプログラミングを学びたいな。 未経験者向けにはどんなコースがあるんだろう?   こんにちは、キベリンブログです。 プログラミングスクールはコースもたくさ ...

続きを見る

 

-生活ハック, 生活費の実績

© 2020 Kiberin Blog